カーコンカーリースのデメリット!もろコミのメリットと評判

カーコンカーリースのデメリット

「カーコンカーリースってどんなデメリットがあるの?」

契約してから「こんなはずじゃなかった・・」っていうのは避けたいですよね。

ここではカーコンカーリースのデメリットについてしっかり解説します。

カーコンカーリースのデメリット:
・走行距離制限がある
・中途解約ができない
・メンテナンスはカーコンビニ倶楽部の店舗だけ
・車種がパックの内容によって制限される
・保険の等級が引き継げない
・支払が口座振替だけ クレカ使えない

以下、詳しく解説します。

カーコンカーリースのデメリット①走行距離制限がある

カーコンカーリースに限らずカーリースサービス全般のデメリットですが、走行距離制限があります。

ただし、カーコンカーリースの場合はその制限がゆるめで、1ヶ月あたり2000㎞までOK。

1ヶ月2000㎞というと、毎日片道35㎞ぐらいまでの通勤でも十分耐えられるレベルです。

35㎞×2回(往復)×22日(1ヶ月あたりの通勤日数)=1540㎞

休日に使えるのは残り460㎞分。車で毎週遠出する生活でもない限り、十分といえます。

逆に、通勤距離で片道40㎞を超えるような人は距離制限をオーバーする可能性があるので、やめておいた方がいいですね。

ちなみに制限をオーバーした分は、清算時に1㎞当たり8円とられます。

カーコンカーリースのデメリット②中途解約に制限がある

カーコンカーリースは中途解約は原則としてできません。

リースプランごとのリース期間は以下のとおり。
・もろコミ7:7年
・もろコミ9:9年

3年や5年のプランがなく、比較的長めですね。

「どうしても事情があって、中途解約しないといけないんです・・」

こんな人は、違約金をとられます。

ただし、契約満了まで残り2年を切っていると、違約金なしで解約できます。

・もろコミ7→5年乗れば違約金なし
・もろコミ9→7年乗れば違約金なし

という感じですね。

転勤の心配がなければそれほど影響ありませんが、東京や大阪など、車を使わない都市圏に転勤する可能性があるのなら、カーコンカーリースよりリース期間の短いサービスを検討したほうがいいですね。

カーコンカーリースのデメリット③メンテナンスはカーコンビニ倶楽部の店舗だけ

カーコンカーリースのメンテナンスはカーコンビニ俱楽部の店舗でしかできません。

地方在住者にとっては地味に不便です。

たとえば筆者が住んでいるのは和歌山県の南の方ですが、カーコンビニ俱楽部が近くにありません。

カーコンビニ俱楽部和歌山県

一番上の和歌山市に1件、真ん中よりちょっと上の御坊市に1件。合計2件。

メンテや車検を受けるために店舗に行こうと思うと、片道2~3時間かかります。

「ちょっと車の調子が悪いから見てもらいたいな・・」

と思っても、これだけ遠いと仕事帰りにパッと寄ることもできません。休日をほぼ丸1日潰して出かける必要があります。

検討している方は、一度、自分の住んでいる地域の近くにカーコンビニ俱楽部があるかどうか確かめてみましょう。

カーコンビニ俱楽部公式:店舗検索

カーコンカーリースのデメリット④車種がパックの内容によって制限される

カーコンカーリースは通常だと国内全メーカー全車種から選べます。

ただし特選車パックは別で、そのときどきの特選車からしか選べません。

特選車を選ばなければいいだけの話なので、それほどのデメリットではありませんが。

カーコンカーリースもろコミ公式サイトをみてみる

カーコンカーリースのデメリット:メリット

カーコンカーリースのメリット:
・車がもらえる
・車種が豊富
・契約終了2年前から乗り換え・解約できる
・残価設定なし
・走行距離制限が長い
・特選車がある
・即納車がある

以下、順に解説していきます。

カーコンカーリースのメリット①車がもらえる

カーコンカーリースでは、契約終了後に車がもらえます。

カーリース期間中は、車はカーリース会社のものです。いわば借りているだけ。契約が終わると、もとの持ち主に返却しなければいけません。

しかし、カーコンカーリースではタダでそのまま車をもらうことができます(名義変更の手数料はかかりますが)。

愛着の湧いた車に、その後も乗り続けられるのはありがたいですね。再びお金をかけてリースする必要がなくなります。

カーコンカーリースのメリット②車種が豊富

カーコンカーリースは選べる車種が豊富です。

国産全メーカー全車種から新車を選ぶことができます。N-BOXやタントなど人気軽自動車はもちろん、珍しいところだと介護車両もあります。

2021年から中古車も選べるようになりました。さすがに全車種ではなく在庫限りですが、新車より安い値段でリースできます。

カーコンカーリースのメリット③契約終了2年前から乗り換え・解約できる

カーコンカーリースは契約終了2年前から乗り換え・解約できます。

通常はカーリースをいったん始めると、中途解約は原則としてできませんし、仮に解約するにしても解約金がかかります。

カーコンカーリースの場合も同じですが、契約終了まで2年を切ると解約金が免除されます。

・もろコミ7→5年乗れば違約金なし
・もろコミ9→7年乗れば違約金なし

いざというときは助かりますね。

カーコンカーリースのメリット④残価設定なし

カーコンカーリースの大きなメリットとして、残価設定がありません。

「残価ってなに?」

リース期間が終了したあとの、車の残存価格のことです。

カーリースは車両の購入代金を○年かけて全額分割払いするものではありません。

たとえば車の寿命が10年で、購入代金が100万円とします。

7年リースだと、そのうち70%の期間しか使わないので、リース料金は車両の購入代金の7割、70万円です。

この70万円を7年で分割して月額で支払います。

残りの3割の金額、30万円が残価です。

(わかりやすくするために計算を単純化しています。実際はもっと複雑です。)

「残価がないとなぜメリットになるの?」

契約終了時に清算金が発生しません。

残価設定ありだと、上の例だと契約終了時に30万円分の価値が残っていることになります。

でも実際に査定してみると、「凹みがあります。傷もついてます。シートにシミもあります。これだと実際の価値は22万円ですね・・」なんてことが往々にして起こります。

リース会社「30万円分の価値のある車を返却してもらう予定だったのに、22万円の価値しかないぞ!損した分のお金はあなたに負担してもらいますよ!」

となり、利用者は30万円-22万円=8万円の支払い義務が生じます。これが清算金です。

残価設定なしだとこの清算金を払わなくてよくなります。

契約終了時に予定外の出費を避けられるので、安心ですね。

ただし、全損事故の場合は話が別です。借りているはずの車が廃車になるうえ、強制解約になるため、解約金+残価を払う必要があります。

カーコンカーリースのメリット⑤走行距離制限が長い

ほとんどのカーリースサービスは距離制限を設けています。

通常は月間1000㎞程度のところが多いですが、カーコンカーリースはその倍の2000㎞です。

田舎に住んでいても、会社勤めなら月間2000㎞あればほぼ確実にオーバーしません。

月間2000㎞は、1日あたりになおすと約66㎞です。

自営業で、毎日自家用車で走り回ったり、長距離出張がしょっちゅう入るような人でなければ、まず安全圏です。

ちなみに筆者は通勤片道5㎞で、休日の家族サービスを含めて月間走行距離は500㎞程度です。余裕ですね。

カーコンカーリースのメリット⑥改造できる

カーコンカーリースの車は改造・カスタムができます。

ホイールを変えてみたり、カーナビを変えたりしても大丈夫です。

極端な話、カラーを塗り替えてしまったってOKなわけです。

通常のカーリースだと車は使用後に返却しなければいけません。車にせよアパートにせよ、借りたものを返すときは原状回復が大原則です。

しかし、カーコンカーリースは最終的に車がもらえます。所有権が利用者にうつるので、返す必要がありません。もらったものをどう扱おうが自由です。

もらうんだから、汚しても大丈夫です。タバコのにおいやペットの毛やお漏らしでシミを作ってしまっても心配なし。ちょっとした損耗や損傷も問題ありません。

車にこだわりがある人にはありがたいポイントですね。

カーコンカーリースもろコミ公式サイトをみてみる

カーコンカーリースのデメリット:良い口コミ評判

良い口コミ評判

カーコンカーリースもろコミの良い口コミ評判を紹介します。

カーローンほど審査も厳しくなく、気軽に乗れるのが合ってました。

折々の高額出費は避けられるし、月々の支払いが安く、出費が少なくて助かる。

たくさんの種類があったため、乗りたい車を用意していただけましたし、スタッフの対応もとても親切でていねいです。相当長く使ってますが、満足度が高いです。

残価設定ゼロなため、趣味がドライブな自分は休日には1日で数百キロ運転することがあるので、走行距離を気にせず乗れるのがポイントが高かったです。

納車待ち2か月の間に店舗で代車を用意してもらえたのがありがたかった。

カーアクセサリーが充実していて自分の車よりも使いやすいところが多く、加えて契約期間満了で乗り換えができたり車がもらえるのがビックリでした。

カーコンカーリースのデメリット:悪い口コミ評判

悪い口コミ評判

カーコンカーリース悪い口コミ評判を紹介します。

カーアクセサリーパックでつけたカーナビが純正じゃなかったので、
メーカーがディーラーオプションとして用意した拡張機能が使えませんでした。

オプションはパックになっていて変更や細かい注文がきかないので、こだわりがある人は要注意ですね。

ちなみに筆者はカーナビすらつけずにスマホアプリのヤフーカーナビを使ってますが一度も困ったことはありません。

1ヶ月点検時にナビがバックカメラと連動できないと指摘されました。バックカメラユニットが故障してました。

1ヶ月で故障って明らかに不良品ですね。さすがに無料で交換してもらいたいところです。

途中解約を申し込んだら、残高を支払わなければといけないと言われました。

カーコンカーリースは最低7年(違約金がなくなるのは5年)乗り続けないといけません。

子供の成長などライフステージの変化があったり、定期的に新車に乗りたいといった希望があるなら、他の3年程度の短いリースサービスを検討したほうがいいですね。

納車したら知らん顔。納車1ヶ月・6ヶ月点検・車検は自分でディーラーに持ち込みをしないといけない。

購入した車なら、買ったところや前回車検したお店から車検の案内が届くものですし、お店によっては車を取りに来てくれたりもしますが、カーコンカーリースだとクーポンは送られてきますが、車検時期を自分で覚えておかないといけないし、自分で持ち込まないといけないんですね。

カーコンカーリースのデメリット:他のカーリース会社と比較

カーコンカーリースを定額カルモくんやオリックスカーリースと比較してみました。

●表

カーコンカーリースのデメリット:もろコミとは

もろコミとは、カーコンカーリースのサービス名です。

「もろもろコミコミ」の略で、その名前のとおり頭金・登録費用・自動車税・自賠責保険・車検基本料といった諸費用がすべて月額の中にコミコミになっています。

車検はオプションをつけないと自己負担になってしまうところが多いですが、もろコミでは最初から含まれています。

これだけついて軽自動車なら月々8000円から利用できます。

オプションは3種類。シンプルです。
①カーアクセサリーセット
②メンテナンスパック
③メンテナンスパックライト

①カーアクセサリーセット
・カーナビ
・バックアイカメラ
・ETC
・フロアマット
・バイザー
の5つがついて月々2860円からです。

私だったら申し込まずにETCとフロアマットだけ別に買うかな~という感じです。

②メンテナンスパック

もろコミ7 もろコミ9
タイヤ交換 4本 7本
バッテリー交換 1回 2回
オイル交換 6回 8回
オイルエレメント交換 1回 2回
オートマチックオイル交換 1回 2回
ブレーキオイル交換 2回 3回
ブレーキパッド交換 1回 1回
Vベルト交換 1回 1回
LLC交換 2回 3回
点火プラグ交換 1回 1回
ワイパーゴム交換 2回 3回

月々3630円から。

どれも7年乗っていたら一度は交換するものばかりですね。ただし年間43000円ほどするので、都度払ったほうが安上がりです。

③メンテナンスパックライト
オイルとエレメント交換のみのパックです。

もろコミ7 もろコミ9
オイル交換 13回 17回
オイルエレメント交換 6回 8回

月々1320円から。

2021年12月1日調査時点では、成約特典として、

「キズへこみ修理クーポン3万円分(有効期限1年)」

がついていました。

ほんとに些細な傷や凹みだと3万円で直るんでしょうけど・・

以前、筆者がバックで電柱にぶつけたとき、修理屋さんに「バックドア丸ごと交換しないといけません。20万円」って言われて泣きそうになったことを思い返し。

ベッコリ凹むと3万円ではとても済みません!ということは覚えておいてください。

ちなみに2021年7月には、期間中の新規契約者10人に1人、10万円当たる「お客様応援キャンペーン」という企画をやっていました。

カーコンカーリースのもろコミ7の特徴

もろコミ7の特徴は、7年契約です。名前がリース年数を表しています。わかりやすいですね。

契約満了で車がもらえます(返却も可能)。

契約開始から5年たったら中途解約して返却や乗り換えができます。それ以前に解約すると違約金をとられます。

カーリースはリース年数が長いほど月額が安くなります。そのため、もろコミ9と比べると月額は少し高くなります。

利用額の例を挙げます。

例①ホンダ N-BOX
月額15,400円+ボーナス1回あたり77,000円

例②ダイハツ タント
月額12,540円+ボーナス1回あたり66,000円

メンテナンスプランでカバーできる消耗品の数がもろコミ9と比べてちょっと少なめです。

オプション

カーコンカーリースのもろコミ9の特徴

もろコミ7の特徴は、9年契約です。

契約満了で車がもらえます(返却も可能)。

契約開始から7年たったら中途解約ができます。それ以前に解約すると違約金をとられます。

利用料金の例を挙げます。

例①ホンダ N-BOX
月額12,870円+ボーナス1回あたり66,000円

例②ダイハツ タント
月額10,780円+ボーナス1回あたり55,000円

もろコミ7と比べると月額は安くなっていますが、同じものを7年かかって払うか9年かかって払うかの違いなので、トータル金額はほぼ同じです。

カーコンカーリースのデメリット:料金のからくり

「カーコンカーリースって実際に安いの?」

ということで、料金のからくりについて検証してみました。

それぞれの場合で支払額をシミュレーションしました。

前提条件:
・ホンダ N-BOX L 2WD
・期間は9年間
・自賠責、車検、重量税を加味
・部品交換費用は除く
・カーローンの金利は4%

比較対象:
・もろコミ7
・もろコミ9
・現金一括購入
・カーローン7年
・カーローン9年

もろコミ7のシミュレーション

単価 回数 合計
月額 15,400円 84 1,293,600円
ボーナス払い 77,000円 14 1,078,000円
車両価格 0円
車検 0円
重量税 0円
自賠責保険 0円
2,371,600円

もろコミ9のシミュレーション

単価 回数 合計
月額 12,870円 108 1,389,960円
ボーナス払い 66,000円 18 1,188,000円
車両価格 0円
車検 0円
重量税 0円
自賠責保険 0円
2,577,960円

現金一括購入のシミュレーション

単価 回数 合計
月額 0円 0円
ボーナス払い 0円 0円
車両価格 1,526,190円 1 1,526,190円
車検 60,000円 4 240,000円
重量税 5,600円 4 22,400円
自賠責保険 12,550円 9 112,950円
1,901,540円

カーローン7年のシミュレーション

単価 回数 合計
月額 13,122円 84 1,102,248円
ボーナス払い 62,683円 14 877,562円
車両価格 0円
車検 60,000円 4 240,000円
重量税 5,600円 4 22,400円
自賠責保険 12,550円 9 112,950円
2,355,160円

カーローン9年のシミュレーション

単価 回数 合計
月額 10,600円 108 1,144,800円
ボーナス払い 50,620円 18 911,160円
車両価格 0円
車検 60,000円 4 240,000円
重量税 5,600円 4 22,400円
自賠責保険 12,550円 9 112,950円
2,431,310円

結果、支払総額の順位は、

1.現金一括購入(約190万円)
2.カーローン7年(約235万円)
3.もろコミ7(約237万円)
4.カーローン9年(約243万円)
5.もろコミ9(約257万円)

という順番になりました。

現金一括購入がもっとも総額は少ないのは当然として、もろコミはフルローンを組んだときと同じぐらいの額になることがわかりました。

もろコミ7ともろコミ9では20万円の差がでます。契約するならもろコミ7ですね。

まとまった頭金を用意できるなら、購入したほうが安上がりです。

カーコンカーリースのデメリット:店舗

「カーコンカーリースの店舗はどこ?」

→カーコンビニ俱楽部加盟店です。全国に約1000店舗あります。

カーコンカーリースの公式サイトで店舗検索できます。

「1000店舗もあるなら絶対近くにあるじゃん!」と思って見てみましたが、私が住む和歌山県には、なんと2店舗しかありませんでした。

人口がそこそこ多い地域に出店しているので、あまり僻地だと店舗がありません。

近所の車屋さんにちょっと寄って話を聞く、なんてわけにはいかないので場所によっては不便ですね。

利用を検討しているなら店舗が近くにあるかどうか確認してからにしましょう。

カーコンカーリースのデメリット:審査は厳しい?

「カーコンカーリースの審査って厳しいの?落ちたら嫌だな・・」

→審査は比較的ゆるめです。

カーコンカーリースの審査はオリックス自動車・オリコカード・アプラスの3社で行います。

このうちどれかが通ればOKなので、審査会社が1社のみのカーリースに比べると通りやすいといえます。

特にオリコカードはクレジットカードの会社なので、クレジットカードをふつうに作れた人は通る可能性が高いです。

もし審査に落ちてしまったら、車のグレードを落として再度申し込みしてみましょう。

・普通車→軽自動車にする
・新車→中古車にする
・オプションパックを外す

支払総額が減れば減るほど収入要件が下がり、審査に通りやすくなります。

関連記事:車サブスク

タイトルとURLをコピーしました