犬に大根を与えても大丈夫!与え方の注意点やメリットを解説

大根 犬の豆知識
sponsored link

犬に大根を与えても大丈夫

大根

犬を飼育している人は、食べても良い野菜、良くない野菜を覚えておく必要があります。

大根は代表的な根野菜ですが、犬の健康を害するような成分は含まれていないので、適量であれば与えることができます。

大根は葉と根の部分では、カロリーや含まれている栄養素が違うので理解しておくことが大事です。

白い根の部分には優れた抗酸化作用、抗菌効果のあるイソチオシアネートが含まれています。

イソチオシアネートは大根の辛味成分ですが、適量を補うことで体の免疫力を高めたり、体を老化させたり、病気の原因になる活性酸素の発生を抑える働きがあります。

葉の部分にはβカロテンやビタミン、カルシウムなどが豊富に含まれており、犬の体に欠かせない栄養素を補うことができます。

犬への大根の与え方

大根には犬の体に悪影響が出る成分が含まれていないので、適量であれば食べても問題はありません。

基本的には白い根の部分は、大根おろしなどの生の状態でも与えることができます。

大根の90パーセントぐらいは水分なので、ドッグフードに適量の大根おろしを入れることで、水分補給をして脱水を防げます。

大根は生でも加熱をしても与えることができますが、加熱をする前に食べやすい大きさに切ってあげると良いでしょう。

大根の白い根の部分は生でも良いですが、葉の部分には消化、吸収がしにくい食物繊維が含まれているので、必ず加熱をしてから与えることが大事です。

適量の大根を食べさせることで、抗酸化作用、殺菌効果を高めて健康維持に役立てることができます。

基本は小さく刻む

大根はミネラル成分、ビタミン、βカロテン、カルシウムなどの豊富な栄養素が含まれており、愛犬の健康維持に役立てることができます。

基本的には生でも加熱をしても、与えることができますが、必ず食べやすい大きさに刻んでおくことが大事です。

超小型犬、小型犬、子犬などは口が小さく、咀嚼力が弱いので食べやすい大きさに刻んでおくのがポイントです。

塩分は犬の体に悪影響を与えてしまうので、大根を加熱する時は調味料は使わないのがポイントです。

葉の部分は食物繊維が多く含まれているので、生で与えてしまうと下痢や軟便などの原因になってしまいます。

胃腸の負担を軽減するために、葉の部分は必ず加熱をしてから与えることが大事です。

犬種や体重によっても、必要な量が違ってくるので適量を覚えておく必要があります。

犬に大根おろしはOK

大根は白い根の部分は、生で食べさせることができるので、大根おろしなどもお勧めです。

大根は葉に近い部分は辛味が少なく、下の部分は辛味が強い傾向があります。

大根おろしを作る時は、なるべく葉に近い部位を使用すると良いでしょう。

大根おろしは、どれぐらいの量が適量なのか知っておくことが大事です。

総カロリーの10パーセントぐらいが適量です。おろし金などを使用することで短時間で準備をすることができます。

大根の白い部分は、優れた抗酸化作用、抗菌効果のある成分が含まれているので、体の免疫力を高めることができます。

水分が多く含まれているので、夏ばて気味の犬、あまり水を飲まない犬などに与えるのがお勧めです。

大根おろしは与えすぎると下痢や軟便の原因になるので、適量を守りましょう。

犬に大根の皮はOK

大根の皮には、犬の健康を害する成分は含まれているので、基本的には食べさせても問題はありません。

自宅で大根おろしを作る時は、皮を剥かずにすって与えることができます。

皮は適量であれば食べても問題ないですが、食べすぎると下痢や軟便、消化不良などの原因になってしまいます。

皮は与えすぎると満腹になってしまい、ドッグフードを十分に食べなくなるなどの弊害が出てしまうことが少なくありません。

総カロリーの10パーセント程度であれば、問題ない量なので消化、吸収を促進したり、お腹の調子を整える働きがあります。

大根おろしを与えることで水分や酵素などを補うことができるため、夏ばて気味、食欲が低下している時などに与えてあげると良いでしょう。

犬は大根は生でもOK

スーパーマーケットやデパートでは、大根は一年中購入することができるので、愛犬に与えている人が数多く存在します。

大根は葉と白い根の部分に分かれていますが、白い根の部分は基本的には生で与えても、問題ないことが多いです。

大根の皮には犬に害になる成分は含まれていないので、大根おろしにして生で与えることができます。

葉に近い部分は辛味が少ないので、辛味が苦手な犬でも食べやすくなります。

白い部分は生で与えても良いですが、丸飲みを防ぐために食べやすい大きさに刻んでから与えるのがポイントです。

食べすぎると消化酵素の働きで、軟便や下痢などの原因になってしまいます。

犬の体重によっても適量が違ってくるので、決められた分量をきちんと守って与えることが大事です。

犬に大根の葉は茹でて与える

大根の葉には、ビタミンC、βカロテン、カルシウムなどの犬の体に欠かせない栄養素が含まれています。

犬は体内でビタミンCを合成できる動物ですが、年齢を重ねると合成できる能力が低下してしまい、ビタミン不足になりがちです。

大根の葉には豊富な栄養素が含まれていますが、食物繊維が多く含まれているので、生で与えるのは避ける必要があります。

葉の部分は柔らかくなるまで加熱をしてから、食べやすい大きさに刻んで与えるのがポイントです。

大根の葉の部分は辛味が少ないので、偏食気味の犬でも食べやすいのが特徴です。

葉の部分は生で与えてしまうと、下痢や軟便、消化不良の原因になってしまいます。

お腹が緩くなった時は食べる量が多すぎるので、少し減らすことが大事です。

犬に与える大根の量

大根は低カロリーですし、水分やミネラル成分、ビタミンなどが豊富に含まれているのが特徴です。

健康面に問題がない場合は、超小型犬から大型犬まで大根を与えることができます。

犬種や体重によっても、大根を与える量が違ってくるので、適量を覚えておくことが大事です。

大根には消化酵素のアミラーゼ、辛味成分などが含まれているため、食べすぎると下痢や軟便、腹痛、消化不良などの原因になってしまいます。

犬は完全肉食動物ではありませんが、基本的には良質な肉類、魚類を原料にしたドッグフード中心の食生活が必要です。

ドッグフードで基本的な栄養素は補えるので、大根はおやつ程度の量を与えるだけで十分と言えます。

適量を知っておくことで、健康維持に役立てられます。

犬に与える大根の量:超小型犬

超小型犬はティーカッププードル、チワワなどの体重が4キロ以下の犬種のことです。

甲状腺機能障害、腎臓病などの疾患がない場合は、適量の大根を食べさせることができます。

基本的にはドッグフード中心の食生活なので、おやつ程度の量が適量です。

超小型犬の場合は10グラムから、25グラムぐらいが適量になっています。

食べる量が多すぎると軟便や下痢、腹痛などの原因になるので、少なめに与えるのがポイントです。

大根おろしは水分量が多く、酵素やビタミンなどを補うことができます。

犬に与える大根の量:小型犬

小型犬は体重が4キロから10キロぐらい。

健康な犬の場合でも、大根には辛味成分のイソチオシアネート、消化酵素のアミラーゼを含んでいるため、食べすぎると下痢や軟便、消化不良の原因になってしまいます。

いつも食べているドッグフードの、10パーセント以内に量にしておくことが大事です。

小型犬の場合は、30グラムから60グラム前後が適量になっており、70グラム以上は与えないようにしましょう。

犬に与える大根の量:中型犬

中型犬は体重が20㎏から、30㎏ぐらいなので、超小型犬、小型犬に比べると大根の量は多めに与えることができます。

大根には辛味成分、消化酵素が含まれているので、食べすぎると胃腸に負担が掛かってしまいます。

健康な犬の場合は80グラムから120グラムぐらいの量を与えてあげると良いでしょう。

中型犬は体格がありますが、130グラム以上を与えると下痢や軟便になりやすいので注意が必要です。

大根の葉や白い部分は、食べやすい大きさに刻んでから与える必要があります。

犬に与える大根の量:大型犬

大型犬は体重が35㎏以上あり、体格や体力があるのが特徴です。

大型犬は咀嚼力が強いですが、大根を丸飲みするのを避けるために、食べやすい大きさに刻んでから与えることが大事です。

大根には消化酵素、辛味成分などが含まれているので、食べすぎると下痢や軟便、腹痛になりやすいです。

大型犬の場合でも100グラムから、130グラム以内の量が適量になっています。

犬に大根を与えるときの注意点

犬に大根を与える場合は、いくつかの注意点があるので理解しておくことが大事です。

食物アレルギーがある場合は、大根を食べると皮膚の痒み、下痢や軟便、嘔吐などの症状が見られることがあります。

気になる症状が見られる場合は、大根を与えるのは中断して、動物病院の獣医師にアレルギー検査、診察、治療などを受けることが大事です。

大根を犬に与える時は食べやすい大きさに刻んでおかないと、丸飲みをしてしまう可能性があります。

大根の葉や白い部分は、食べやすい大きさに刻んでおきましょう。

大根の葉にはβカロテン、ビタミンC、カルシウムなどが豊富に含まれていますが、消化吸収がしにくい食物繊維が含まれています。

大根の葉は必ず加熱をして、細かくしてから与える必要があります。

犬に大根を与える注意点①アレルギー

大根は一年間を通して、スーパーマーケットやデパートで購入することができます。

大根は水分が多く含まれており、カリウムや鉄分、βカロテン、カルシウムなどが豊富に含まれているため、愛犬の健康維持、生活習慣病予防に役立てられます。

大根は低カロリーですし、犬の体に悪影響がでる成分は含まれていないので、健康、体調面が良好な犬には与えることができます。

健康な犬には問題はありませんが、食物アレルギーがある場合は注意が必要です。

大根を食べた後に皮膚に痒みが出てかきむしっている、下痢や嘔吐、軟便などが見られる場合はアレルギーの疑いがあります。

早めに動物病院の獣医師に、アレルギー検査、診察、治療を受けることが大事です。

大根を食べると、アレルギー疾患が悪化することがあります。

犬に大根を与える注意点②加工品は注意

大根はスーパーマーケット、デパートなどで一年中購入できますし、ビタミンCや葉酸、βカロテン、消化酵素などが豊富に含まれています。

基本的には大根を犬に食べさせることが出来ますが、加工した食品を与える時はいくつかの注意点があります。

漬物は塩分が多く含まれているので、腎臓病や甲状腺機能障害などの疾患がある犬には、悪影響を与えてしまいます。

健康状態に問題がなくても、塩分が多く含まれている漬物は、高血圧や腎臓病などの原因になるので与えないことが大事です。

切り干し大根は、柔らかくなるまで水で戻しておき、味付けをせずに加熱をしてから与える必要があります。

ブロッコリースプラウトや、切り干し大根を与える時は、食べやすい大きさに刻んでから与えることが大事です。

刺身のつま

スーパーマーケットやデパートなどでは、お刺身に刺身のつまが付いていることが多いです。

基本的には刺身のつまは、生の大根で味付けをしていないため、適量であれば犬が食べても問題はありません。

食べやすい大きさに切ってから、適量だけ与えるのがポイントです。

刺身のつまにわさびや醤油などの調味料が付いていないか、与える前に確認をすることが大事です。

刺身のつまは大根の加工品ですが、健康な犬の場合は問題ありません。

切干大根

大根を加工した食品の切り干し大根は、日持ちがするので自宅に常備している人も多いのではないでしょうか。

基本的には切り干し大根は、犬が食べても良いですが、水で柔らかくなるまで戻しておき、味付けをせずに加熱をしてから与える必要があります。

切り干し大根を与える時は、食べやすい大きさに刻んでおき、戻した水に栄養素が豊富に含まれているので一緒に与えてあげると良いでしょう。

漬物

大根の加工食品の漬物は、塩分が多く含まれているので、犬に与えるのは避ける必要があります。

犬は猫とは違って完全肉食動物ではないので、食べても良い野菜、果物などは与えても問題ありません。

生の大根は味付けをしていないので、犬に適量であれば食べさせても良いですが、塩分を多く含んでいる加工食品は避けることが大事です。

塩分の多い食べ物を摂取すると、高血圧やむくみ、腎臓病、心臓病などの病気に罹りやすくなります。

大根の漬物は与えないようにしましょう。

かいわれ大根

かいわれ大根は、大根の芽の部分だけのスプラウト食品です。

かいわれ大根は消化酵素が豊富に含まれており、栄養価が高いので健康な犬には与えることができます。

かいわれ大根は特有の辛味があるので、犬が嫌がることがあります。

特有の辛味が苦手な場合は、数本を茹でてから食べやすい大きさに刻んで少量だけ与えることが大事です。

辛味を気にしない犬の場合は、生のかいわれ大根を細かく刻んで与えてあげると良いでしょう。

優れた抗酸化作用、殺菌効果がありますが、食べすぎると下痢や軟便、腹痛の原因になるので適量だけ与えましょう。

犬に大根を与える注意点③甲状腺や腎臓疾患がある犬には与えない

大根は犬の体に悪影響のある成分は含まれていませんが、甲状腺機能障害、腎不全などの腎臓病の犬には与えないほうが良いでしょう。

大根には利尿作用のある成分が含まれているので、腎臓の悪い犬には負担になることがあります。

甲状腺機能障害、腎不全などの腎臓病の犬には、念のために動物病院の獣医師に相談することが大事です。

獣医師は甲状腺機能障害、腎臓病などの疾患のある犬には、大根を食べさせることは推奨していないので注意しましょう。

犬は7歳を過ぎるとシニアの年代に入るので、甲状腺機能障害、腎臓病などの病気に罹りやすくなります。

腎臓病などの疾患のある犬には、療養食中心の食生活を心掛けることが大事です。

大根を食べると内臓に負担が掛かり、持病が悪化する可能性があります。

関連記事:犬の腎臓病フードはどれがいい?

犬に大根を与えるメリット・栄養

大根は鉄分やカルシウム、葉酸、ビタミンC、βカロテンなどの栄養素が豊富に含まれています。

犬は完全肉食動物ではないので、食べても良い野菜や果物は適量を与えることで、不足しがちな栄養素を補えるのが魅力です。

大根は水分が多く含まれているので、脱水気味だったり、熱中症対策の水分補給に適しています。

大根おろしを与える時は、辛味の少ない葉に近い部分をすってあげるのがお勧めです。

大根の葉にはβカロテン、ビタミンCなどが豊富に含まれているので、加熱をしてから、細かく刻んで食べやすくしてから与えましょう。

大根には消化酵素が含まれているので、優れた抗酸化作用、殺菌効果が期待できます。

食べすぎると下痢や軟便、腹痛などの原因になるので、体重に応じた適量を覚えておくことが大事です。

大根の栄養①水分

大根の90パーセントは、水分なので脱水気味、熱中症、夏ばて対策などに役立てることができます。

犬は人間とは違って汗腺が足の裏などしかないので、暑さに弱く、熱中症や夏ばてに注意が必要です。

老齢期に入ってあまり水を飲まなくなった、脱水気味、夏ばて気味の場合は生の大根を与えることで水分補給ができます。

大根おろしなどを適量食べさせることで、不足しがちな水分を補えるので便利です。

暑い時期はエアコンを入れて、部屋の温度を一定に保つ必要があります。

大根の栄養②カリウム

大根はミネラル成分のカリウムが含まれているので、犬の健康維持に役立てることができます。

カリウムはむくみの原因になる塩分を体外に排出をしたり、高血圧や腎臓病、心臓病などの予防に欠かすことができません。

大根の白い部分に多く含まれているので、大根おろしや食べやすい大きさにカットをしてから、味付けをせずに茹でて与えてあげると良いでしょう。

大根には利尿作用があるので、健康な犬には問題ないですが、腎臓病の犬には悪影響が出ることがあります。

大根の栄養③鉄分

大根はミネラル成分をバランスよく含んでいるので、愛犬の健康維持、生活習慣病予防などに役立てることができます。

大根にはミネラル成分の鉄分が豊富に含まれているので、新しい赤血球を形成する働きがあります。

鉄分は健康な血液を作るために、欠かすことができない栄養素の一つです。

大根には鉄分が豊富に含まれているので、葉や白い根の部分などは加熱をしたり、大根おろしなどを少量だけ与えてあげることが大事です。

大根の辛味を嫌う犬の場合は、葉に近い部分だけを与えると食べてくれます。

大根の栄養④カルシウム

大根にはミネラル成分が多く含まれているので、強い骨や歯を作るために欠かすことができないカルシウムが豊富に含まれています。

老齢期に入ると食べる量が減少してくるので、カルシウムが不足しがちです。

栄養バランスの良いドッグフード中心の食生活が基本ですが、おやつのトッピングぐらいの量の大根を与えてあげるのがお勧めです。

ドッグフードに少量の大根おろし、加熱をした大根、葉などを与えることでカルシウムが補うことができます。

食欲不振気味、老齢期の犬にもお勧めです。

大根の栄養⑤葉酸

葉酸は犬の腸内細菌からもわずかに生産されていますが、量が明らかになっていないため、食事からとる必要があります。

葉酸はビタミンB9ともいわれる水溶性ビタミンで、特に妊娠中のワンちゃんに積極的にとらせたい栄養の1つです。

葉酸はDNAの合成にかかわっているため、胎児の細胞増殖時に多く必要とされます。

不足すると胎児の神経管閉塞障害のリスク要因になる上、骨髄にある造血組織の生産にも支障をきたし、巨赤芽球性貧血の要因にもなります。

なお、葉酸は海藻・レバー・ブロッコリーなどにも多く含まれており、バランスの良い食事を心がけることで過不足なく摂取できます。

大根の栄養⑥βカロテン

大根の白い根の部分、葉の部分にはβカロテンが豊富に含まれています。

βカロテンは粘膜を強化したり、皮膚や被毛を美しく健康に保つなどの役割がある栄養素です。

大根の白い部分にも含まれていますが、葉の部分のほうがβカロチンが多く含まれています。

白い部分は生で与えても良いですが、大根の葉の部分は加熱をしてから与えるのがポイントです。

βカロチンは少量の油で調理をすることで、体内に吸収しやすくなります。

葉の部分は加熱をしてから、食べやすい大きさに刻んでから与えることが大事です。

大根の栄養⑦消化酵素

大根には消化酵素のアミラーゼが含まれており、鶏肉や牛肉、豚肉などのタンパク質を分解して、消化、吸収を促進する働きがあります。

大根の白い部分にアミラーゼが多く含まれているので、生で与えてあげると良いでしょう。

食欲不振気味だったり、便秘気味の場合は大根おろしをドッグフードにトッピングをして与えるのがお勧めです。

大根に含まれている消化酵素の働きで、胃腸の調子を整えることができます。

食べる量が多すぎると、お腹が緩くなるので注意が必要です。

犬に大根を与えることのまとめ

犬に大根は与えても大丈夫です。

大根おろしなどにして生でも与えることができ、もちろん茹でてもOK。

いずれにせよ喉に詰まらせないように小さくして与えるのと、食べ過ぎないようにするのがポイント。

カリウムや葉酸が含まれており低カロリーなので、トッピングの選択肢の1つとして重宝します。

食いしん坊なワンちゃんを太らせたくないときや、食欲のない夏場の水分補給として活用しましょう。

大根が含まれているドッグフード

実際にドッグフードにも大根が使われているものもあります。

例としてはUMAKAです。

水炊き料亭の博多華味鳥の運営会社が開発・販売しているプレミアムフードで、メインに九州産華味鳥を使用したぜいたくなフードです。

UMAKAでは大根だけでなくニンジン、かぼちゃ、しいたけ、ショウガなどの野菜を配合しています。

ちなみにUMAKAはうまか公式サイトを開設しており、詳しい情報が見られます。

なお、野菜を配合しているのはある程度以上の高級ドッグフードです。

安いドッグフードは値段の張る野菜は使わず、ビタミンとミネラルの添加物で代替するのが一般的です。

タイトルとURLをコピーしました