犬のクッシング症候群で食べてはいけないものは?食事と治療について解説

子犬 犬の豆知識
sponsored link

犬のクッシング症候群で食べてはいけないもの

クッシング症候群の犬は高血糖になりやすいため、糖尿病を併発することが多いものです。

そこで大切なのは、食べ物で血糖値をコントロールすることです。

そのためには、糖質で消化しやすい炭水化物を多く与えないように注意することが必要です。

とくに血糖値の上がりやすいブドウ糖や砂糖などを含むお菓子やスイーツ、炭水化物の多いとうもろこしや小麦を主体としたドッグフードは望ましくありません。

食物繊維は糖の吸収を防ぐ働きがありますが、緑黄色野菜などの繊維質は腸などに負担がかかることもありますので避けた方がよいでしょう。

またGI値の高い食品を食べると、人間と同様に犬も血糖値が急激に上がりますので与えないようにしましょう。

GI値や、低GIのフードについては、後ほど詳しくご紹介します。

犬のクッシング症候群の食事療法

犬のクッシング症候群の治療は薬剤によるものが一般的ですが、この病気への対策の重要な鍵を握るのが食事療法です。

クッシング症候群の犬のほとんどは、「高血糖」や「脂質代謝の異常」や「タンパク質の不足」のほか「腸内環境の乱れによる免疫力の低下」などの栄養代謝のトラブルを抱えています。

これらのトラブルは、クッシング症候群の犬の体にさらなる悪い影響を及ぼしかねません。

そこで食事療法を行うことによって、このような犬の体にかかる、さまざまな負担を軽くすることができるのです。

とくに併発することの多い糖尿病の犬には、食事療法で血糖値をコントロールすることが重要といえるでしょう。

次は、上に述べた症状別の食事療法についてご紹介していきます。

血糖値が上がりにくい低GI

近年耳にすることの多い「GI」ですが、「GI」の意味をご存知でしょうか。

「GI」とは、食後に吸収される糖質の度合いを示す指標のことです。

「GI値」は食後2時間までの血液中の糖濃度を計った数値で、「高GI」の食品とは糖質の吸収の早いもの、「低GI」の食品とは吸収が穏やかなものを指します。

では、「低カロリー」と「低GI」との違いとは何なのでしょうか。

「低カロリー」とは「摂取カロリーが低い食べ物」のことですが、「低GI」とは「糖質を含んでいるが血糖値を上げにくい食べ物」という相違点があります。

また、一般的に食後の血糖値が上がりやすいのは炭水化物といわれています。

しかし、同じ炭水化物でも食べたあと急激に血糖値が上昇するものと、血糖値が上がりにくい「低GI」のものと違いがあるのです。

炭水化物は大切な栄養素のため、「低GI」の炭水化物を含むフードは病気の犬にとって重要な役割を持つといえるでしょう。

良質な低脂肪

クッシング症候群の犬の多くは脂質代謝に異常があり、中性脂肪やコレステロールの数値が高くなることがあります。

このような症状には、フードなどの食べ物を低脂肪にすることがもっとも重要といえるでしょう。

しかし、食事を低脂肪にするだけでは十分な対策とはいえません。

さらに留意すべき2つのポイントは「脂肪の質」と「脂肪の酸化防止」です。

良質な脂肪は脂質代謝異常のケアに役立ちますし、脂肪の酸化を招く加熱や長期の保管を避けることによって、この疾患のさらなる健康被害から回避させることができます。

適度なタンパク質

クッシング症候群の犬には、体内のタンパク質を分解して利用するという異常な現象が起こります。

その結果、慢性的にタンパク質が不足し、筋力の低下や脱毛などの症状が出現することもあります。

そのため、この病気の犬には足りない分を補える量のタンパク質を与えなければなりません。

ただし、与えるタンパク質の量には注意が必要です。

糖尿病を併発している犬に与えるタンパク質の量が多すぎると、腎臓のほか、肝臓などに負担をかけるリスクもないとはいえないからです。

クッシング症候群の犬には、消化吸収されやすく良質なタンパク質を適度に与えることが望ましいでしょう。

善玉菌で免疫力

食事で腸内環境を整えることが免疫力のアップにつながることはよく知られていますね。

しっかりと栄養を摂るだけではなく、腸内の善玉菌を増やす食事で腸が健康になると免疫力がキープできます。

腸内環境が乱れている傾向にあるクッシング症候群の犬は、感染症にかかるリスクも低くありません。

腸内の善玉菌を増やし免疫細胞の働きを高めることは感染症対策になるほか、高脂質や高血糖のケアにもつながります。

腸の健康のためには食事やフードのほか、サプリなどを活用することもお勧めです。

犬のクッシング症候群の食事例

フードプロセッサ

犬のクッシング症候群の診断や治療は難しいといわれていますが、薬物療法と食事によって症状をコントロールすることは可能です。

栄養学に基づいた規定食(一定の計画で調整する食事)を正しく与え、糖尿病や高脂質などのトラブルの進行を抑えましょう。

クッシング症候群の犬に脂肪分や糖分の高いおやつをあげていることがあれば、症状の悪化を招くことになりかねませんので、すぐに止めてください。

食事は手作りやドッグフードの選択肢がありますが、クッシング症候群の犬に合った規定食やおやつを与えることによって、症状も寿命も改善されるかもしれません。

次は、食事療法を手作りで行う場合の注意点やレシピのほか、ドッグフードの選び方についてご説明していきます。

手作りごはんの注意点

クッシング症候群の犬の食事を手作りする場合の基本的な注意点は、次の2つです。

・メインは魚か低脂肪の肉を選ぶ。

鶏肉のササミや胸肉などの脂肪の少ない部分を軽く茹でて与えます。

魚の骨は消化器官に刺さることがあり非常に危険ですので、小さな骨も残らないように丁寧に取り除いたあと、軽く茹でて与えましょう。

・高タンパク・高脂肪に偏らないよう穀類やイモなどを加える。

穀類などは炊飯し、イモなどは茹でてから与えます。

「魚や肉」と「穀類・イモ」の配分は、犬が高血糖の場合は「穀類・イモ」を少なめにして与えて下さい。

また、犬が喜ぶ野菜などもトッピングしたいところですが、繊維質などを多く含む野菜は負担になりかねないため、与える場合はほんの少量にしましょう。

レシピ例①

手作りごはんのレシピ例として、肉や魚の具体的な種類を挙げておきます。

肉は先に述べた低脂肪の鶏のササミや胸肉などのほか、鹿肉や馬肉もおすすめです。

これらが手に入りにくい場合は、脂身のほとんどない部分の牛肉の赤身でも構いません。

魚なら、EPAやDHAなどのオメガ3脂肪酸を含むサケやマグロやマスなどがよいでしょう。

肉をメインにする場合は、亜麻仁油などのオメガ3脂肪酸を適量混ぜて与えてください。

食材はできる限り新鮮なものを使い、加熱し過ぎないように注意しましょう。

レシピ例②

メインの肉や魚には、玄米や大麦などの穀類や、イモ類などを混ぜて与えましょう。

玄米や大麦をおすすめする理由は、これらが血糖値の上がりにくい低GIの穀類だからです。

玄米・大麦は炊飯し、イモ類はしっかりと茹でてから適量を加えて下さい。

ここでおすすめしたいのが、少量の穀類を生のまま加えることです。

「生のままでは消化が悪いのでは?」と思われるかもしれませんが、このひと手間が血糖値の上昇を抑える効果を発揮してくれるのです。

ドッグフードの選び方

クッシング症候群の犬だけに向けて作られているドッグフードは、ほとんど市販されていません。

そこで、上でご紹介した「犬のクッシング症候群の食事療法」の内容をチェックしながらドッグフードを選びましょう。

選ぶポイントは次の3つです。

・粗脂肪と粗タンパク質

粗脂肪は、なるべく10%以下(無理な場合は15%以下)で、粗タンパク質はなるべく25~30%(同じく20~35%)程度を目安に選んでください。

・炭水化物と糖質の量

血糖値の高い犬のために炭水化物・糖質の量はしっかりとチェックしておきたいところですが、これらの成分表示は義務づけられていませんので、糖質制限をしている療法食のフードを選びましょう。

・原材料(保存料・添加物など)

病気の犬の健康に悪影響を及ぼすと思われる添加物などが多く使われているものは避けた方がよいでしょう。

なるべく主成分に自然素材を使用しているものを選びましょう。

ドッグフードの例:犬心 糖&脂コントロール

「犬心 糖&脂コントロール」は高血糖と高脂血を食事でサポートし、クッシング症候群だけでなく、併発しやすい7疾患を同時にケアする療法食です。

併発しやすい7疾患:
・クッシング症候群
・甲状腺機能低下症
・胆泥症・胆嚢粘液嚢腫
・膵炎
・高脂血症
・糖尿病
・メタボ・肥満

血糖値が上がりやすい糖質を除去し、糖の吸収をおさえる食物繊維をバランスよく配合しています。

また、粗脂肪率5~9%とドッグフードの中ではかなり低脂肪な部類で、オメガ3脂肪酸を含む良質な脂肪を使用しています。

さらに、乳酸菌配合で腸の健康もケア。

犬心公式サイトで詳細な情報が確認できます。

関連記事:犬心の口コミ

犬のクッシング症候群とは?症状と原因

トイプードル

クッシング症候群とは、副腎皮質機能亢進症と呼ばれる、犬が発症することの多い病気です。

コルチゾールなど副腎皮質ホルモンの分泌が過剰になるクッシング症候群の原因は、腫瘍などの自然発生や医原性によるもので、次の3種類があります。

「下垂体性タイプ」=脳下垂体にできる腫瘍などによるもの。

「副腎性タイプ」=副腎にできる腫瘍などによるもの。

「医原性タイプ」=他の病気の治療薬が起因するもの。

この病気を発症した犬は、代謝の障害や多飲多尿や脱毛などの症状が起こりますが、治療法として副腎皮質ホルモンの分泌をコントロールする投薬が一般的になっています。

クッシング症候群の犬の寿命や症状を改善するためには、併発することの多い糖尿病や高脂血症などの症状を和らげるための食事療法と投薬治療を併せて行うことが望ましいでしょう。

次は、クッシング症候群の症状や原因について、さらに詳しくご説明していきます。

犬のクッシング症候群の症状

クッシング症候群で過剰に分泌される副腎皮質ホルモンは犬の臓器に影響を及ぼし、さまざまな症状を引き起こします。

初期から中期にかけての症状は次のようなものです。

・多飲多尿
大量の水を飲み、尿の量や回数も多くなる。

・皮膚症状
「皮膚の変色」「皮膚が薄くなる」「毛穴が黒く見える」など。

・脱毛
胴体などの部分の毛が左右対称に抜けてしまう。

・元気がなくなる
散歩や何かの行動の際、すぐに呼吸が荒くなりハアハアする。

そのほか「お腹が膨れる」「眠っていることが多くなる」などの症状がみられることもあります。

クッシング症候群が末期になると、次のような症状が起こります。

脳下垂体や副腎の腫瘍によるクッシング症候群では、「立てなくなる」「運動ができなくなる」「くるくる回り続ける」「昏睡」といった運動失調などの神経症状や、肝臓や腸などの障害により強い腹痛などが引き起こされることがあります。

関連記事:犬のクッシング症候群の末期症状と余命は?初期症状や治療についても解説

犬のクッシング症候群の原因

では、犬のクッシング症候群の原因とは、どのようなものなのでしょうか。

犬の体は、脳にある下垂体と副腎との2つの臓器の働きによって副腎皮質ホルモンを分泌します。

脳の下垂体はホルモンを分泌させるときに、まず指令として「副腎皮質刺激ホルモン」を分泌します。

その「副腎皮質刺激ホルモン」の指令を下垂体から受け取った副腎が、「副腎皮質ホルモン」を分泌する、という役割を担っているのです。

クッシング症候群とは、何らかの原因によって「コルチゾール」という「副腎皮質ホルモン」が過剰に分泌されることによって悪影響が起こる状態をいいます。

犬のクッシング症候群の原因は、主に「下垂体性タイプ」「副腎性タイプ」「医原性タイプ」の3つに分類されます。

その中の「下垂体性タイプ」と「副腎性タイプ」の原因は、それぞれの臓器にできる腫瘍であり、「医原性タイプ」は、ほかの病気治療のために長期投与した薬が発症の原因となります。

下垂体からのホルモン過剰分泌

人や犬は、ホルモンの効果が出ると分泌を抑制する、というようにホルモンの分泌をコントロールしています。

しかし、脳下垂体の腫瘍などが原因で、「副腎皮質ホルモン」の分泌の指令を出す「副腎皮質刺激ホルモン(ACTH)」を出し続けてしまうことがあります。

その結果、「副腎皮質ホルモン(コルチゾール)」が過剰に分泌される、という状態になってしまうのです。

下垂体からのホルモン過剰分泌を原因とするクッシング症候群は、全体の9割を占めています。

副腎腫瘍

副腎にできる腺がんや腺腫など、副腎腫瘍が原因でクッシング症候群を発症することもあります。

このケースでは、脳の下垂体は正常に働いているため「副腎皮質刺激ホルモン(ACTH)」の分泌は抑制されているのですが、副腎が勝手な働きをして「副腎皮質ホルモン(コルチゾール)」を分泌してしまうのです。

副腎腫瘍が原因となるケースは稀で、全体の1割程度です。

このように、脳下垂体や副腎にできる腫瘍はクッシング症候群を発症させる原因になることが多いものですが、良性腫瘍であることが一般的です。

別の病気の治療で副次的に発症

クッシング症候群は、別の病気の治療で投薬を続けた結果、発症することがありますが、このようなケースを「医原性」と呼びます。

「医原性」のクッシング症候群は、ステロイド薬を長い期間使い続けることによって発症します。

もとは正常に機能していた副腎でも、長期間のステロイド薬の投与により起こる萎縮や機能低下を避けられない場合もあります。

病気の状態にもよりますが、副腎の機能低下や萎縮などは気づきにくいため、ステロイドなどの長期に渡る投与は避けた方がよいでしょう。

犬のクッシング症候群と併発しやすい病気

犬のクッシング症候群が進行すると、副腎皮質ホルモンの過剰な分泌によって障害の起こる臓器に関連する、ほかの疾患を併発することがあります。

この場合、クッシング症候群の治療だけではなく、併発した病気への対策も講じなければなりません。

クッシング症候群の犬が併発しやすい病気は多種多様であり、犬の体調をさらに悪化させるものです。

クッシング症候群の末期症状は、併発したいくつかの病気によって引き起こされる可能性が高いといえるでしょう。

クッシング症候群の犬の死因として、糖尿病や尿路疾患や肺血栓症のほか、さまざまな併発疾患が含まれるというデータもあります。

次は、クッシング症候群の犬が併発しやすい疾患について説明していきます。

肺血栓症

「肺血栓症」は、クッシング症候群の犬が併発しやすい病気の中で、もっとも深刻なものです。

「肺血栓症」とは、肺血管が血液の塊によってふさがれてしまう症状をいいます。

このとき血液の塊は肺から離れた場所で形成されたあと肺の血管に移動しますが、大量の塞栓があった場合は、激しい呼吸困難などが起こり突然死につながることもあります。

「肺血栓症」は非常に危険な症状で死亡率も高いため、緊急治療が必要です。

また「肺血栓症」は、一般的には予後も良くないとされています。

高脂血症

クッシング症候群の犬は、副腎皮質ホルモンの過剰な分泌により、脂肪の代謝にトラブルを起こす可能性が高くなります。

その結果、高コレステロールや高中性脂肪などの「高脂血症」を併発しやすくなるのです。

クッシング症候群に「高脂血症」を併発すると、犬の命にかかわるリスクが高くなります。

犬の「高脂血症」は、脂肪の量と質を考慮した食事療法が必須の病気ですので、食事には十分注意を払い、血中の脂肪を低下させる働きのある「オメガ3脂肪酸」なども与えましょう。

糖尿病

クッシング症候群で引き起こされる、さまざまな合併症の代表的な疾患のひとつが糖尿病です。

犬が糖尿病を発症すると「多飲多尿」や「元気がなくなる」などの症状が現れ、悪化すると命にかかわることもあるため血糖値が高い状態が続かないように注意しなければなりません。

また、糖尿病がクッシング症候群の悪化をもたらす、というケースや、クッシング症候群が糖尿病の原因や症状悪化の因子になるケースなど、クッシング症候群と糖尿病は悪い影響を及ぼし合う関係にあります。

クッシング症候群の犬は食事で血糖値をコントロールすることが望ましいでしょう。

関連記事:犬の糖尿病の食事

甲状腺機能低下症

「甲状腺機能低下症」も、クッシング症候群の犬が併発することの多い病気です。

「甲状腺機能低下症」とクッシング症候群は、症状や血液検査の数値が似ているため、誤診につながるケースもあり注意が必要です。

甲状腺機能低下症とは、犬の病気としては比較的多いもので、甲状腺ホルモンの分泌が少なくなる疾患です。

甲状腺機能低下症を発症すると、「脱毛」「筋力の衰え」「元気がなくなる」などの症状が現れます。

甲状腺機能低下症の治療は甲状腺ホルモン薬を投与するのが一般的ですが、栄養代謝の問題も起こるため、食事療法も併せて行うのが望ましいでしょう。

肝臓障害

クッシング症候群の犬の血液検査では、肝臓機能の障害や肝臓病が疑われる数値の上昇がみられる傾向があります。

中でも、ALP(GPT)が高い数値を示した場合は肝臓障害の可能性が高いため、肝臓への対策も講じなければなりません。

犬の肝臓障害が進行した場合に見られる特徴的な症状は、「肝臓の肥大や萎縮」「黄疸」「食後の異常な行動」などです。

犬の肝臓障害は多種多様であるため、症状に合わせて治療や食事の対策などを行いましょう。

高血圧

高血圧もまたクッシング症候群の犬が併発することが多く、この病気の犬の約5割は高血圧といわれています。

人間と同様で、犬の高血圧は合併症として脳の血管や心臓や腎臓や目に障害を起こすほか、頭痛などにつながるケースもあるため、血圧測定を欠かさないようにしましょう。

犬の血圧は動物専用の血圧計で、前腕、後ろ足、尻尾などでも測定できます。

クッシング症候群の治療で症状が改善すると、血圧を安定させることができる場合もありますが、高血圧が続くようなら血圧を下げる治療も検討してください。

神経系

脳下垂体の腫瘍が原因のクッシング症候群の犬のケースでは、腫瘍が大きくなった場合に神経系統の異常による症状を引き起こすこともあります。

「ふらつき」「くるくる回る」「食欲不振」「夜鳴き」「徘徊」などの異常な行動が現れたら、神経系統に異常が起こっている可能性があります。

これらの症状は高齢犬にも見られるため、認知症と判断してしまい見過ごしてしまうこともあるかもしれません。

クッシング症候群は、ほかにも加齢のせいと考えがちな症状が多いため、注意が必要です。

尿路系

高血圧になることの多いクッシング症候群の犬は、腎臓にも圧力がかかり腎不全のリスクが高まるほか、尿路系のトラブルもよく見られます。

クッシング症候群の犬が併発しやすい尿路系の疾患のひとつが「尿路結石」です。

「尿路結石」は、発生場所によって症状が異なり、「膀胱結石」や「尿道結石」では「排尿痛・血尿・排尿困難」などの異常が見られます。

「腎結石」では、片側だけなら症状は「腹痛・血尿」だけですが、両側になると重い腎機能障害を引き起こし、急性腎不全になります。

犬のクッシング症候群の検査方法

犬のクッシング症候群は、次のような検査方法によって診断が確定されます。

・身体検査
犬のクッシング症候群の症状である「多飲多尿」や「腹部の膨らみ」のほか「筋力低下」や「脱毛や皮膚の変化」を検査する。

・血液検査
「血球数」や「肝臓値」などの「血液化学検査」を行う。

・尿検査
犬のクッシング症候群に見られる「尿比重」の低下や、「尿路感染」の有無を検査する。

・X線検査
腹部のX線検査によって「腹囲増大」や「肝種大」のほか「副腎の石灰化」などの有無を見る。

・特殊検査
クッシング症候群の原因の「医原性・自然発生」を鑑定して見分けたあと、さらに「脳下垂体腫瘍」「副腎腫瘍」などについて特殊な検査を行うこともあります。

この段階の検査はさまざまな方法で行われますが、ある条件下でのコルチゾールを測定する検査などが実施されます。

犬のクッシング症候群の治療方法

動物病院

では、犬のクッシング症候群には、どのような治療方法があるのでしょうか。

クッシング症候群は、深刻な病気とは思われないかもしれません。

しかし、この疾患に適切な治療などを行わず放置すると命にかかわることもあるのです。

ステロイドなどの長期投与による「医原性」のクッシング症候群は、薬の投与を止めることで完治する可能性が高いものです。

ただし、ステロイドなどをいきなり休薬するのは危険ですので、慎重に薬の量を減らしていってリバウンド症状が出ないようにしなければなりません。

一方、下垂体や副腎腫瘍などが原因の「自然発生タイプ」のクッシング症候群は、治すというより症状を抑えるなどの目的で治療を行うことが一般的です。

犬のクッシング症候群の治療方法は、「薬による治療」「手術」「放射線治療」の選択肢があります。

次は、それぞれの治療方法について説明していきます。

薬による治療

クッシング症候群の犬の治療は、体内でコルチゾールが作られないようにする「トリロスタン」(商品名・アドレスタン)の薬の投与が一般的です。

アドレスタンのほかには「op’-DDD」という薬もあります。

副腎を破壊する作用のある「op’-DDD」は、一度に高用量で使用することで副腎を小さくします。

また、「ケトコナゾール」という薬が検討されることもありますが、この薬の作用はアドレスタンと似たものです。

内服薬を投与する場合、副腎皮質の機能の低下や、副作用が起こる可能性もあるため、体調の変化に十分注意しなければなりません。

手術

クッシング症候群の犬の治療方法には手術という選択肢もあります。

ただし、脳下垂体の腫瘍を取り除く手術は難易度が高いため現実的な方法ではありません。

一方、副腎腫瘍の場合は、大きくなった副腎を手術で摘出するケースもあります。

大動脈の中に浸潤した副腎腫瘍が血流を止めてしまう、など死に至る危険がある場合には外科的な治療が必要になります。

しかし、クッシング症候群の犬は傷口が治りにくく、大量出血のリスクもあるため、治療方法は慎重に選んだほうがよいでしょう。

放射線治療

クッシング症候群の原因が脳下垂体腫瘍の場合、腫瘍を取り除く手術は不可能ではありませんが、実施できる施設や獣医師が限定されるため、非常に難しい方法といえます。

よって一般的な治療は投薬で行われますが、腫瘍が巨大なケースでは放射線治療を選ぶことができます。

しかし、クッシング症候群の犬の下垂体の放射線治療の設備が整っている病院は多くはありません。

また、放射線治療を行うには複数回の全身麻酔を要するため、獣医師と十分に相談したうえで行った方がよいでしょう。

関連記事:犬のクッシング症候群の治療費が払えない場合の対処法

参考文献:
日本内分泌学会-間脳下垂体機能障害の診断と治療の手引き
洋光台ペットクリニック-クッシング症候群

タイトルとURLをコピーしました