4Dミートとは?危険性や不使用ドッグフードの見分け方

sponsored link

4Dミートとは?その正体

4dミート

ペットフードにとって重要な意味を持つ4Dミートという言葉をご存知でしょうか?

愛犬の健やかな健康を保つためには、ドッグフードに含まれる4Dミートについて知っておくことが大切になるため、ここでは4Dミートについて詳しく解説します。

「4Dミート」とは、ペットフードに含まれる肉副産物のことを示す俗語で、4Dとは、4つのDを頭文字に、「DEAD(屠札以外で死んだ動物の肉)」「DISEASED(病気の動物の肉)」「DYNING(死にかけの動物の肉)」「DISABLED(障害がある動物の肉)」という意味を表す言葉になります。

これらは、人間が食べられるものとして食肉加工されたものではなく、本来捨てるべき箇所の肉や、死んだ肉や病気の肉であることを示します。

ペットフードには、人間の食品には含まれないこれらの4Dミートが含まれていることがあるため、4Dミートを避けたい人は注意してフードを選ぶ必要があります。

4Dミートの製造・加工方法はレンダリング

4Dミートは、食肉加工の過程で出た肉副産物(屠肉・内臓・脳・血液・脂肪・骨などの非可食部分)が「レンダリング」という加工業者に回され、再加工されたものです。

レンダリングとは、肉副産物から、食用や工業用の動物性油脂を精製する工程を意味する畜産用語で、レンダリング工場では、肉副産物から動物性油脂を精製したり、残存物を肉粉や肉骨粉に加工したりします。

本来、それらの肉副産物から加工されたものは、感染リスクや汚染のリスクがあるため、人間の食用に使用することは法律で禁止されているのですが、家畜やペットフードの原材料として使用されることに制限はありません。

そのため、4Dミートがペットフードに含まれていることがあることを理解し、4Dミートを避けたい飼い主の方は、ペットフードの情報をしっかり集めることが大切になります。

なぜ4Dミートがペットフードに使われるのか

ペットフード

「DEAD(屠札以外で死んだ動物の肉)」「DISEASED(病気の動物の肉)」「DYNING(死にかけの動物の肉)」「DISABLED(障害がある動物の肉)」という4つの言葉だけを見ると、明らかに身体に悪そうな印象を受けますが、なぜそれらの肉が原材料となった4Dミートがペットフードに使われることがあるのでしょうか?

使用されるからには、その意味もあるため、ここでは、4Dミートが利用される理由を解説します。

理由①コストを抑えるため

人間の食用には使われることのない4Dミートがペットフードに使用される理由は、やはり、安価なコストでフードを作り、価格設定を安くするためと言えます。

4Dミートはいわゆる、”肉のリサイクル品”であるため、通常の良質な肉に比べ安価に使用することが可能です。

一方、人間同様良質な肉を使って作られたフードは、どうしても価格設定が高くなりがちです。

そのため、コストパフォーマンスを重視した商品には4Dミートが使われるのです。

また、ペットフードは毎日必要なものであるため、なるべく安い値段で大量に購入したいという消費者のニーズもあります。

それらのニーズに応えるため、4Dミートが使われているとも言えます。

そのため、4Dミートを避けたい方は、少し高額なペットフードを購入する必要があるとも言えるでしょう。

理由②廃棄物を減らすため

4Dミートが使用される理由の一つは、廃棄物を減らすために、肉の廃棄部分が再利用されているからでもあります。

食肉加工された牛の場合、人間が食べる部分は約65%、食べられない部分が35%と言われています。

その、残りの35%の部分はレンダリング工場に運ばれ、他の用途に加工されます。

レンダリング工場は、4Dミートを作ることだけが目的ではなく、他にも肥料やラード、石鹸や燃料など、食用だけではなく工業用の動物性油脂の精製も行われます。

レンダリング工場に運ばれるものには、内臓や背脂、顔や皮、脳・肺・腎臓・胎盤・脊髄・血液といった部位や、農家で亡くなった牛や豚や鶏など様々で、それらの不可食部位が、廃棄物を減らすために再利用されます。

4Dミートに危険性はある?

子犬

では4Dミートは具体的に何が危険なのかというと、実用面では特にありません。

あくまでネガティブなイメージの問題です。

極端にいえば鳥インフルエンザで死んだからといって、ドッグフードにまで鳥インフルエンザウイルスが残っているわけではありません。

生肉についた細菌やウイルスは、ドッグフードを作る過程で高温で加熱され、残らず死滅します。

また、通常の屠畜以外で、たとえば車にひかれて死んだ鶏の肉は、屠畜した肉と比べて何か成分が異なっているわけではありません。

どの部位がどのような経緯で口の中に入ったにせよ、栄養成分は変わりなく、たんぱく質はたんぱく質ですし、脂質は脂質です。

ただ、いくらイメージの問題とはいえ、心理的な抵抗は別問題ですから、次で解説する4Dミートの見分け方を参考にして、4Dミートが入っていないフードを選びましょう。

4Dミートが入っているドッグフードの見分け方

見分け方

4Dミートとは、正式名称ではなくドッグフードの原材料になる肉の副産物の俗称であるため、原材料表記に直接「4Dミート」と書かれることはありません。

一般的に「○○ミール」や「○○副産物」といった形で名称を変えて記入されているものに4Dミートが含まれていることが多いのですが、必ず含まれているというものでもありません。

そのように、4Dミートには公的な定義づけがなく明確には分かりづらい側面があります。

そのため、4Dミートを避けたい飼い主の方のために、4Dミートを使っていないことを明確にうたうドッグフードメーカーもたくさんあります。

なので、4Dミートを避けたい場合は、購入前に事前にホームページなどで各メーカーの原材料や衛生面や安全性などを確認すると良いでしょう。

原材料に「○○ミール」「肉副産物」が入っていると4Dミートの可能性が高い

原材料表記で明確ではわかりづらい4Dミートですが、「ミートミール」や「ミートボーンミール」「家禽ミール」といった表記が原材料表記になされている場合は、4Dミートが含まれている可能性が高いと言えます。

「ミートミール(肉粉)」とは、髪・血・蹄・ツノ・内臓・獣皮・第一胃・糞を除く、哺乳類動物の組織がレンダリング処理されたもの。

「ミートボーンミール(肉骨粉)」とは、上記の動物の組織に骨を含み、レンダリング処理されたもの。

「家禽ミール」とは、骨の有無を問わない、清潔な部分の肉と皮をレンダリングして乾燥させたもの。

それらが「ビーフミール」「チキンミール」「ポークミール」といった少し違った表記で書かれ、4Dミートであることを示していることがあります。

そのため、4Dミールを避けたい場合は、その表記があるフードを避けた方が良いでしょう。

原材料に「新鮮○○」とあれば4Dミートではない

ドッグフードの肉に関する原材料表記に「新鮮○○」という表記がされていると4Dミートではないことを意味します。

カナダ産のドッグフードメーカーが作る「アカナ」や「オリジン」では、原材料名の欄に「新鮮鶏肉」「新鮮鶏臓器(レバー)」「新鮮鶏軟骨」といった表記がされており、これらは、新鮮な生肉が使用されているという意味を表します。

このような表記が原材料名に書かれているドッグフードは、安全性に考慮して作られているものであるため、4Dミートのような廃棄処分扱いの肉副産物は使用されていません。

4Dミートを避けたい場合は、コストは高くなってしまいますが、原材料名に「新鮮○○」と表記された高品質なドッグフードを選ぶよう心がけましょう。

ヒューマングレードなら4Dミートではない

ペットフードには、パッケージに「ヒューマングレード」と表記されている商品が多数あります。

「ヒューマングレード」とは、直訳すると「人間と同じ等級のもの」という意味になり、その言葉通り、人間の食品と同等の衛生状態、管理基準で作られた安全性の高いペットフードであることを表します。

人間の食品に関しては厳格な「食品衛生法」が適用されているものの、ペット用の食品になるとそのような法律は適用されないため、ペットフードには食品の品質や衛生・管理状態において低基準な悪質な素材が含まれていることもあるのです。

そのため、4Dミートを避けたい場合は、そのような悪質の素材を避けた「ヒューマングレード」の商品を選ぶと良いでしょう。

トレーサビリティが付与されているものは4Dミートではない

「トレーサビリティ」とは、「追跡可能性」という意味を表し、原材料の生産から加工、流通・販売といった各段階の経路の履歴が追跡可能であることを表します。

「トレーサビリティ」が付与されている商品の場合、その製品に表示された輸入・製造・販売を行う事業者名や賞味期限などの情報をもとに、製造や流通の過程を辿り、衛生や管理状態を確認することが可能です。

そのため、トレーサビリティが付与されているペットフードの場合、出所が不明な廃棄処分扱いの4Dミートが使用されることはありません。

また、そのペットフードを消費したことで何か問題があったとしても、トレーサビリティによって原材料の出荷先から辿っていくことができるため、安心と言えます。

4Dミートが使われていないドッグフード

トイプードル

愛犬の健康面への心配から4Dミートを避けたい場合は、自らしっかりとした情報を集め、原材料表記をチェックし、適切なドッグフードを選ぶこと大切です。

しかし、市販されているドッグフードの種類はあまりにもたくさんありすぎるため、どの商品からチェックし始めるべきかわからないこともあります。

そのような飼い主の方に、ここでは、4Dミートが使用されていない、安心・安全性の高い、高品質なドッグフードをいくつかご紹介します。

UMAKA

UMAKA

「UMAKA」は、人間が食べることができる品質であるヒューマングレードを「さらに超える品質」にこだわり、国産原材料をメインに使った、4Dミート不使用を明言したドッグフードです。

保存料や着色料と言った人工添加物を使用せず、小麦グルテンフリー、ノンオイルコーティングで作られていることが特徴です。

AAFCO(全米飼料検査官協会)の総合栄養食基準を満たした安心・安全なドッグフードで、全犬種・全年齢対応のため、どの犬でも与えることが可能なドッグフードと言えます。

うまか公式サイトをみてみる

関連記事:うまかドッグフード口コミ

ナチュロル

ナチュロル

「ナチュロル」は、人間が食べても大丈夫なヒューマングレードの原材料のみを使用し、新鮮で良質な厳選された肉のみを使って作られたドッグフードです。

「誠実さと愛情を形にしたドッグフード」がメーカーのコンセプトでもあるため、4Dミート不使用が明言されています。

牛・鶏・馬・魚と、多様な肉から良質な動物性タンパク質が摂れることや、グレインフリーであることも特徴の、総合栄養食基準を満たした全犬種・全年齢対応のドッグフードです。

関連記事:ナチュロル口コミ

このこのごはん

このこのごはん

「このこのごはん」は、小型犬の健康維持に特化し、人間でも食べることができる安心・安全な素材で作られたヒューマングレードのドッグフードです。

このこのごはんは、鶏肉や鹿肉など低脂肪でありながら高いタンパク質を摂取できる動物性タンパク質を多く含むと共に、アレルギー源となることもある小麦の使用を控えたグルテンフリーであることが特徴です。

また、人口添加物も使用されていないため、安心して与えることのできる総合栄養食です。

このこのごはん公式サイトをみてみる

関連記事:このこのごはん口コミ

ヤムヤムヤム

「ヤムヤムヤム」は、可能な限り国産素材を使い、品質のみではなく味の良さにもこだわって作られたヒューマングレードのドッグフードです。

「パートナー(愛犬)には私たち人間と同じ安心・安全な食べ物を」が、メーカーのコンセプトでもあるため、安心・安全な新鮮な食材を契約農家から取り寄せ、人口添加物は一切不使用であることが特徴です。

全年齢対応の総合栄養食ですが、カリカリしたドライタイプとしっとりソフトタイプの2つのタイプがあるので、愛犬に合わせてどちらかを選ぶことができます。

Yum Yum Yum!(ヤムヤムヤム)公式サイトをみてみる

モグワン

モグワン

「モグワン」は人口添加物を使用せず自然由来の素材で作られた、欧州ペットフード工業会連合(FEDIAF)の基準を満たした、ヒューマングレードなドッグフードです。

新鮮な肉や魚を豊富に使用しており、その中でも生チキンと生サーモンが多く使われ、動物性タンパク質の割合が50%以上を占めていることも特徴です。

原材料の調達先や製造工場などの情報開示を求めることができる「トレーサビリティ」制度も取り入れているため安全性が高く、全犬種・全年齢に与えることのできるフードです。

モグワンの公式サイトをみてみる

関連記事:モグワン口コミ

カナガン

カナガン2

「カナガン」は、健康維持のための細かな配慮のもとヒューマングレードな原材料で作られた、全犬種・全年齢に対応したドッグフードです。

60%以上が鶏肉の動物性原料から、残りの40%がハーブや野菜が原料から作られており、グレインフリー、人口添加物不使用であることが特徴です。

また、カナガンは、原材料の調達先や調達日時までを把握することが可能な「トレーサビリティ」制度を導入しています。

詳しいことが知りたい場合は、イギリス産のメーカーですが、国内代理店が電話サポートで対応してもらうことが可能です。

カナガン公式サイトをみてみる

関連記事:カナガン口コミ

アランズナチュラルドッグフード

アランズナチュラルドッグフード

「アランズナチュラルドッグフード」は、良質な低脂肪なラム肉を豊富に使った、イギリスで日本の総合栄養食と同等の基準を満たしている、イギリス産のドッグフードです。

アレルギーに配慮して作れられたドッグフードであるため、グレインフリーのみならず、牛豚肉や乳製品も使うことなく、9種類の原材料のみで作られていることも特徴です。

香料や着色料、合成サプリメントといった人工添加物も使用されておらず、全犬種・全年齢に対応可能です。

「トレーサビリティ」も整っているため、安心して与えることができます。

アランズナチュラル公式サイトをみてみる

関連記事:アランズナチュラルドッグフード口コミ

ブッチ

ブッチ

「ブッチ」は、世界で一番基準が厳しいと言われているニュージーランド原産のドッグフードで、ニュージーランド産のヒューマングレードの牛・羊・鶏肉が使用されています。

動物性タンパク質が最大92%も占める、栄養価の高いドッグフードであることが特徴です。

小麦グルテンフリー、人口添加物不使用な、AAFCO(米国飼料検査協会)が定める基準に達した総合栄養食で、全犬種・全年齢対応可能です。

また、家畜の誕生から出荷、製品化されるまでのすべての情報を得られるトレーサビリティ制度も保証されています。

33%OFFのブッチ特別トライアルセットを見てみる

関連記事:ブッチドッグフード口コミ

ネルソンズドッグフード

ネルソンズドッグフード

「ネルソンズドッグフード」は、総量の50%に良質な鶏肉を使った、欧州ペットフード工業会連合(FEDIAF)の厳しい基準を満たしたイギリス産のドッグフードです。

穀物アレルギーに配慮したグレインフリーであると共に、人口添加物や遺伝子組み換え食品を不使用としており、健康維持を支えるために、栄養価の高いバターナッツカッシュを使用していることも特徴です。

製造工場についてなど情報を開示するトレーサビリティ制度も取り入れられているため安心て与えることができます。。

全犬種・全年齢対応ですが、少し粒が大き目なため、中型犬や大型犬の方が食べやすいドッグフードとも言えます。

ネルソンズドッグフード公式サイトをみてみる

関連記事:ネルソンズドッグフード口コミ

アカナ

「アカナ」は、原材料の最大75%に新鮮なヒューマングレードな鶏肉・魚・卵を使った、AAFCO(米国飼料検査官協会)の基準を満たしたカナダ産の総合栄養食です。

犬の健康維持に特化して作られているため、食材には保存料が使われず、新鮮な状態で毎日工場に運ばれたものが使われています。

また、合成サプリメントの使用も最低限に留められており、原材料の産地からフードの製造過程までのトレーサビリティ制度も取り入れられているため、安全性の高いフードです。

全年齢対応ですが、少し粒が大きめなため、中型犬や大型犬の方が食べるには適しているとも言えます。

オリジン

「オリジン」は、「アカナ」と同メーカーにて作られている姉妹ブランド品で、「アカナ」同様、AAFCO(米国飼料検査官協会)の基準を満たして作られたカナダ産の総合栄養食です。

アカナとの違いは、「オリジン」の方は原材料の90%をヒューマングレードな新鮮な肉が占めていることにあります。

使用されている肉は、鶏肉・七面鳥・アンガスビーフ・イノシシ・ヤギ・ラム・豚など多種多様で、タンパク質や脂質の割合が高めなことが特徴です。

アカナ同様、合成サプリメントは最低限に留められ、トレーサビリティ制度が取り入れられた安全なフードです。

4Dミートまとめ

4Dミートは衛生面で有害だったり、栄養面で何かが劣っていたりするわけではありません。

しかし、一度知ってしまうと悪いイメージが付きまとうのは事実です。

おおむねキロ1,000円以下の安いフードには4Dミートの可能性が高い「○○ミール」がよく使われています。

4Dミートを避けたい場合は、値段には目をつむって、キロ1,000円以上のドッグフードをチョイスしましょう。

タイトルとURLをコピーしました