アランズナチュラルドッグフードの口コミ評判!原材料の安全性を評価

アランズナチュラルドッグフード
  1. アランズナチュラルドッグフードのおすすめポイント
  2. 【アランズナチュラルドッグフード口コミ】良い評判
    1. アランズナチュラルドッグフードでアレルギーが収まった
    2. アランズナチュラルドッグフードは食いつきが良い
    3. アランズナチュラルドッグフードで涙やけが減った
  3. 【アランズナチュラルドッグフード口コミ】悪い評判
    1. アランズナチュラルドッグフードを食べない
    2. アランズナチュラルドッグフードで下痢した
    3. アランズナチュラルドッグフードがステマ臭い
    4. アランズナチュラルドッグフードで痩せてしまった
  4. 【アランズナチュラルドッグフード口コミ】成分・原材料・安全性
    1. アランズナチュラルドッグフードの安全性
    2. アランズナチュラルドッグフードの原材料
    3. アランズナチュラルドッグフードの成分
  5. 【アランズナチュラルドッグフード口コミ】最安値をAmazon・楽天・公式サイトで調査
    1. アランズナチュラルドッグフードのお試し
    2. アランズナチュラルドッグフードの取扱店
  6. 【アランズナチュラルドッグフード口コミ】給餌量
    1. 子犬の給餌量
    2. 成犬の給餌量
    3. 老犬の給餌量
    4. アランズナチュラルドッグフードへの切り替え時の注意点
    5. アランズナチュラルドッグフードの賞味期限
    6. アランズナチュラルドッグフードの保存方法
    7. アランズナチュラルドッグフードを食べないときの対処法
    8. アランズナチュラルドッグフードはダイエットに使える?
  7. 【アランズナチュラルドッグフード口コミ】メリット・デメリット
    1. メリット①アレルギー対策になる
    2. メリット②添加物不使用で安心
    3. デメリット①値段が高い
    4. デメリット②ラム1種類しかない
  8. 【アランズナチュラルドッグフード口コミ】おすすめの愛犬
  9. 【アランズナチュラルドッグフード口コミ】モグワンと比較
  10. 【アランズナチュラルドッグフード口コミ】まとめ

アランズナチュラルドッグフードのおすすめポイント

アランズナチュラルドッグフードおすすめ

「いくら拭いても涙やけが治らない・・」

「体のカキカキが止まらなくてずっと心配してる・・」

毎日健康でいてほしいと願っていても、心配の種は尽きませんよね。

しかし、これらの悩みは、フードを替えることで解決する可能性があります。

体の赤みやかゆみ、涙やけなどの原因の1つに食物アレルギーがあります。

食物アレルギーは牛肉や鶏肉をはじめ多岐にわたるため、そうと知らずに摂取を続けていたなんてこともあります。

でも、アランズナチュラルドッグフードは、アレルギーになりにくいラムをはじめ、たった9種類の自然素材のみで作られているので、複数のアレルギー持ちのワンちゃんでも安心。

無添加だから、添加物に敏感なワンちゃんも大丈夫。

また、イギリスのペットフード製造基準「FEDIAF」をクリアしたペットフード専門工場で生産されているから、品質管理は信頼がおけます。

いくら体にいいといっても、お財布に優しくないと続けられませんよね。

しかし、公式サイトから購入することで、最大20%OFFという大幅な値引きを受けられます。

ワンちゃんが苦しまずに幸せな毎日を送るために、できるところから始めていきましょう。

アランズナチュラル公式サイトをみてみる



【アランズナチュラルドッグフード口コミ】良い評判

良い口コミ

アランズナチュラルドッグフードの良い口コミ評判を紹介します。

Amazonでの評価は133件の評価数で★3.9。
(2022年6月6日時点)

良い口コミまとめ:
・アレルギーが収まった
・よく食べるようになった
・うんちの調子がよくなった

特に「アレルギーが軽快した」系の口コミは顕著に多かった印象です。

利用していた犬種:
・トイプードル
・チワワ
・マルチーズ
・コーギー
・チワックス
・マルプー
・柴犬
・ミニチュアダックスフンド
・イタリアングレーハウンド
など

アランズナチュラルドッグフードでアレルギーが収まった

「アレルギーが収まった」というコメントはもっともよく見られた口コミです。

・赤みが収まった
・フケやかゆみが収まった
・下痢が収まった

今まで何十種類も試してきたフードジプシーだったけど、やっとこれで脚や耳やお腹の赤みがなくなったといううれしいコメントがありました。

犬でよくあるアレルギーは牛肉・鶏肉・小麦・卵・乳製品などですが、実際にどの食品にアレルギーがあるかは病院で検査してみないとわかりません。

複数のアレルギーを同時に持っている可能性もあり、実際にレビュアーの中には
「牛肉・鶏肉・ほうれん草のアレルギー」
「鶏肉・ターキー・米・大豆・とうもろこしのアレルギー」
を同時に起こしているワンちゃんもいました。

こうなるとなかなか食べさせるものもなくて困りますよね。

しかし、アランズナチュラルドッグフードは動物性たんぱく質はラム1種類。全部の原材料を並べてもたった9種類しか使っていません。

グレインフリーなので穀物アレルギーでも問題なし。

カキカキも収まって、胃腸の調子も良い、ワンちゃんがもう食べ物で苦しまない幸せな未来を迎えられるといいですね。

アランズナチュラルドッグフードは食いつきが良い

続いては食いつきに関する口コミです。

・よく噛んで食べるようになった
・がっついて食べるようになった
・ふりかけやキャベツなどトッピングなしでも食べる
・食べっぷりがよく完食してくれる

このようなコメントが見られました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Leotan_pomeranian(@leotan_pomeranian_)がシェアした投稿

アランズナチュラルドッグフードはラムとビール酵母の発酵臭で自然な香りで食欲をそそります。

オイルコーティングは使っていないので表面の油が酸化する心配もなく安心ですね。

アランズナチュラルドッグフードで涙やけが減った

 

この投稿をInstagramで見る

 

ぽむ(@cutiepomme_pomme)がシェアした投稿

トイプードルやチワワだと涙やけが目立ってしまいます。

涙やけで目の下が黒ずむこと自体は健康に悪いものではありませんが、食物アレルギーが原因になっていることもあり、気になりますよね。

アランズナチュラルドッグフードでは9種類しか材料を使っていないので、アレルギーが原因の涙やけにはなりにくいです。

アランズナチュラル公式サイトをみてみる



【アランズナチュラルドッグフード口コミ】悪い評判

アランズナチュラルドッグフードの悪い評判は以下のようなものがありました。

・食べない
・下痢した
・ステマ臭い
・痩せてしまった

以下、順に紹介します。

アランズナチュラルドッグフードを食べない

最も多かった悪い口コミは「食べない」というものです。

・匂いだけ嗅いで食べなかった
・酸味の強い匂いが受け付けないのかも

酸味が強いのはビール酵母の影響ですね。

アランズナチュラルドッグフードはラムグレイビーとビール酵母で香りを出しています。

「ハーブの香りがする」という口コミもありました。

犬は味ではなく匂いで判断するので、ニオイが好みでないと口をつけません。

お試しサイズもないので、2㎏買って一口も食べてくれないとさすがにもったいないですね。

アランズナチュラルドッグフードで下痢した

下痢した・便がゆるくなったという口コミも散見されました。

「ゼリー状の下痢便になった」

というコメントも2,3件。

ゼリー状の下痢便は腸から分泌された粘液や粘膜のはがれたものです。腸粘膜が傷ついたため、粘液を出して大腸自身を保護しようとするために起こります。

主な原因は食べ過ぎやアレルギーです。

ちなみに下痢したという口コミはアランズナチュラルドッグフードに限らずどのドッグフードでもあります。

たいていフードを替えるとコロッと治るので、もしアランズナチュラルドッグフードで下痢が続くようなら、アレルゲンなり相性の悪い原材料があったということでしょう。

アランズナチュラルドッグフードがステマ臭い

「ステマ臭い」という口コミもありました。

実際にアランズナチュラルドッグフードはアフィリエイト広告を出しているので、色々なサイトでおすすめされています。

しかし、いまどきは広告表現も厳しくなっていますから、長所やウリがないフードを、根拠もなく推すことはできません。

おすすめされるにはおすすめされるだけの根拠があります。

「ステマかどうか」ということと「ドッグフードの品質」は無関係です。

ステマでもいい商品もありますし、ステマをしてなくてもおすすめできない商品もあります。

アランズナチュラルドッグフードのウリは、たった9種類の自然素材で作られていて、添加物もなく、アレルギーの心配が少ないというもの。

これは事実ですし、アレルギーのあるワンちゃんならこのような原材料構成はありがたいですよね。

実際、複数のアレルギーをもつワンちゃんだと、安心して食べさせられるドッグフードがなかなか見つかりません。

ワンちゃんの体調で困っている家庭なら、アランズナチュラルドッグフードは選択肢の1つになります。

アランズナチュラルドッグフードで痩せてしまった

痩せてしまった口コミは何件かありました。

アランズナチュラルドッグフードの栄養価は正直低めです。

通常のドッグフードのカロリーは350~400kcalのところ、アランズナチュラルドッグフードは343kcal。

タンパク質は22~25%程度のドッグフードが多い中、アランズナチュラルドッグフードは19.25%。

成犬になってからだと問題ありませんが、パピーのうちは成長のためによりカロリーやタンパク質が多いフードにしておいたほうがいいかもしれませんね。

また、運動量の多い犬にも不向きです。アスリート犬だとカロリー不足なため、もっと高カロリーな食事にしましょう。

なお、逆に室内犬だと運動量が少ないので、たくさん食べても太りにくいというメリットもあります。

アランズナチュラル公式サイトをみてみる



【アランズナチュラルドッグフード口コミ】成分・原材料・安全性

トイプードル

アランズナチュラルドッグフードの成分・原材料・安全性について解説します。

アランズナチュラルドッグフードの安全性

アランズナチュラルドッグフードの安全性は高レベルです。

まず工場は、イギリスでFEDIAF(欧州ペットフード連合会)の基準をクリアしたペットフード専門工場で、徹底した品質管理のもと生産しています。

自然給餌(ナチュラルフィーディング)の考えに基づいて、香料、着色料、保存料、酸化防止剤、その他人工添加物を使わず、ヒューマングレードの天然素材のみで作られています。

余計な副産物や質の悪い材料を使っていないので、消化しやすく、敏感なワンちゃんでも安心。

グレインフリーなので穀物アレルギーも心配なし。

小麦・大豆・乳製品・とうもろこし・牛肉・豚肉などを含まないので、各種アレルギーにも対応しています。

アランズナチュラルドッグフードの原材料

アランズナチュラルドッグフードの原材料一覧:
ラム 40%(生ラム肉 25%、乾燥ラム肉 10%、ラムオイル 4%、ラムグレイビー 1%)、サツマイモ、レンズ豆、そら豆、ひよこ豆、野菜類、亜麻仁、エンドウ豆繊維、ビール酵母

イギリスの地元で生産された食材を中心に使用。

塩・脂肪・砂糖・調味料は一切使わず、自然のままの味です。

ふつうのドッグフードだと、食材だけでは栄養バランスが崩れてしまうので、ビタミンやミネラルなどの栄養添加物を使うところです。

しかし、アランズナチュラルドッグフードはすべて食材だけで必要な栄養素を賄っており、無添加へのこだわりが感じられます。

主原料はアレルギーになりにくいラム肉

主原料はアレルギーになりにくいラム肉を使用。

牧草のみを食べて育ったグラスフェッドラムを使っています。

ラム肉に含まれる栄養は以下のとおり。

・L-カルニチン
脂肪をエネルギーに変換します。肉類の中でもとりわけラム肉に多く、豚肉の7倍ものL-カルニチンが含まれています。

またビタミンB群も豊富。中でも多いのはビタミンB1。糖質の代謝をサポートします。

ビタミンEは脂質の酸化を防いで天然の酸化防止剤の役割を果たします。

ラム肉には鉄分が100gあたり2mg前後含まれています。血液を作る材料なのでしっかり摂取したいですね。

さつまいも:低GIの炭水化物と豊富な食物繊維

さつまいもは低GIで血糖値が上がりにくく、満腹感が持続しやすい炭水化物です。おやつを減らす効果も期待できますね。

(GI:グリセミック・インデックスの略。摂取後の血糖値の上がり具合を数値化したもので、高いほど血糖値が急上昇します)

なおGI値は食パン91、うどん80、白米84なのに対し、サツマイモは55。一般に低GIは55以下を指すので、さつまいもは低GI食品に属します。

また食物繊維とヤラピンという物質も豊富で、老廃物を排出して腸のお掃除をしてくれます。

さつまいもには食物繊維が100g中2.2g含まれています。腸内の乳酸菌は食物繊維がエサになるので、乳酸菌に元気を与えることもできますね。

豆類:第二のたんぱく源

アランズナチュラルドッグフードにはレンズ豆・ひよこ豆・そら豆・3種類の豆類が使われています。

大豆が「畑の肉」といわれているのはよく知られていますが、それ以外の豆類も軒並み植物性タンパク質が豊富で、ラム肉だけでは足りない栄養を補ってくれます。

タンパク質は筋肉だけでなく皮膚や被毛、内臓など体のあらゆる要素をつくるもとになるのでしっかり摂取していきたいですね。

レンズ豆には100gあたり11.2gのたんぱく質が含まれています。

また、ビタミンやミネラルも豊富で、ビタミンB1・カリウム・鉄などが含まれています。

ビタミンB1は代謝にかかわる栄養素で、糖質をエネルギーに変換する役割があります。

カリウムは塩分を排出するのに欠かせないミネラルです。

鉄分は血液(ヘモグロビン)の材料になるのは良く知られているところですが、ぷるぷるお肌に必要なコラーゲンの材料ともなっていて、お肌の健康維持にも欠かせない栄養素です。

ひよこ豆は日本ではあまり馴染みがない食材ですが、中東では主食の1つ。100gあたり9.5gのたんぱく質が含まれています。

ちなみに海外ではひよこ豆を主原料の1つにしているドッグフードもあります。商品名に「ガルバンゾー」という名前が入っていたらひよこ豆のことです。

そら豆には100gあたり10.9gのたんぱく質が含まれています。

ちなみにそら豆には赤血球をつくる材料の1つ、葉酸が多く含まれています。

野菜

太陽の光をたくさん浴びて育った野菜を独自のブレンドで使用。

ビタミンやミネラルを補います。

具体的な野菜名に関する記載はありませんが、画像から判断するとズッキーニ・チンゲン菜・キャベツ・ブロッコリー・ハーブ類などが使われているようです。

亜麻仁:豊富なオメガ3脂肪酸

亜麻仁はα―リノレン酸や食物繊維、リグナンを含み、スーパーフードともいわれる栄養豊富な食材です。

西暦800年代のフランスのシャルルマーニ大帝が「国民は亜麻仁を摂るべし」と法令化までして摂らせた逸話があるほど。

αーリノレン酸はオメガ3脂肪酸に分類される不飽和脂肪酸。オメガ3脂肪酸は健康な皮膚・被毛の維持に欠かせない栄養素。体に入るとDHAやEPAに変わります。菜種油や大豆油に比べて圧倒的に含有量が多いです。

オメガ3脂肪酸は体内で生成できないので食物から摂る必要があります。

なお、オメガ3脂肪酸から代謝で生成される「レゾルビンE1」が皮膚アレルギーの炎症を抑える作用があることを京都大学の研究グループが明らかにしています。

参考:京都大学-オメガ3脂肪酸が皮膚アレルギー反応を抑制する機序の解明

魚油(フィッシュオイル)でオメガ3脂肪酸を補うドッグフードが多い中、わざわざ高価な亜麻仁で補完しているあたり、こだわりが見て取れます。

エンドウ豆繊維で食物繊維を補う

エンドウ豆には水溶性・不溶性あわせて100gあたり17.4gの食物繊維をが含まれています。

これは非常に高い割合で、ニンジンの3倍にも相当します。

さつまいもだけでは足りない食物繊維を補うことができます。

エンドウ豆に限らず、豆類は総じて食物繊維が多い野菜です。

アランズナチュラルドッグフードではエンドウ豆そのものではなく抽出した食物繊維を使っています。

ビール酵母の発酵臭で食いつきUP

ビール酵母にはアミノ酸やビタミンB群、ミネラル、食物繊維などが含まれ、「天然のサプリメント」ともいわれますが、アランズナチュラルドッグフードで期待される働きは酵母菌の発酵臭による食いつきUPです。

ビール酵母はエステル香・モルト香・ホップ香の3種類の香りを含んでいます。

エステル香は、酵母のはたらきで麦芽が発酵するときに発生します。

ビールを飲んだときに感じるフルーティーな香りはこのエステル香のはたらきによるもの。

モルト香は、麦芽そのものの香りです。麦芽を乾燥させる温度帯の違いによってバラエティ豊かな香りを生むことができます。

ホップ香はビール特有の爽快な香りのもとになるもので、ホップに含まれるエッセンシャルオイルから作り出されます。

ビール酵母は、この3種類が絡み合って奥深い香りを生み出しています。

アランズナチュラルドッグフードの成分

アランズナチュラルドッグフードの成分:
タンパク質 19.25%以上
脂質 11%以上
粗繊維 8.25%以下
灰分 8.5%以下
水分 9%以下
カロリー 343kcal

成分分析試験結果からみると、一般的なドッグフードよりタンパク質・脂質・カロリーが少なめです。

一方で食物繊維は他のドッグフードの2倍程度含まれていて、腸の健康を重視しているのがわかります。

成長期はより高タンパク高カロリーが望ましいのでおすすめしませんが、成犬期以降は特に問題ありません。

ずっと食べていても太らないというメリットもあるため、体重の増加が心配なワンちゃんにもおすすめです。

アランズナチュラル公式サイトをみてみる



【アランズナチュラルドッグフード口コミ】最安値をAmazon・楽天・公式サイトで調査

最安値

「アランズナチュラルドッグフードってどこで買うと一番安いの?」

という疑問にこたえるべく、価格調査をしました。

結論からいうと公式サイトの定期コースが最安値です。

価格
Amazon 5,412円
楽天
Yahoo!ショッピング 7,620円
公式サイト 5,412円
公式サイト定期コース1個 4,941円
公式サイト定期コース2個 8,706円
公式サイト定期コース3個 12,003円
公式サイト定期コース5個 18,830円

珍しいことに楽天での取扱がありません。

Yahooショッピングはなぜか異様に高いのでおすすめしません。

公式サイトとAmazonの価格は、単品購入なら同じです。

ただし、定期コースにすると割引が効いて安くなります。

定期コースは初回のみでも解約・休止ができるので、少しでも節約したい人は単品のつもりでも最初から定期コースを選ぶことをおすすめします。

まとめ買いはたしかにオトクですが、最初からまとめ買いするのはリスクが高いです。

そこで、まずは1個だけの定期便で申し込んで、食いつきを確認してからまとめ買いに移行するとコスパ高いです。

値段はけっして安くはありませんが、ドッグフードを替えることでアレルギー症状が収まれば、病院代や薬代が浮きます。

そのため結果的にはオトクという見方もできます。

関連記事:アランズナチュラルドッグフード楽天

アランズナチュラルドッグフードのお試し

「アランズナチュラルドッグフードってお試しサンプルはあるの?」

→あります。

どんなに体に良いフードでも、食べてくれないと意味がありませんよね。

匂いを嗅いだだけで「プイッ」されて、1袋まるまる無駄にしてしまったときの落胆たるや・・。

そんな悲劇を防ぐため、アランズナチュラルドッグフードでは100円モニターを用意しています。

ただし、100円モニターのページにたどり着けるかどうかは運頼みです。

なぜなら、特定のページではなくWeb上でランダムに出現する広告からのみアクセスできるからです。

そのため、確実にアクセスする方法はありませんが、少しでも出会える確率を高める方法を別記事にまとめています。

関連記事:アランズナチュラルドッグフードのお試し

アランズナチュラルドッグフードの取扱店

「アランズナチュラルドッグフードってどこのお店で買えるの?」

買う前にできれば実物を手に取って様子を見たいですよね。

しかし残念ながら、アランズナチュラルドッグフードは通販限定で、実店舗での取扱店はありません。

マイナー商品を扱っているペット用品店で売っているのかと思い調査しましたが、そんなこともなく、どうも会社の方針のようです。

もっとも、店頭にないのは悪いことばかりではありません。

卸売業者や店舗へのマージンといった流通コストがかからないので、そのぶん消費者に還元できます。

お店での取り扱いを開始したら、値段がもっと高くなってしまうかもしれません。

ということで、アランズナチュラルドッグフードの購入は通販のみ。最安値は公式サイトです。

アランズナチュラル公式サイトをみてみる



【アランズナチュラルドッグフード口コミ】給餌量

量

アランズナチュラルドッグフードの給餌量の目安を、ライフステージ別に紹介します。

ここで紹介する量はあくまで目安であり、生活環境や日々の運動量などによって、体重を維持するのに必要な量には個体差があります。

ワンちゃんの様子をみて量を調整しましょう。

定期コースのおまけでついてくるドッグフードスクープを使うとラクに正確に測れます。

子犬の給餌量

子犬の給餌量は以下のとおりです。

1日給餌量(g)
体重 2-3ヶ月 4-5ヶ月 6-7ヶ月 8-9ヶ月 10-11ヶ月 12-13ヶ月 14-15ヶ月
1-5kg 80 90 100 80 60 成犬 成犬
6-10kg 150 170 210 200 180 成犬 成犬
11-15kg 200 230 290 300 280 260 成犬
16-20kg 270 290 310 320 300 280 成犬
21-25kg 300 320 330 340 320 300 成犬
26-30kg 390 400 410 440 420 400 380
31-35kg 440 460 500 530 510 490 470

生後4ヶ月、2㎏のトイプードルだと90g程度。

生後1年の8kgの柴犬だと200g程度。

大きくなればなるほど食べる量も増加するので食費が大変になりますね。

なお1日あたりの目安です。1日2回の食事回数なら1回あたりの量は半分にしてください。

成犬の給餌量

成犬の給餌量は以下のとおりです。

体重 1日給餌量(g)
1-5kg 30-90
6-10kg 105-155
11-15kg 165-205
16-20kg 215-255
21-25kg 265-305
26-30kg 315-355
31-35kg 365-405

3㎏のトイプードルだと60g程度。

8㎏の柴犬だと130g程度。

老犬の給餌量

老犬の給餌量は以下のとおりです。

体重 1日給餌量(g)
1-5kg 25-80
6-10kg 90-130
11-15kg 140-180
16-20kg 190-230
21-25kg 240-280
26-30kg 290-330
31-35kg 340-380

成犬の頃に比べて消費カロリーが少なくなるため、摂取カロリーも少なくなり、そのぶん量も若干減ります。

3㎏のトイプードルだと52g程度。

8㎏の柴犬だと110g程度。

アランズナチュラルドッグフードへの切り替え時の注意点

アランズナチュラルドッグフードへの切り替え時の注意点は、いきなり切り替えないことです。

どのドッグフードでもそうですが、最初から100%切り替えるととたんに食べなくなることがあります。

アランズナチュラルドッグフードの口コミでもやはり「食べなかった」という口コミがありました。

せっかく体のためを思って買ったのに、口をつけてくれなかったらもったいないですよね。

なんでもガツガツ食べて好き嫌いのないワンちゃんならそこまで心配いりませんが、敏感なワンちゃんだと慎重にやる必要があります。

そこで、切り替えは少しずつ行います。

最初はこれまでのフードに少量混ぜ、1~2週間ぐらいかけて徐々にアランズナチュラルドッグフードの割合を増やしていき、最終的に100%にします。

Amazonレビューでも数人が「ハーブの香り」とコメントをしていたように、アランズナチュラルドッグフードには匂いのクセがあります。

そのため、特に新しいフードに慣れさせる期間が必要です。

アランズナチュラルドッグフードの賞味期限

アランズナチュラルドッグフードの賞味期限は未開封で1年。

開封後は、説明書きには「できるだけお早めに」としか書いておらず、具体的な期間の記載がありませんが、ドライフードだと通常1ヶ月が目安です。

アランズナチュラルドッグフードの保存方法

アランズナチュラルドッグフードの保存方法は、説明書きには、

「高温多湿を避け、直射日光の当たらない場所で保存してください。開封後は袋をしっかりと密閉し、できる限りお早めにお使いください」

との記載があります。

害虫やホコリ、菌類の侵入を防ぐため、口はしっかり閉じて保存しましょう。

袋にジッパーがついているので開封後でも密封できます。

ドッグフード専用のストッカーで保管するのも良いですね。

なお冷蔵庫はあまりおすすめしません。

その理由は、温度差で結露が生じてカビの原因になるからです。冷蔵庫で保存するさいは、シリカゲルなどの除湿剤をいれて湿度を低く保ちましょう。

小分けにして冷凍するのも良いですね。与えるときは常温に戻してから与えましょう。

アランズナチュラルドッグフードを食べないときの対処法

「アランズナチュラルドッグフードをあげてみたけど見向きもしなかった・・どうしたらいいの?」

せっかく高いお金を出して買ったのに口を付けてくれないとガッカリしますよね。

そんなときの対処法は3つあります。

・ふやかす
・他のドッグフードと混ぜる
・トッピング

ふやかすと香りがたって食欲をそそります。

注意点としては、与えるときは常温にすることです。温かいお湯のほうが早くふやけますが、そのまま与えると口の中を火傷します。

また、歯にくっつきやすくなるので歯磨きなどのデンタルケアを行ったほうがいいでしょう。

他のドッグフードと混ぜるのは、切り替え時に主に使用します。最初はアランズナチュラルドッグフードの割合を少なくしておき、徐々に割合を増やしていきます。

トッピングは野菜または茹でて脂肪を落とした肉類をフードの上に乗せて与えます。茹でキャベツやトマト、ささみなどがいいですね。脂の多いお肉は避けたほうが無難です。

ソーセージなど味付けをした加工品は塩分過多になるのでおすすめしません。

アランズナチュラルドッグフードはダイエットに使える?

「うちの子、お腹周りのお肉が気になるんだけど、アランズナチュラルドッグフードってダイエットに使えるの?」

→可能です。

ダイエットフードとして推奨されているわけではありませんが、平均的なフードと比べて低脂肪低カロリーなため、同じ量を摂っても太りにくいです。

カロリーは、通常のドッグフードが350~390kcal程度なのに対し、アランズナチュラルドッグフードは342kcal。

脂肪の含有率は、通常のドッグフードが12~15%なのに対し、アランズナチュラルドッグフードは11%。

カロリー・脂肪いずれも平均より1割程度低いです。

「アランズナチュラルドッグフードで痩せた」という口コミも実際にあります。

ただし、極端にカロリーを制限しているわけではないので、量をたくさん食べれば太ることもあります。

ワンちゃんのダイエットを目指すなら、与えすぎに注意して、推奨量を目安に取り組みましょう。

アランズナチュラル公式サイトをみてみる



【アランズナチュラルドッグフード口コミ】メリット・デメリット

アランズナチュラルドッグフードのメリットとデメリットを紹介します。

アランズナチュラルドッグフードのメリット:
・アレルギー対策になる
・添加物不使用で安心

アランズナチュラルドッグフードのデメリット:
・値段が高い
・ラム1種類しかない

以下、順に解説していきます。

メリット①アレルギー対策になる

アランズナチュラルドッグフードはアレルギー対策フードとしても安心の出来栄えです。

アレルゲンになりやすい牛肉・鶏肉・卵・乳製品・小麦はすべて不使用。

グレインフリーで、原材料はラムと野菜とビール酵母しか使っていません。

ラムや特定の野菜のアレルギーの可能性もゼロではありませんが、上記のアレルゲンに比べてまれなケースです。

これでアレルギーが収まらないのなら、フード以外のアレルギー(ダニ・ノミ・化学物質など)を疑ってみましょう。

メリット②添加物不使用で安心

アランズナチュラルドッグフードは添加物不使用。

・香料
・着色料
・保存料
・発色剤
・酸化防止剤

などは一切使っていません。

高級ドッグフードでも酸化防止剤ぐらいは使っているのがふつうですが、アランズナチュラルドッグフードでは本当に何も使われていません。

原材料がたった9種類しかないのでごまかしようがないですね。

敏感なワンちゃんでも安心して与えることができます。

デメリット①値段が高い

デメリットの1つ目は「値段が高い」ことです。

単品だと、キロ単価は2,706円(送料込み)

お試しもありませんし、これで食べてくれなかったら

人によっては予算オーバーという人もいるでしょう。

そんなときは無理せず他のフードにしておきましょう。

なお定期便でまとめ買いすることで実質最大3割引きで入手できます。

デメリット②ラム1種類しかない

アランズナチュラルドッグフードはラム1種類しかありません。

1つのフードを飽きずに食べ続けてくれるワンちゃんならそこまで気にする必要はありませんが、飽きっぽいワンちゃんだとローテーションができないので悩みどころですね。

本国イギリスではチキン・ターキー・サーモンなど10種類以上のラインナップが販売されていますが、日本に輸入されているのはラムのみ。

もっとも、体に優しい安心安全なフードという位置づけなので、下手にラインナップをふやしてしまうと配合を一から調整しなければいけませんし、アランズのウリである安全性を保つのが難しくなります。

ラム1種類だからこそ完璧に調整できるし、自信をもっておすすめできるという側面はたしかにあります。

アランズナチュラル公式サイトをみてみる



【アランズナチュラルドッグフード口コミ】おすすめの愛犬

ダックス

アランズナチュラルドッグフードをおすすめできるのはこんなタイプのワンちゃんです。

・アレルギーであちこち赤くなったりカキカキしている
・フードをかえても涙やけが治らない
・敏感体質だから安心安全な無添加フードをあげたい
・下痢が続いている
・肥満で体重を落としたい

アランズナチュラルドッグフードの一番の特徴は自然素材だけを使っていて、無添加で安全なこと。

そのため、アレルギーや涙やけなど、食べ物由来の健康要因で困っている人におすすめしたいドッグフードです。

【アランズナチュラルドッグフード口コミ】モグワンと比較

アランズナチュラルドッグフードと人気ドッグフードのモグワンを比較してみました。

アランズナチュラルドッグフード モグワン
原材料 ラム 40%(生ラム肉 25%、乾燥ラム肉 10%、ラムオイル 4%、ラムグレイビー 1%)、サツマイモ、レンズ豆、そら豆、ひよこ豆、野菜類、亜麻仁、エンドウ豆繊維、ビール酵母
チキン&サーモン56% (チキン生肉21%、生サーモン12%、 乾燥チキン12%、乾燥サーモン7%、チキングレイビー2%、サーモンオイル2%) 、サツマイモ、エンドウ豆、レンズ豆、ひよこ豆、ビール酵母、アルファルファ、ミネラル類 (硫酸第一鉄水和物、硫酸亜鉛一水和物、硫酸マンガン一水和物、硫酸銅(II)五水和物、無水ヨウ素酸カルシウム、亜セレン酸ナトリウム)、ビタミン類(ビタミンA、ビタミンD、 ビタミンE)、ココナッツオイル、バナナ、リンゴ、海藻、ク ランベリー、カボチャ、カモミール、マリーゴールド、セイ ヨウタンポポ、トマト、ショウガ、アスパラガス、パパイヤ、 グルコサミン、メチルスルフォニルメタン(MSM)、コンドロイチン、乳酸菌
成分 タンパク質 19.25%以上
脂質 11%以上
粗繊維 8.25%以下
灰分 8.5%以下
水分 9%以下
タンパク質28%
脂質12%
繊維3%
灰分8%
水分8%
オメガ6 1.63%
オメガ3 1.29%
カロリー100gあたり 342 363
内容量 2.0kg 1.8kg
定価 4,708円 3,960円
kg単価(定価) 2,354円 2,200円
保存料・酸化防止剤 なし ビタミンE
その他安全性 FEDIAF基準
香料・着色料不使用
低アレルギー
・無着色・無香料
・グレインフリー
・ヒューマングレード
・FEDIAF基準
・原材料トラッキング可
生産国 イギリス イギリス
犬種・ライフステージ 全犬種・全ライフステージ対応
全犬種・全ライフステージ対応

まずコンセプトが違います。

アランズナチュラルドッグフードは自然素材で低アレルギーをウリにしているのに対し、モグワンは食いつきと健康の両立を目指しています。

栄養バランスの違いもはっきりしています。アランズのたんぱく質含有量はモグワンの2/3。対して繊維はアランズのほうが2.7倍もあります。

どちらかというとモグワンのほうが標準的なドッグフードの栄養バランスに近いですね。

価格はキロあたり単価になおすとわずかにモグワンのほうが安いですが、あまり違いはありません。

アレルギーや体調が気になるワンちゃんにはアランズ、活動的で健康なワンちゃんにはモグワンをおすすめします。

関連記事:モグワン口コミ

【アランズナチュラルドッグフード口コミ】まとめ

アランズナチュラルドッグフードは9種類の自然素材で無添加、カロリー控えめと、まるで健康食品のようなフードです。

そのため、毎日元気で健康なワンちゃんなら、あえて選ぶ必要はないのかもしれません。

実際、栄養価の高さで比べると、アランズを上回るフードはいくらでもあります。

しかし、安全という点で比べてみると、アランズが圧倒的に優れています。

保存料や酸化防止剤どころかビタミン剤さえも使わず、たった9種類の原材料のみで栄養バランスをとり、ドライフードとして成立させているのはアランズだけです。

フードを色々変えてみたけどアレルギーや下痢が止まらない・・ずっと心配してて気持ちが収まらない・・。

アランズナチュラルドッグフードはそんなワンちゃんの救世主になってくれるかもしれませんよ。

アランズナチュラル公式サイトをみてみる



タイトルとURLをコピーしました