シニア犬ドッグフードのおすすめランキングと選び方

臭い

シニア犬ドッグフードの選び方

私たち人間と同じように、ペットもまた歳を重ねていきます。

一般的に、犬は7歳ごろからシニア犬として認識されるのですが、体が衰えているシニア犬にとって食事もまた今までと同じようにはいきません。

人間は自ら食事を選ぶことができますが、ペットは与えられたものしか食べられないのです。

世の中には、病院で薦められているフードを主に購入している飼い主もいます。

しかし、多くの飼い主は市販のドッグフードを与えていると思われます。

特に、初めて犬を飼っている方にとっては、どんなものを買えばいいかお悩みではないでしょうか。

ドッグフードは毎日食べるものです。

与えるものを間違えてしまうと、健康を害してしまう恐れがあります。

この記事では、シニア犬のドッグフードで気を付けたいポイントについてご紹介します。

愛犬の健康を守ることで、末永いワンちゃんライフを楽しみましょう。

すぐにシニア犬におすすめのドッグフードランキングをみる

選び方①低カロリー

犬は高齢になってくると、活動量が減ってきます。

「7歳過ぎてもうちのワンちゃんは元気!」なんてご家庭もあると思いますが、基本的には、お散歩をする時間が減ったり、家の中でも寝る時間が増えてくるものです。

たくさん動き回っていた若いころよりも必要カロリーが少なくなると、今までと同じように食事を与えてしまった場合、肥満のリスクが高まってしまいます。

体重過多になると、心臓、呼吸器、皮膚、関節などの疾患を悪化させる恐れがあります。

しかし、単純にカロリーの低い食事を与えればよいというわけではありません。

脂肪分の少ない食事ばかりを与えてしまうと、肌のカサつきや抜け毛の原因にもつながってしまいます。

また、糖分の多い果物や、塩分の多い人間の食事は、なるべく与えないようにしましょう。

選び方②消化に良い

シニア犬は、少しずつ臓器の老化も始まっています。

胃腸はもちろんのこと、肝臓や膵臓の機能の低下は、食べ物を体内で分解する酵素の分泌が減少してしまいます。

ここで気を付けなくてはならないのが、分解しにくいタンパク質や脂質、化学合成物質が含まれているドッグフードです。

消化器に負担をかけるような食事を与えてしまうと、下痢や便秘になりがちです。

では、どんなドッグフードが消化によいのでしょうか。

主に、肉や魚などの脂肪分の少ない食材や、繊維量の多いもの、消化しやすくなる酵素や乳酸菌が含まれているものがよいとされています。

ただし、極端にタンパク質の低い食事ばかりだと、筋力の低下に関わります。

筋力が落ちると、老化が加速する原因にもなりますので、ご家庭のワンちゃんの運動量に合わせることもまた重要です。

参考文献 松波動物病院メディカルセンター-高齢犬について

選び方③無添加

私たち人間は、食品を選ぶときに添加物の有無は気にしますよね。

ドッグフードにも、もちろん添加物は存在します。

実は、ペット用食品の添加物の中には、人間の食品に禁止されているものが含まれていたりします。

人間も犬も種別は違えど同じ生き物なので、なるべく無添加のものを心がけたいものです。

特に、シニア犬は体調を崩しやすいので注意しましょう。

人間は食事をする際に見た目を気にするので、着色料は当たり前のように使われております。

しかし、犬は人間ほど色の識別能力が高くないので、着色料は必要ありません。

保存料や酸化防止剤も、犬の健康を気にするのであれば、含まれていない方が好ましいです。

とはいえ、保存料や酸化防止剤が含まれていないドッグフードは傷みやすいので、こまめに買い換えなくてはなりません。

また、完全に無添加なドッグフードを選ぶのは難しいと思いますので、その際は天然添加物を使用したドッグフードもオススメです。

選び方④健康状態に合った形状・硬さ(ドライ・セミモイスト・ウェット)

ドライ・セミモイスト・ウェット

ドッグフードは、大きく分けると以下の3種類になります。

それぞれに長所や短所がありますので、愛犬の健康や歯の状態に合ったものを選びましょう。

ドライフードは、最もポピュラーなドッグフードです。

水分が抑えられているので栄養価が高く、開封後の賞味期限が長いのが特徴です。

小粒のものが多く、べたつきにくいので、与える量を調整しやすいのも便利です。

短所は、基本的に硬いため噛む力が弱い犬やシニア犬が食べにくくなってしまう点です。

セミモイストは、半生状態のドッグフードです。

特徴はドライフードよりも大粒のものが多く、それぞれ形が整っています。

柔らかく匂いも強いので、犬の食欲が高まりやすくなっています。

短所は、加熱処理を行っていないので長期保存ができないため、保存料などの添加物が含まれているものが多いことです。

また、脂質もドライフードより多いので与えすぎると肥満の恐れもあります。

ウェットフードは、とても柔らかいので、噛む力が弱い子犬や、シニア犬でも食べやすくなっています。

また、ドライフードよりも低脂肪・低カロリーのものが多いので、肥満対策にもなります。

短所は、生の状態に限りなく近いので、開封後の賞味期限が短いことです。

また、匂いが強いためにウェットフードに慣れさせてしまうと、匂いの少ないドライフードを食べなくなってしまう恐れがあります。

選び方⑤対象年齢に合ったフード

シニア期が過ぎ、13歳以上のなった犬は、ハイシニア犬や老犬として扱われます。

ハイシニア犬の食事は、シニア犬以上に気を遣わなくてはなりません。

運動量や基礎代謝が落ちてくるので、低カロリーはもちろんのこと、ミネラルバランスが重要です。

特に、カルシウムとリンの摂取バランスは欠かせないので、適量の野菜、果物、海藻類を混ぜましょう。

犬は体重を支えるために前足に負荷をかけるのですが、年を重ねてくると後足が弱くなりがちです。

さらに、関節も硬くなることから、曲げ伸ばしが自由にできなくなり、運動器症候群の恐れも高まります。

関節の健康維持にはコラーゲン、グルコサミン、コンドロイチンがよいとされています。

これらが含まれるペットフードを選ぶことや、サプリメントによる栄養補助を心がけましょう。

歯がなくなってきた犬には、ふやかしたドッグフードか、半生タイプのものを与えましょう。

参考文献 キュティア老犬クリニック-シニア犬・老犬のフード

選び方⑥グレインフリーかどうかは関係ない

グレインとは穀類を表した言葉で、グレインフリーは、原材料に穀類全般を使用していないことを意味しています。

穀類に含まれる栄養素の多くはデンプンです。

デンプンは、多くの動物にとって消化が悪いものだと認識されています。

そもそも、犬は穀類を食べてこなかった生き物なので、与えてはいけないと思っている方もいるようです。

しかし、犬が穀類を食べなかった理由は炭水化物をそのままの状態では消化できないからなのです。

加熱や加工により消化性を上げることで、犬も穀類を体内で消化することが可能になります。

ドッグフードの原材料に使用されている穀類は、炭水化物の消化性を考慮して加熱調理されているため、犬に与えても問題ありません。

つまり、ドッグフードがグレインフリーかどうかは関係ないのです。

選び方⑦病気があればそれに合ったフードを

犬も生き物ですから、病気にかかることがあります。

愛犬が病気にある場合は、病気に適したフード選びを行いましょう。

犬の持病として比較的多いものが、腎臓病、膵炎、虫歯です。

腎臓病の症状は、体に必要な水分を再吸収できなくなったり、老廃物を排泄できなかったりと、腎臓が本来の働きを行えなくなるものです。

15歳以上のシニア犬は、10歳の犬と比べて腎臓病のリスクが2倍以上に上昇するといわれています。

腎臓病の犬に食事を与える際は、タンパク質の制限やリンの摂取などを心がけましょう。

膵炎は、活性化した膵液が膵臓自体を消化することで炎症を起こす病気です。

主に、高齢のメスに多いといわれています。

膵炎の食事管理には、低脂肪かつ良質脂肪、低糖質、高消化性タンパク質、腸の健康という4ポイントがあります。

手作り食では、鶏のササミやイモ類を中心につくることがよいとされています。

虫歯は、歯に残った食べ残しなどが原因で発生します。

虫歯になってしまった犬は、歯の痛みにより、硬いドッグフードや冷たいものが食べづらくなってしまいます。

食事を与える際は、柔らかいタイプのものを心がけ、水分補給にはぬるま湯がオススメとなっております。

シニア犬ドッグフードおすすめランキング

ランキング
シニア犬におすすめのドッグフードをランキング形式で紹介します。

このこのごはん

このこのごはん

このこのごはんはシニア犬の中でも特にトイプードルやチワワなどの小型犬におすすめのドッグフードです。

運動量の少ない室内飼いを想定し、脂肪分の少ないささみを主原料に使用。

おかげで脂質の割合は8%台と低く、低カロリーで消化に優しい構成になっています。

安全性は図抜けて高く、国産かつGMP・ISO22005・HACCP認定工場で生産しています。ドッグフードというよりもはや人間の高級レストランで出てきてもおかしくないレベルの管理体制です。

ビタミンとミネラル以外の添加物は一切不使用。小麦を使用しないグルテンフリーなので小麦アレルギーも安心。

良質なタンパク質を使い、余計な添加物を使用しないことで、涙やけケアも期待できます。

鰹節を使用しているため、やさしいお出汁の自然な香りが食欲をそそります。

Amazonや楽天のレビューをみても、「高齢でカリカリを食べなくなってたけど、このこのごはんは食べた!」というコメントが散見されます。

このこのごはん公式サイトをみてみる
 

 
関連記事:このこのごはん口コミ

ナチュロル

ナチュロル

ナチュロルは数少ない「無添加」かつ「国産」のプレミアムドッグフードです。

脂肪が少なめなわりにカロリーが400kcalと高いので、少量でもエネルギー補給ができます。

高齢で食欲が落ちて痩せ気味なワンちゃんにおすすめです。

生肉比率55%でお肉たっぷり。牛肉・馬肉・鶏肉・魚と4種類ものタンパク質を使用していて、アミノ酸バランスはばっちり。

ヒューマングレードかつ無添加なので敏感なワンちゃんにも安心して食べさせられます。グレインフリーなので小麦アレルギーでも大丈夫。

ただし牛肉や鶏肉アレルギーのワンちゃんは避けましょう。

定期購入の初回のみ30g100円でお試しできます。食いつきのテストにちょうどいいですね。

ナチュロル公式サイトをみてみる


関連記事:ナチュロル口コミ

アランズナチュラルドッグフード

アランズナチュラルドッグフードは自然素材にこだわった無添加ドッグフードです。

添加物が気になる方におすすめです。

主原料は高タンパク低脂肪でアレルギーの原因になりにくいグラスフェッドラム。

このラムをメインとして、たった9種類しか使ってません。

というのも、自然の食事をできる限り忠実に再現する「自然給餌(ナチュラルフィーディング)」の考えをもとに、安心安全にこだわって生産しているからです。

FEDIAF基準をクリアしたイギリスのペットフード専門工場で作られているので、衛生管理は信頼できますね。

公式サイトの定期便を使えば、1個ずつでも10%OFF、まとめ買いで最大20%OFFで購入できてオトクです。

アランズナチュラル公式サイトをみてみる



関連記事:アランズナチュラルドッグフード口コミ

ヤムヤムヤム

ヤムヤムヤムはGREEN DOGが開発したプレミアムドッグフードです。

ジューシーな若鳥をベースに国産食材を使用し、合成添加物は不使用。

人間用の工場で人間用の食材を使う、ヒューマングレードの生産体制です。

鰹節・しいたけ・こんぶのうまみ成分たっぷりで、ノンオイルコーティングでもいいにおい。

その味わいはミシュラン1つ星のシェフに「ドッグフード感がない。未来の食べ物みたい」と言わせるほど。

また大きな特徴として、通常のドライフードとは別に、やわらかドライタイプがあります。

やわらかドライタイプなら水分を含んでしっとりソフトな食感なので、歯が弱ってカリカリが硬くて噛みづらくなってきた老犬でも無理なく食べられます。

公式サイトなら、ドライタイプとやわらかドライタイプの2袋がなんと44%OFFで購入できます(1人1回限り)。なお定期購入ではなく買い切りです。

Yum Yum Yum!(ヤムヤムヤム)公式サイトをみてみる

カナガン

カナガン2

カナガンは「驚きの食いつき」がウリの、イギリス生まれの高品質ドッグフードです。

高品質な放し飼いチキンを50%以上使用していて、高タンパク。

チキングレイビーの香りが食欲をそそり、食欲の落ちたワンちゃんでも飛んできます。

FEDIAF基準をクリアしたヒューマングレードの工場で作られているため、衛生管理はバッチリ。

原材料トラッキングができるので素性のわからない素材が使われる心配もありません。

グレインフリーなので穀物は使っておらず、低GIのさつまいもを使用。ゆっくり消化されて腹持ちが良いのでおやつの回数を減らせます。

真ん中に穴をあけたドーナツ状で、歯をひっかけて砕きやすい形をしています。

最安値は公式サイト。定期便にすることで最大20%OFFとなりオトクです。

カナガン公式サイトをみてみる
 

 
関連記事:カナガン口コミ

和漢みらいのドッグフード シニアサポート

和漢みらいのドッグフードは製薬会社が作った高性能フードです。

脂肪の少ない鹿肉と魚をベースとし、アガリクスや冬虫夏草と、ウコンなど高栄養価の和漢食材に加え、ファイトケミカルを豊富に含む野菜を取り入れています。

それらを低温調理で製造しているため、食材の旨味や栄養が損なわれることなく摂取できます。

高齢になると消化力や歯が弱ってきますが、和漢みらいのドッグフードは漢方発酵フードによる腸活と、食べる歯磨き粉末「マウスクリーンパウダー」による口腔ケアが同時にでき、痒い所に手が届く設計になっています。

栄養配分は高齢犬に必要な中タンパク・中カロリー・低脂肪に仕上げています。

みらいのドッグフード公式サイトをみてみる

UMAKA

UMAKA

UMAKAは「ヒューマングレードを超える品質」がウリの国産ドッグフードです。

水炊き料亭「博多華味鳥」で使用しているのと同じ九州産華味鳥を100%使用した贅沢仕様。

それ以外の食材も国産メインの構成で、消化に負担となる食材は一切使っていません。

足腰が弱りがちな高齢犬のために、グルコサミンとコンドロイチンを配合。元気に走り回れる毎日をサポートしてくれます。

シンプルな構成なのでトッピングも自在。

添加物はビタミンとミネラルだけ。香料・着色料・保存料・酸化防止剤は一切使っていません。

GMP・ISO22005・HACCP認証の食品工場で生産しているため、生産管理は高いレベルで安定しています。

値段はお高いですが、定期便なら初回のみ40%OFFで購入できます。

2回目以降も10%OFF。

初回のみで解約可能なので、お試しでとってみてもいいですね。

UMAKA公式サイトをみてみる


関連記事:うまかドッグフード口コミ

シニア犬ドッグフードへの切り替え時期はいつから?→7歳から

最近のドッグフードは年齢ごとにパッケージがわかれていることがあります。

ただ、中にはシニア犬用とだけ表示されているものも存在します。

その場合は、何歳ごろから与えてよいのかわかりづらいですよね。

一般的に、犬は7歳ごろからシニア犬として扱われます。

多くのシニア犬ドッグフードがそのくらいのタイミングを意識して作っていますので、7歳からでよいでしょう。

もちろん、犬の種類や成長具合によって個体差はあります。

運動量が多く、あまり衰えていないのにシニア犬用のものを与えてしまうと、逆に健康を損ねてしまう可能性があります。

かかりつけの獣医に相談したりすることも重要ですが、愛犬と一緒にいる時間が長いのは、飼い主自身です。

愛犬の変化を見逃さないように、普段からスキンシップすることもまた大切なことです。

切り替え方法は10日ほどかけて徐々に慣らしていく

いざシニア犬用のドッグフードに切り替えようとしても、突然ご飯を変えられてしまったら、愛犬は戸惑ってしまいます。

特に、警戒心の強い性格だったら、食べてくれないこともおおいに有り得ます。

また、食べてくれたとしても、一度で切り替えてしまうと消化機能への負担になってしまう恐れがあります。

切り替え方としては、今まで食べていたものに少しずつ混ぜていって、徐々に慣れさせていくことがよいとされています。

最初は1割ほどから様子を見て、2日は2割程度、3日は3割程度といったように、10日くらいを目途に段階的に増やしていきましょう。

愛犬の食後は、飼い主がきちんとお皿を確認して、きちんと最後まで食べきっているか調べることも重要です。

シニア犬がドッグフードを食べない原因と対処法

シニア犬ドッグフードに切り替えても、食べてくれなかったら困ってしまいますよね。

だからといって、今までのドッグフードに戻してしまっては意味がありません。

ここは一度、原因を探るところから始めてみましょう。

犬は元々警戒心が強い生き物なので、自らの体の危険に関わる食には敏感なところがあります。

しかし、基本的には長年連れ添った飼い主を愛犬は信用しているはずですから、よっぽどのことがない限りは食べてくれるはずです。

主な原因としては、歯が弱っていて食べるのがつらかったりする場合や、ただ単に好みに合わないだけという可能性もあります。

愛犬が新しいドッグフードを食べないときは、下記に挙げた3つの方法を試してみましょう。

対処法①シニア犬フードをふやかす

まずは、ドッグフードをふやかしてみてはいかがでしょうか。

愛犬を子犬から迎えた方にはお馴染みの方法ですよね。

ドッグフードはドライフード状のものが一般的なので硬めにできていて、歯の力が弱い犬には食べづらいことがあります。

ふやけたドッグフードは、匂いも強くなるので食欲も高まりますし、歯の力が弱くても食べられますのでオススメの方法です。

また、ふやかすことで消化しやすくなるので、機能が低下しているシニア犬にはうってつけです。

30~40度のぬるま湯を入れた後に10分ほど置いてふやかす方法や、耐熱容器に入れたフードに水を入れて電子レンジで温める方法があります。

火傷の危険があるので、どの方法もワンちゃんが食べる直前には、飼い主による温度確認が必要です。

関連記事:ドッグフードのふやかし方

対処法②トッピングしてみる

愛犬にお薬を与えるときは、チーズなどの好物と一緒にあげたりしますよね。

それと同じ考え方で、ドッグフードを食べないときは、ワンちゃんの好きなオヤツをトッピングしてみるのも良い方法です。

好きなオヤツなどを混ぜてしまえば、ついでにドッグフードも食べてくれるかもしれません。

ドッグフードだけでは足りない栄養素を、トッピングで補うこともできます。

犬に与えてはいけないものでなければ、お肉、野菜など何でもOKです。

トッピングの方法がわからない方は、インターネットなどでオリジナルレシピなども公開されているので、参考にしてみましょう。

もっと簡単な方法だと、最近では犬用のふりかけなんて物も販売されていますので、ぜひお試しください。

対処法③ドッグフードを替える

ドッグフードを食べない理由のひとつとして、単純に好みが合わないのかもしれません。

愛犬が匂いだけかいでそっぽを向いたり、少しだけ食べてどこかへ行ってしまう場合は、可能性大です。

人間に好き嫌いがあるように、犬にもまた好き嫌いがあるのです。

ふやかしたり、トッピングしてもダメだった場合は、無理に食べさせようとせずに諦めて、別のものを選ぶのもひとつの手段といえるでしょう。

最初に選んだドッグフードがダメでも、シニア犬向けのドッグフードは数多くありますのでご安心ください。

大容量のものを買って使わずじまいではもったいないので、1食分のお試しパックがある商品を利用して、ご自分の愛犬にあったドッグフードを探してみましょう。

シニア犬におすすめのドッグフードランキングに戻る

タイトルとURLをコピーしました