ココグルメの口コミ評判!食べない?安全性も調査

sponsored link

ココグルメのおすすめポイント

ココグルメおすすめ
「なかなか食べてくれるフードが見つからない・・」

「手作りがいいのはわかってるけど、毎日やるのは大変・・」

健康維持に必要なのは、まず第一にしっかり食べること。

なのに食べてくれない。心配になるし焦りますよね。

いくら手作りが体にいいとわかっていても、ひとつしかない体で毎日用意し続けるのははっきりいって無理。

しかし、そんな悩みを解消できる手作りフードがあります。

それがココグルメです。

ココグルメは栄養学専門の獣医師が作った手作りごはん。

国産食材だけを使って、完璧な栄養バランスで作られた、ヒューマングレードのぜいたくごはんです。

だから毎日安心して食べさせられます。健康維持もバッチリ。

また、食いつきも他のフードとはまったく違います。

「食欲のない老犬がすごい勢いで食べた!」
「あれこれ試してダメだったのにココグルメは全然ちがう
「食べ終わったあとの皿をずっとなめてる

SNSにはこんな口コミがあふれています。

その理由は、新鮮素材の風味を生かす低温製法。

加熱は最低限にとどめて、風味も栄養もそのままで自然なおいしさです。

ただ、いくら食いつきのいいフードとはいえ、犬にはそれぞれ好みがあり、中には食べてくれないワンちゃんもいます。

勇気を出して、決して安くないココグルメを買ってみた結果、「プイッ」とされてしまったら・・・ガッカリですよね。

でも、そんなときでも大丈夫。

ココグルメには、ドッグフードでは非常に珍しい「全額返金保証」がついています。

食べてくれなかったとき、15日以内に申し出れば、商品代金がまるまる戻ってきます。

これなら万が一空振りに終わっても、損しないで済みますね。

累計650万食も売れている大人気フード、ココグルメ!

この機会にぜひ!

ココグルメ公式サイトを見てみる
 

【ココグルメ口コミ】良い評判

良い口コミ

ココグルメの良い口コミ評判を紹介します。

食いつきに関する内容がほとんどです。

好き嫌いの激しい子や高齢犬が食べてくれたという口コミが多いのが印象的でした。

「いつまでもお皿をなめている」という口コミはよく見られました。

よほどおいしいんですね。

ココグルメ公式サイトを見てみる
 

【ココグルメ口コミ】悪い評判

悪い評判

ココグルメの悪い口コミ評判を紹介します。

よく見られた口コミは、

・食べない
・アレルギー症状(赤みや下痢)が出た
・値段が高い

の3つです。

「食べない」はどのドッグフードにもある口コミです。

ココグルメには3種類のお試しセットもあるので食いつきテストをしてみるといいですね。

「アレルギー症状」は下痢のほか、皮膚が痒くなったとの口コミがありました。

飼い主さんは添加物を疑っていましたが、ココグルメの添加物はビタミンとミネラルしかなく、添加物アレルギーの可能性は低いです。

鶏肉、豚肉、野菜などを疑ってみましょう。

「値段が高い」はたしかにそのとおりです。

ウェットフードの中でもかなり高価な部類で、毎日これだけ食べさせるとしたら、3㎏のトイプードルでも月に15,000円ぐらいは必要です。

ちなみに定期便にすると20%OFFになります。

回数縛りはないので、検討の余地ありですね。

ココグルメを食べない

食べない系の口コミは以下の3パターンに分かれました。

・まったく手を付けない
・1回は食べたけど2回目は食べなかった
・この種類だけ食べない

高いお金を払って、まったく食べなかったら悲劇ですね。

しかし珍しいことに、ココグルメには返金保証がついています。

商品到着から15日以内に申し込めば、購入代金を全額返金してもらえます。

これならリスクを下げることができますね。

ココグルメで下痢した

下痢をした理由は、以下の2つに集約されます。

・ふだん食べない子がいきなりたくさん食べた
・アレルゲンが入っていた

これ以外で下痢した口コミはほとんど見当たりませんでした。

これまで少量の食事だったのに、急にどっさり食べたら、さすがに胃腸もびっくりしますよね。

でも、食の細かったワンちゃんがきちんと食べてくれたのは、むしろ歓迎すべきこと。

この場合は下痢したからといって量を控えるのではなく、通常の量に胃腸が慣れるのを待ちたいところです。

逆に、アレルギーに関しては避けなければいけないところです。

ココグルメはぜんぶで3種類あるので、アレルギーのある子に試したい場合は原材料をよく読んでアレルゲンのない種類を選びましょう。

ココグルメ公式サイトを見てみる
 

【ココグルメ口コミ】成分・原材料・安全性

安全性

ココグルメの成分・原材料・安全性について解説します。

ココグルメの安全性

ココグルメの安全性は非常に高いレベルです。

・国産食材のみを使用
・ヒューマングレード
・人間用の工場で製造

と、どこをとっても安心の生産体制。

動物栄養学専門の獣医師とペット栄養管理士が監修

ココグルメは動物栄養学専門の獣医師とペット栄養管理士が監修しています。

それだけに質の高さは折り紙付き。

獣医師:浴本涼子
PYIAペット薬膳国際協会認定ペット薬膳管理士
日本伝統獣医学科医獣医鍼灸学卒後教育初級プログラム終了
「スプーン1杯からはじめる犬の手づくり健康食」という本も出版しています。

ペット栄養管理士:荒木幸子
アメリカにてLVT(動物看護士)免許を取得後、犬猫のホリスティックな代替医療や栄養学について学び、2017年に帰国。
ヤマザキ動物看護大学講師。
犬猫ホリスティック栄養学の会代表。

大学教授:小林泰男(北海道大学動物機能栄養学研究室
消化管に生息する微生物が専門とのこと。

この3名が監修しています。

学校給食を作る工場で調理

ココグルメは国内の学校給食を作る工場で調理しています。

となると食品衛生法の基準を満たす必要があり、ドッグフード工場ではそこまで必要でない、より高度な衛生基準が求められます。

ちなみに食品衛生法は2021年6月に改正され、HACCPに準拠した衛生管理が義務付けられました。

(HACCPとは、食中毒や異物混入を防ぐために作られた国際的な衛生管理手法です。ドッグフードで導入している工場は多くありません)

ということは、ココグルメはHACCPにも準拠していることになり、より信頼性が高まりますね。

参考:函館市-食品衛生法の改正について

異物混入事件

ココグルメには2019年12月に異物混入事件がありました。

幅3㎜程度の透明なストロー状の物体が混じっていたとのこと。

しかし、調査した結果、それは異物ではなく食材の一部であることがわかりました。

鶏のぼんじりの一部である「羽鞘(うしょう)」という軟骨です。

食べられる部位ですし、混じっていてもまったく問題はありません。

しかし、たしかに見た目は細いストローそっくりですし、「プラスチックが混じってる」と思われるのも無理はありません。

そこで、今回のような誤解を招くのを避けるため、今後はぼんじりを使わないようにしたとのこと。

実際は異物ではなかったというのが真相ですが、同じようなことが起こるとイメージダウンになりますから、誤解を受けそうなものは徹底的に避けていくということですね。

参考:ココグルメ公式-異物混入に関する調査結果報告

ココグルメの原材料

ココグルメの原材料を調査しました。

結果、怪しい食材や添加物はありませんでした。

ココグルメ チキン&フレッシュベジタブルの原材料:
鶏肉(むね(皮つき)、ハツ、レバー)、さつまいも、かぼちゃ、にんじん、小松菜、ごま、塩(伯方の塩)、粉末昆布 / ミネラル類(Ca、P、Zn、Cu、Fe、Na)、ビタミン類(C、B3、E、パントテン酸、B2、B6、B1、A、葉酸、D、B12)

上位を占めているのはいずれも食材名。

肉と野菜とビタミンとミネラルだけのシンプルな構成です。

穀類を使わないグレインフリーですね。

塩が入ってるけど大丈夫?

「原材料に塩が入ってるけど大丈夫なの?」

→問題ありません。

たしかに犬は人間に比べて塩分(ナトリウム)の要求量は少ないです。

摂り過ぎたナトリウムは、人間なら汗として排出できるのに対し、犬は汗をかかないため尿からしか排出できません。

そのため、犬の食事には特に塩味の味付けは必要なく、ドッグフードにおいても塩を原材料に含んでいるものは稀です。

しかし、必要量が少ないだけであって、まったく必要ないわけではありません。

添加物はビタミンとミネラルのみ

ココグルメの添加物はビタミンとミネラルのみ。

いちおうこれらの栄養素も添加物としてカウントするので、ココグルメは無添加ではありません。

しかし、人工添加物や香料、着色料は不使用です。

なお、ココグルメに含まれるビタミンEは天然の酸化防止剤の役割も果たす一人二役の存在です。

98℃の低温調理だから栄養や風味が残る

通常のドライフードは200℃近い高温で加工する「エクストルーダー式」というやり方がスタンダードです。

この方法は手間がラクですが、食材が本来持っている風味や栄養素が飛んでしまうため、あとからオイルなどで香りづけをしたり、栄養添加物をたくさん使う必要があります。

しかし、ココグルメは98%の低温調理なので、風味も栄養もそのまま残っています。

味付けはわずかな塩と昆布のみ。これだけで驚くほどの食いつきが実現できます。

ココグルメの成分

ココグルメ チキン&フレッシュベジタブルの成分:
タンパク質12.5%以上
脂質5.8%以上
粗繊維1.3%以下
灰分1.1%以下
水分72.0%以下
カロリー122kcal

タンパク質が突出して多く、炭水化物は少ないです。

主な炭水化物源はさつまいもとカボチャですね。低GIなので腹持ちもよさそうです。

総合栄養食なのでココグルメと水だけで充分な栄養が摂れます。

ココグルメを膵炎の犬に与えても大丈夫?

ココグルメを膵炎の犬に与えるのはおすすめしません。

膵炎になった場合は膵液の分泌を抑えて膵臓を休ませるため、低脂肪食にする必要があります。

しかし、ココグルメの脂質の量は標準よりやや多めで、膵臓に負担がかかります。

そのため膵炎を発症している犬にはココグルメを避けて、膵炎用の低脂肪療法食を与えましょう。

ココグルメ公式サイトを見てみる
 

 
関連記事:ココグルメ膵炎

【ココグルメ口コミ】値段をAmazon・楽天・公式で比較!最安値はどこ?

最安値

「ココグルメ高い!どこで買うと一番安いの?」

ということで値段を調査しました。

結果は「公式サイトの定期便」が最安値です。

0.3kg 0.8kg 1.6kg 定期1.6kg
amazon 2,860円 4,378円 7,282円
楽天 2,860円 7,780円
Yahooショッピング 2,860円 4,378円 7,340円
公式サイト 2,728円 4,378円 7,282円 5,995円

(すべて送料込み価格)

このとおり、公式定期便以外の選択肢はすべてかなりの損です。

送料は1回あたり全国一律で880円です。

「○○円以上の購入で送料無料」というのはありません。

それにしても高いですね。

たとえば体重3kgのトイプードルなら1日あたり100g程度食べます。

0.3㎏のセットなら3日しかもちません。

0.3㎏のセットだと、1日あたり909円です。コンビニ弁当よりよほど高いですね。

しかし、1.6㎏の定期便を利用すると、1日あたり374円まで下げられます。

実質59%OFFです。コスパが違い過ぎてびっくりしますね。

定期便は回数縛りもなく、初回だけで解約できるので、様子見のつもりでも最初から定期便で申し込んでおいたほうがオトクですね。

しかも、このページから申し込むと全額返金保証つきです。

ココグルメ公式サイトを見てみる
 

 

ココグルメ定期便で初回70%OFF

ココグルメの公式サイトを見ていると、ときどき980円でお試しできるポップアップが出現します。

0.3㎏のお試しセットを70%OFFで入手できるので、もし出現したら逃さず検討してみてください。

ココグルメの解約方法

解約

「ココグルメの定期便が最安値なのはわかったけど、定期便ってすぐ解約できるの?」

すぐさま解約に注目したのなら、目の付け所がいいですね。

そう、解約条項は注文前に確認すべき必須事項。

解約条件をよく読まないまま申し込んで、「実は3回縛りでした。合計1万円です」なんて言われたらたまりませんよね。

でも安心してください。ココグルメの定期便はすぐに解約できます。

○解約可能期間

次回配送日の7日前(注文確定日)まで

なお、初回だけは注文した時点で注文確定となるので、申し込み完了後の解約やキャンセルはできません。

○解約時の連絡先

カスタマーサポートセンター
電話:03-5422-3056 営業時間10:00~16:00 (土・日・祝を除く)
メール:support@coco-gourmet.com

メールがあるので安心ですね。

悪質な会社だと、電話しか解約方法がない上に、かけてもなかなかつながらなかったり、しつこく引き留められたりします。

でもココグルメに限らずドッグフード界隈ではそのような悪質な会社はありません。

気が向いたときにあっさり解約できます。

休止や変更はマイページからできます。

ココグルメの返金保証

ココグルメにはなんと全額返金保証制度があります。

返金保証をつけているドッグフードは大変珍しいです。

○返金理由
「ココグルメを食べなかった場合」のみ対象です。

○返金保証期間
商品到着後15日以内

○手続き

1.ココグルメの返金保証申請フォームから申し込む

2.ココグルメのパッケージを返送する
中身はすべて捨て、パッケージだけを返送します。
残ったパッケージすべてです。
16袋セットだと半分の8袋以上を返送しましょう。
ふつうの郵便封筒でOK。

返送先:
〒153-0061
東京都目黒区中目黒3丁目5-5 NFビル6階
株式会社バイオフィリア
ココグルメお客様サポート係

3.入金指定口座を連絡
パッケージ返送後、ココグルメの会社から専用の入力フォームのURLが送られてくるので、口座情報を入力します。
期限は1週間以内。

4.返金される
支払方法によって返金方法が異なります。

ココグルメ公式サイトを見てみる
 

 

【ココグルメ口コミ】給餌量

量

ココグルメの給餌量は公式サイトで計算できます。

・体重
・年齢
・避妊・去勢の有無
・1日の食事回数
・運動量
・体型
・ココグルメの種類
・ココグルメを食べる頻度

の8項目を入力するだけで、自動的に1食あたりの量とカロリーを算出してくれます。

例:3歳 オス 体重3㎏ 去勢済 1日2食 運動量はふつう 体型は理想体型 ポーク 毎日食べる

→「1食あたり70-88g」と算出されました。

1袋が100gなので、2日で3袋食べる計算ですね。

ココグルメの賞味期限・保存方法

ココグルメの賞味期限は未開封の場合、冷凍で1年、冷蔵で7日です。

開封後は冷蔵保存で2~3日といったところですね。

もちろん早いにこしたことはありません。

通常のお料理を冷蔵庫でどれくらい保存できるか想像してみましょう。

保存方法は冷凍が基本です。

冷蔵だと1週間しかもたないので、主食にして1週間で食べきるつもりならまだしも、ドライフードのトッピングとして少量ずつ使っていく場合は1週間ではなかなか使い切れません。

お高いフードなので、最後まで使い切るために、商品が届いたら翌日食べる分以外はすべて冷凍庫に入れましょう。

ココグルメの解凍方法

ココグルメの解凍方法は、食べさせる前日に冷凍庫から冷蔵庫に移して自然解凍です。

自然解凍させる時間がない場合は、湯煎やレンチンでも構いません。

湯煎する場合は1~2分で完全に解凍されます。

レンチンは500wで30~60秒が目安です。

いずれにせよ、お皿に移した時点でよくまぜ、常温にしてから与えましょう。

湯煎も電子レンジも加熱ムラがあると、熱々の部分とまだ半分凍っている部分が混在している場合があります。

そんな状態で愛犬に食べさせたら、火傷してしまいます。

よく混ぜることで均一な温度になるので、必ず行いましょう。

1袋あたり100gの小分け包装になっているので、超小型犬でも2日以内に無理なく食べきれるサイズです。

【ココグルメ口コミ】メリット・デメリット

ポメラニアン

ココグルメのメリット:
・手作り食
・低温製法で食材の風味や栄養が生きている
・栄養学専門獣医師監修
・すべて国産食材
・高タンパク
・食いつきが良い
・返金保証あり

最後の返金保証は他のドッグフードにはない大きなメリットですね。

「おいしくなかったら返金します」は人間の食品の通販でもなかなかありませんよね。

よほど食いつきに自信があると見えます。

ココグルメのデメリット:
・値段が高い
・常温保存できない
・ダイエットには向いていない

ココグルメは良い食材を使って手間暇かけて作っているので、そのぶん高いのは仕方ありません。

ドッグフードに月1万円以上かけられない人にはキツイ負担です。

また、保存に冷蔵庫が必要な点で嫌がる人もいます。

ドッグフードを人間の食事と同じ冷蔵庫で保存することに抵抗を覚える飼い主さんもいるようです。

【ココグルメ口コミ】おすすめする人・しない人

トイプードル

ココグルメをおすすめする人:
・食べムラがあり困っている
・食欲のない老犬が心配
・値段より品質重視
ココグルメをおすすめしない人:
・ドッグフードに月1万円以上出せない
・冷蔵庫にドッグフードを入れるのは抵抗がある
・ドライフードをふつうに好き嫌いせず食べる

ココグルメは高品質かつ高価格のフードです。

普段のドライフードで何も不自由していない人はあえて手を出す必要はありません。

ウェットフードにすっかり慣れてしまったワンちゃんがドライフードを食べなくなってしまった事例はよくあります。

ウェットフードを常食にするのは、お金または時間がたくさんある人以外にはおすすめできません。

そういう意味で、万人におすすめできるとはいいがたいです。

しかし、「愛犬が思うように食べてくれない」という人には、救世主になるかもしれないフードです。

ちょっと匂いを嗅ぐだけで口をつけてくれなかったワンちゃんが、嘘みたいにガツガツ食べている姿を見たいなら、ココグルメを強くおすすめします。

ココグルメ公式サイトを見てみる
 

 

【ココグルメ口コミ】種類・特徴

特徴

株式会社バイオフィリアが提供するココグルメは「一生の健康と幸せをかなえるご飯」という意味の「ライフディッシュ」というコンセプトを打ち出しています。

ココグルメが誕生したのは2019年6月。

それから毎年右肩上がりに会員数を伸ばし、わずか3年後の2022年6月時点で会員数は74,000人、継続率95%と飛ぶ鳥を落とす勢いです。

2021年4月にすべて国産食材にリニューアルし、2022年3月にはフィッシュのラインナップも投入。

どんどんニーズに応えられる商品にブラッシュアップされてきています。

2022年7月現在、ココグルメには3種類のラインナップがあります。

それぞれを順に解説します。

ココグルメ チキン&ベジタブル

「チキン&ベジタブル」はココグルメが初めての人におすすめです。

高タンパク低カロリーな鶏むね肉と、鉄分豊富な鶏レバーをメインに、サツマイモ、カボチャ、人参、小松菜の4種類の野菜を使用したバランス栄養食です。

サツマイモは炭水化物と食物繊維が豊富。ふかしたお芋が好きなワンちゃんは多く、食いつきUPに一役買っています。

カボチャはβカロテン、リノール酸、各種ビタミンが豊富です。中でもリノール酸は体内で生成できない必須脂肪酸の1つ、オメガ6脂肪酸で健康サポートに役立ちます。

ニンジンにもカボチャと同様βカロテンが含まれるほか、カリウムも豊富。

小松菜はカルシウム・鉄・カリウム・ビタミンC・ビタミンEが豊富。

緑黄色野菜をふんだんに使っていて、見た目にも彩があります。

一般的なドライフードと比較すると高カロリー・高タンパク・高脂質です。

ココグルメ ポーク&ブロッコリー

ポーク&ブロッコリーは豚肉ベースの構成で、豚肉はもも・レバー・ハツ・肩・肩ロースの5種類の部位を使用しています。

豚肉にはタンパク質はもとよりビタミンB1(糖質をエネルギーに変換する)、ビタミンB12(ヘモグロビンを作る)、ナイアシン(皮膚や消化器の健康サポート)、鉄分を多く含みます。

ブロッコリーはビタミンC、ビタミンE、葉酸、カリウム、スルフォラファンが豊富。トッピングの材料としてもよく使われますね。

他にもさつまいもとかぼちゃが使われていて、肉と野菜たっぷりの構成です。

100g当たりのカロリーは144kcalとかなり高カロリー。

タンパク質や脂質の量はココグルメの中で最も多く、老犬など小食で痩せていて栄養をつけさせたいワンちゃんにおすすめです。

ココグルメ フィッシュ&パンプキン

フィッシュ&パンプキンは2022年3月からラインナップに加わった後発メニューです。

その特徴は他の2つと比べて低カロリーであること。

カロリー・タンパク質・脂質とも低めに設定されていて、ダイエット中のワンちゃんにおすすめです。

もちろん各種栄養素が少なすぎるということはありません。あくまでAAFCOの定める総合栄養食の範囲に収まっていて、十分な栄養が摂れます。

フィッシュは白身魚のマダラを使用。高タンパク低脂肪でしっとりしています。

かぼちゃはほかの2種類にも含まれていますが、もっとも含有量が多いです。

他にもブロッコリー・トマト・じゃがいも・りんごを使用。

トマトはカロテノイドの一種であるリコピンを多く含みます。ビタミンEの100倍以上の抗酸化作用があり、健康・美容に欠かせません。

ほぐしてみると野菜の形が残っているのが見た目にもわかります。

魚がたくさん使われているので、魚が苦手なワンちゃんにはやめておきましょう。

【ココグルメ口コミ】ペトコトとの違い

「ココグルメとペトコトの違いってなに?」

という人のために違いをまとめました。

ココグルメ ペトコト
値段 16パック(1.6㎏)6,402円
12パック(1.8㎏)5,280円
キロ単価 4,001円 2,933円
原材料 国産鶏肉(むね(皮つき)、ハツ、レバー)、国産さつまいも、国産かぼちゃ、国産にんじん、国産小松菜、すりごま(国内製造)、塩(国内製造)、粉末昆布(国内製造)/ミネラル類(Ca、P、Zn、Cu、Fe、Na)、ビタミン類(C、B3、E、パントテン酸、B2、B6、B1、A、葉酸、D、B12)
牛肉、かぼちゃ、卵、白米、にんじん、小松菜、フィッシュオイル、亜麻仁オイル、すりごま、ミネラル類(カルシウム、リン、ナトリウム、マグネシウム、カリウム、鉄、亜鉛、銅、ヨウ素、セレン、コリン)、ビタミン類(B1、B2、B12、C、D、E、葉酸、パントテン酸)
成分 タンパク質 13.2%以上
脂質 6.0%以上
粗繊維 1.2%以下
灰分 1.4%以下
水分 72.0%以下
100gあたり 124kcal
たんぱく質 8.5%以上
脂質 5.5%以上
粗繊維 1.0%以下
灰分 3.0%以下
100gあたり 150kcal
種類 3種類(チキン・ポーク・フィッシュ)
4種類(ビーフ・チキン・ポーク・フィッシュ)
生産国 日本 日本
ヒューマングレード
添加物 ビタミンとミネラルのみ
ビタミンとミネラルのみ
グレインフリー
総合栄養食
獣医師監修
継続率 95% 93%
賞味期限(冷凍) 12ヶ月 10ヶ月
賞味期限(冷蔵) 7日 4日
返金保証

まず値段。ペトコトのほうが安いです。

ただしペトコトは最低単位が12パックなのに対し、ココグルメは3パックのお試しセットがあります。

栄養素に関しては、ココグルメのほうが低カロリーです。というよりペトコトのカロリーが高すぎです。

ペトコトを健康なワンちゃんに食べさせるとすぐ太ります。老犬ならいいでしょうけど、食べムラのある成犬に食べさせるならココグルメのほうがおすすめです。標準体重以上に太るメリットは1つもありません。

あとアレルギーに関しては、ココグルメは動物性たんぱく質源は1種類なのに対し、ペトコトは主食材+卵の2種類です。

卵アレルギーのワンちゃんにはペトコトは避けましょう。

他の点はだいたい同じなので、値段・カロリー・アレルギーの観点で選びましょう。

【ココグルメ口コミ】まとめ

ココグルメは新鮮な国産食材のみを使用した手作りご飯です。

学校給食を作る人間用の工場で作っているので、生産体制の安全性は非常に高いレベル。

また、低温調理なので食材の旨味や栄養がそのまま生きています。

口コミの特徴は「老犬」や「あまり食べてくれない犬」が食べてくれたというもの。

良いものを使っているだけあって、たしかに値段は高いです。

しかし、食べない愛犬の健康状態が不安な飼い主さんには、まさに救世主になるフードです。

まるまる置き換えると毎月の出費が大変ですが、トッピングにするだけなら量も出費も抑えられます。

しばらく見ていなかった、ガツガツ食べる姿、見てみたくはありませんか。

ココグルメ公式サイトを見てみる
 

 

タイトルとURLをコピーしました