犬の餌の量の計算方法!年齢別ドッグフードの与え方

量 犬の豆知識

【犬の餌の量】計算方法

量

犬に餌をあげるときに、測らずなんとなくの量をあげたり、パッケージに書いてある量をあげたりしてはいませんか?

パッケージに書いてある量は目安であって、一食に必要な餌の量は、それぞれ違い、多すぎたり少なすぎると成長に影響が出てしまうことがあります。

きちんと自分の犬に合う餌の量を計算する必要がありますので、計算方法についてご紹介します。

一食当たりの餌の量は、「一日に必要なカロリー量÷フード100gのカロリー×100」で計算できます。

フード100gのカロリーは、メーカーによって異なりますので一度パッケージを見ていただければわかります。

犬によっては、食べてもおかわりを要求してくることもありますよね。

足りないと思い量を増やしてしますと、消化不良や体調不良につながる場合がありますので、欲しがっていても規定の量で抑えることをおすすめします。

犬が1日に必要な摂取カロリーの計算方法

摂取カロリーとは、口に入れた食べ物で得られるエネルギー量のことを言います。

犬も人と同じで、摂取カロリーがカロリー要求量を上回ると肥満に繋がります。

1日に必要な摂取カロリーの計算方法は、「70×体重の0.75乗×係数」になります。

係数とは、年齢や去勢しているか肥満であるかどうかで変わってきますので、参考の数値をご紹介します。

年齢では、子犬の場合は、3.0、成犬の場合は2.0、シニア犬の場合は1.2になります。

去勢している場合は1.6、していない場合は1.8、そして肥満傾向である場合は、1.0を係数にしてくださいね。

少しややこしいと感じるかもしれませんが、把握しておくことはすごく大切なのでぜひ計算してみてください。

犬の安静時エネルギー要求量(RER)の計算

犬が普段とは違い、疲れていたり、心臓の音が早く動いているなどいつもとは違う様子の時がありますよね。

通常時と比べ安静時は、必要なエネルギー量は少なくなります。

安静時のエネルギー要求量は、「体重×30+70」で計算できます。

犬の安静時には落ち着いて過ごせるように環境を整えてあげたり、体を休ませれるように柔らかい布団などを敷いてあげることをおすすめします。

散歩などの運動は、安静時にはお休みしておきましょう。

また、犬はかまってほしいという気持ちがとても強いです。

そばで声をかけてあげたり、優しく触ってあげたりして、ストレスを与えないようにして過ごすことを意識してください。

元気になった時には、普段通りの餌の量や運動に徐々に戻して、たくさん遊んであげてくださいね。

RERの犬種・成長段階別早見表

RERの犬種・成長段階別早見表

体重(kg)
RER(kcal)
パピー 成犬
高齢犬
~生後4ヶ月 生後4~12ヶ月 ふつう ダイエット中 妊娠初期 妊娠後期 授乳中
1 210 140
2 353 235 212 118 212 353 471 165
3 479 319 287 160 287 479 638 223
4 594 396 356 198 356 594 792 277
5 702 468 421 234 421 702 936 328
7 904 602 542 301 542 904 1,205 422
10 1,181 787 709 394 709 1,181 1,575 551
15 1,601 1,067 960 534 960 1,601 2,134 747
20 1,986 1,324 1,192 662 1,192 1,986 2,648 927
25 1,565 1,409 783 1,409 2,348 3,130 1,096
30 1,795 1,615 897 1,615 2,692 3,589 1,256
40 2,227 2,004 1,113 2,004 3,340 4,454 1,559
50 2,632 2,369 1,316 2,369 3,949 5,265 1,843

犬の1日のカロリー要求量(DER)の計算

カロリー要求量とは、生きていくうえで1日に必ず必要なカロリーのことを言います。

カロリー要求量よりも少ないと、どんどん痩せていき最悪の場合は餓死に至ることもあります。

1日のカロリー要求量の計算方法は、「安静時のエネルギー要求量×係数」になります。

係数は先ほどの数値と同じで、当てはめてください。

カロリー要求量分は必ず摂取してほしいですが、食が細い犬だったり、暑さなどの気温で食べられないという場合もありますよね。

暑さなどの環境変化による場合は、冷房が効いた部屋に連れて行ってあげるなど過ごしやすい環境にしてあげることで食欲が出てきたりします。

元々食が細い犬には、ドッグフードの中でもカロリーが高いものを選ぶことで小食でも必要なカロリー量を補うことが出来ます。

また、犬用ミルクという栄養補給してくれるものを与えることで食欲をあげてくれたり、食事を楽しむようになることもありますので試してみてくださいね。

 

犬の肥満度の把握はBCSで

BCS(ボディコンディションスコア)

(画像引用元:環境省-飼い主のためのペットフードガイドライン

飼っている犬が肥満なのかどうか知りたい方もいますよね。

肥満度を調べる方法がこちらになります。

・犬が立っている状態で腰の部分がくびれているかどうか

・横から見たときに、前足~後ろ足に向けてつり上がっているか

・お腹が垂れていないか

・過剰な脂肪を感じずに、助骨を触れるか

以上をチェックしてみて当てはまる部分があれば肥満だと言えます。

太る理由には、やはり餌の量が多いことが多く、餌の量を減らすか運動量を増やすなどをして適正体重に戻す必要があります。

ダイエットフードなども販売されていますので、そちらに切り替えるのも効果的です。

肥満になると体への負担が大きく、糖尿病や呼吸がしにくくなるなど体に良くないので徐々に痩せるようにダイエットをしていきましょう。

【犬の餌の量】与え方

犬に餌をあげるときには、いくつかの注意点があります。

ドッグフードだけに限らず、おやつや食べ物には賞味期限があります。

パッケージに賞味期限が記載されていますが、未開封の場合の賞味期限なので開封した場合は必ず1か月以内になくすようにしましょう。

1か月を過ぎた場合は、もったいないですが処分した方が犬のためにもなります。

どんな食べ物でも、空気に触れるとどんどん品質が落ちていきます。

また、フードボウルが安定していることや低い位置にフードボウルを置いてしまうと首や腰を痛めたりすることがあります。

首を少し下げたところで食べられる高さに調整してあげてください。

ときどき人間の食事をわけている方がいますが、あまり望ましくありません。

人間の食事と犬の食事は必要な栄養バランスが異なります。人間の食事をそのまま与えると塩分過多かつタンパク質不足になり病気の原因になることもあります。

もし、犬が欲しがってきても必ずドッグフードを与えるようにしてくださいね。

犬におやつはあげてOK!必要カロリーの10%以下に

犬におやつをあげることは、コミュニケーションや栄養を補うためにもあげてもいいとされています。

また、おやつをあげることによってしつけをしやすくなるということもあります。

しかし、おやつばかりあげてしまうとカロリーオーバーしたり偏った栄養になるので、基本は食事中心にしましょう。

おやつを与える場合は、1日の必要カロリーの10%以下に抑えることとその分の主食量を減らすことが大切です。

ドッグフードを食べない犬もたまにいますが、食べないからと言って代わりにおやつをあげていると、もっとドッグフードを食べなくなってしまいます。

おやつはコミュニケーションにもいいと話しましたが、おやつ以外にも触ったり声をかけることでコミュニケーションを取ることが出来ますので、あげすぎには注意してください。

早食いの犬は食べさせ方に工夫を

犬は、もともと群れて行動する習性があり、強い犬はたくさん餌を食べることができるという弱肉強食の世界で生きていました。

その名残もあり、たくさん餌を食べるには早く食べるしかないと考えるため早食いの犬はすごく多いです。

しかし、早食いをする習慣がついたままでいると、体に悪影響が出てしまいます。

窒息や誤嚥、消化不良など最悪の場合は、死に至る可能性もあります。

また、犬の唾液は歯周病を防いでくれる大切な役目があり、早食いをすることで唾液がうまく口の中に行き渡らず、歯周病になる恐れもあります。

犬にとって早食いするということは当たり前のことなので、一気に食べてしまわないように工夫する必要があります。

そこで、すぐにできるちょっとした工夫をご紹介します!

フードボウルを替える

早食いを防ぐためにおすすめなのは、フードボウルを変えることです。

従来のフードボウルは、犬にとって食べやすいことをメインに作られているものが多いですよね。

しかし、最近ではフードボウルの中に角や突起物などがあり迷路状になった複雑な構造をしているものもあります。

複雑な構造をしているので、食べる時間がいつもよりもかかることで早食いを抑えることが出来ます。

また、知育おもちゃに餌を入れるフードボールもあり、ストレス発散にも効果があるものもありますので、一度試してみてみるのもいいかもしれません。

粒の大きさを小さくする

フードボウルを変えるだけでなく、餌の粒の大きさを小さくすることも早食いに効果的です。

餌の粒の大きさは、大体小粒で8mm、中粒で9~12mm、大粒で13mmが平均です。

犬の大きさや年齢によって粒の大きさは変わりますが、早食いの中でも噛まずに飲み込んでしまう犬には小粒サイズの餌をあげることをおすすめします。

しっかりと噛む犬で、噛むのが好きな犬には中粒サイズや大粒サイズでフードボウルを変える方がいいでしょう。

噛むのが好きな犬で、小粒サイズにするとストレスを感じてしまう可能性もありますので犬に合った餌のサイズを選んでくださいね。

【犬の餌の量】回数(頻度)・タイミング

犬の餌をあげる回数に関しては、色んな諸説がありますよね。

昔は、1日1回の食事がいいとされていましたが、現在では1日1回ではエネルギー不足だと言われています。

犬にとって食事の時間は楽しみの一つでもあります。

人と同じ朝・昼・夜の3回だと考える人もいますが、犬の成長段階によって餌の回数やタイミングは異なります。

成長段階に合った食事の回数やタイミングを、毎日ルーティン化してあげることが大切です。

犬は1日の中で、寝ている時間が多く生活リズムがつかみにくいので、決まった時間に餌や散歩にいくと行動しやすくなります。

年齢によって子犬時期、成犬時期、シニア犬時期と変わりますので、それぞれの当てはまる年齢と餌の回数やタイミングについてご説明します。

子犬の餌の回数

子犬と呼ばれる年齢は、一般的に生後半年~1歳くらいまでと言われています。

生まれてからも子犬と呼びますが、生後2週間を新生子期、生後3週間を移行期、生後13週間を社会化期、生後半年を若齢期と呼びます。

生後半年までの時期は1日3~4回、生後半年以降は2~3回が適切です。

子犬時期は、体がまだ未発達な状態であるためたくさん餌を食べることが出来ず、消化することが難しいとされています。

そのため、少ない量を何回かに分けて与えることが大切です。

生後半年を過ぎたころには、体が発達してより餌を食べることが出来ますので食事の回数を減らす必要があります、

餌をあげるタイミングは、生後半年までは朝・昼・夕方・夜、半年以降は朝・昼過ぎ・夜が最適です。

成犬の餌の回数

成犬と呼ばれる年齢は、一般的に1歳~6歳までだと言われています。

成犬の餌の回数は、1日2回が適切です。

今まで急激に成長していましたが、成犬になると成長が穏やかになります。

消化器官は発達し、たくさんの餌を食べることが出来るようになります。

また、活発になることから餌の量が足りないと要求してくることも多くなる時期になります。

しかし、成犬になると子犬時期よりカロリー要求量が少なくなるため、子犬時期と同じようなカロリーが高い食事を与えていると肥満になりやすいです。

ドッグフードは成犬用に変え、1日の餌の量を2回に分けて与えることをおすすめします。

餌をあげるタイミングについては、朝と夕方にあげるのが一番犬にとっていいとされています。

老犬(シニア犬)の餌の回数

シニア犬と呼ばれる年齢は、一般的に7歳くらいからだと言われています。

老犬(シニア犬)の餌の回数は、1日3~4回が適切です。

シニア犬になると、食欲が減ったり、噛む力が弱くなる傾向にあります。

また、消化不良を起こしやすいとも言われており、一度にたくさんの食事をすることが難しいです。

シニア犬の初期で、まだ元気である場合は急いで食事の回数を変えなくても大丈夫ですが、10歳以上になると高齢になるので対策は必要になります。

食事量を減らして5回に変えたり、餌を小さく柔らかめのものに変えたり、お湯でふやかしておくなど工夫してあげると食べやすくなります。

また、食事のタイミングについては、シニア犬は寝ていることが多くなるため睡眠時間の合間を縫って餌を与えるようにしましょう。

給餌タイミングのスタイルは2つ

「どのタイミングで犬に餌をあげるべきなのかわからない」という方もいますよね。

犬に餌を与えるタイミングやスタイルには種類があり、「自由採食法」と「定量給餌法」という2種類の方法があります。

餌を食べるタイミングを犬が決めるか、飼い主が決めるかの違いです。

飼っている犬の数や、病気があるかないか、病院での指示によって食事スタイルは変わってきます。

また、飼い主の生活環境によっても変わってきます。

それぞれの食事スタイルの特徴とメリットをご紹介します。

ご家庭に合った食事スタイルを取り入れてくださいね。

自由採食法

自由採食法とは、犬がいつでも好きな時に餌を食べられるようにカリカリのドライタイプフードをあげる食事方法になります。

メリットは、食事前のイラつきなどがないことと栄養状態が安定することです。

また、たくさんの犬を飼っている方は自由採食法だと餌の時間が楽にもなります。

犬はお腹がすくと、吠えたり、すごくお腹がすいているときには吐いてしまうこともありますので、そういった面でも自由採食法はいいとされています。

しかし、デメリットとして肥満になりやすい傾向にあります。

自由採食法を取り入れることで注意していただきたいのが、必ず新鮮な水をあげることです。餌をあげるときだけに水を変えていると新鮮ではなくなるので、水を定期的に変えてあげることを意識しましょう。

定量給餌法

定量給餌法とは、毎日決まった時間に決まった量をあげる食事方法になります。

メリットは、犬の体調面の変化に気付きやすいことと、数匹飼っている場合でも食事を平等に与えることができることです。

体調が悪いときはあまり餌を食べないことが多く、自由採食法ではわかりにくい食べた量を把握することが出来ます。

病院に行った時でも、どのくらい餌を食べたか、最後に食べたのはいつなのかなどの質問にも答えやすいです。

数匹飼っている場合では、取り合いになり食べ過ぎている犬と全然食べれていない犬がいることもあります。

そういった場合にも定量給餌量は、平等にすることが出来るので必要な摂取カロリー分を必ず摂取することが出来ます。

デメリットは、適切な餌の量を測らないといけないので少し面倒であることです。

【犬の餌の量】まとめ

以上、犬の餌の量や必要なカロリーの計算法、食べる回数や与え方、早食いの対策方法についてでした。

犬は、大切で家族と同じ関係なので健康で出来るだけ長生きしてほしいですよね。

犬は人に優しく、病気などでしんどいときはそばにいてくれたりします。

また、守ってくれたり、自分を大切にしてくれる飼い主のことを裏切ったりしません。

人と犬は、信頼関係が強いほど視線を合わせると言われています。

犬からよく視線を合わせてくる場合は、あなたのことを信頼しているという証です。

自分の味方をしてくれる犬を、いつまでも可愛がってあげてもらえればと思います。

犬の餌の量に悩んでいた方や、これから犬を飼おうと考えている方にもこの記事がお役に立てれば、幸いです。

犬の餌の量の具体例(ドッグフード別)

「計算ばかりでイメージがわかないよ!量を具体的に教えて!」

という人のために、例として、ドッグフード別の1日あたり給餌量をいくつか紹介します。

モグワンの1日あたり給餌量

モグワンの1日あたり給餌量

・子犬

成犬時の体重
1日あたり給餌量(g)
2~3ヶ月 4~5ヶ月 6~7ヶ月 8~9ヶ月 10~11ヶ月 12~13ヶ月 14~15ヶ月
1~4kg 60~70 80~90 80~90 60~70 50~成犬 成犬 成犬
5~10kg 140~150g 160~170 170~180 160~170 140~150 成犬 成犬
11~15kg 170~180 190~200 210~220 210~220 200~210 190~成犬 成犬
16~20kg 210~220 230~240 250~260 250~260 230~240 220~成犬 成犬
21~25kg 260~270 280~290 300~310 300~310 280~290 270~成犬 成犬
26~30kg 310~320 330~340 350~360 370 350~360 330~340 310~320
31~35kg 350~360 370~380 390~400 410 390~400 370~380 350~360

・成犬

体重
1日あたり給餌量(g)
1~4kg 26~73
5~10kg 86~145
11~15kg 155~196
16~20kg 206~243
21~25kg 252~288
26~30kg 296~330
31~35kg 338~370

・老犬

体重
1日あたり給餌量(g)
1~4kg 25~69
5~10kg 82~138
11~15kg 148~187
16~20kg 196~232
21~25kg 241~275
26~30kg 283~315
31~35kg 323~353

関連記事:モグワン口コミ

ファインペッツの1日あたり給餌量

ファインペッツの1日あたり給餌量

・子犬

体重
1日給餌量(g)
生後2~3ヶ月 生後3~6ヶ月 生後6~12ヶ月
1kg 35~50
2kg 60~90 50~70 35~55
3kg 85~100 65~95 50~70
4kg 105~150 85~120
5kg 125~175 199~140 75~105
6kg 140~220
7kg 160~230 125~185
8kg 175~250 140~200
9kg 190~275
10kg 205~300 155~235 125~180
12kg 190~275
15kg 225~325 170~245
20kg 210~300
25kg 330~475 240~350
30kg 285~410
40kg 355~505
50kg 420~600

・成犬

体重 1日給餌量(g)
2kg 20~24
4kg 40~48
6kg 60~72
8kg 80~96
10kg 100~120
15kg 150~180
20kg 200~240
25kg 250~300
30kg 300~360

・老犬

成犬から20~30%減らした量

関連記事:ファインペッツ口コミ

UMAKAの1日あたり給餌量

UMAKAの1日あたり給餌量

体重(kg) ~生後4か月 生後4~9ヶ月 生後9~12ヶ月 成犬
1-3 60-137 50-114 40-91 27-85
4-6 170-230 142-192 113-153 77-142
7-9 258-312 215-260 172-208 117-193
10-12 338-387 281-323 225-258 153-240
13-15 411-458 343-381 274-305 186-283

関連記事:うまかドッグフード口コミ

ネルソンズドッグフードの1日あたり給餌量

ネルソンズドッグフードの1日あたり給餌量

・子犬

体重
1日あたり給餌量(g)
2-5ヶ月 6-7ヶ月 8-11ヶ月 12-13ヶ月 14-17ヶ月
1-5 kg 125 104 104 85 85
5-10 kg 235 196 196 145 145
10-15 kg 307 256 230 210 210
15-20 kg 417 347 347 270 270
20-25 kg 517 431 431 330 330
25-30 kg 517 431 431 380 380
30-35 kg 701 584 584 584 435

・成犬

体重 1日給餌量(g)
1-5 kg 60 – 105
5-10 kg 105 – 150
10-15 kg 150 – 205
15-20 kg 205 – 250
20-25 kg 250 – 300
25-30 kg 300 – 345
30-35 kg 345 – 385

・高齢犬

体重 1日給餌量(g)
1-5 kg 25 – 83
5-10 kg 83 – 127
10-15 kg 127 – 175
15-20 kg 175 – 225
20-25 kg 225 – 265
25-30 kg 265 – 317
30-35 kg 317 – 368

関連記事:ネルソンズドッグフード口コミ

このこのごはんの1日あたり給餌量

このこのごはんの1日あたり給餌量

・子犬

体重
1~3kg 4~6kg 7~9kg
~生後4ヶ月 61~140g 173~235g 263~318g
4~9ヶ月 51~116g 144~196g 219~265g
9~12ヶ月 41~93g 115~156g 176~212g
1~2歳 38~86g 107~145g 163~197g
3~6歳 32~73g 91~123g 138~167g
7歳以上 28~63g 78~106g 119~144g

・成犬

体重
1~3kg 4~6kg 7~9kg
1~2歳 38~86g 107~145g 163~197g
3~6歳 32~73g 91~123g 138~167g

・老犬

体重
1~3kg 4~6kg 7~9kg
7歳以上 28~63g 78~106g 119~144g

関連記事:このこのごはん口コミ

ナチュロルの1日あたり給餌量

ナチュロルの1日あたり給餌量

~4ヶ月 4~9ヶ月 成犬
1kg 45 38 26
1.5kg 56 47 32
2kg 66 55 38
2.5kg 81 68 47
3kg 96 80 55
3.5kg 105 87 60
4kg 113 94 64
4.5kg 122 102 69
5kg 131 109 74
6kg 147 132 83
7kg 164 139 93
8kg 181 151 103
9kg 197 164 111
10kg 212 176 120
15kg 311 259 176
20kg 410 342 233
30kg 552 460 313
40kg 726 605 412
50kg 899 749 510

関連記事:ナチュロル口コミ

カナガンの1日あたり給餌量

カナガンの1日あたり給餌量

・子犬

体重(kg)
1日給与量(g)
2-3ヶ月 4-5ヶ月 6-7ヶ月 8-9ヶ月 10-11ヶ月 12-13ヶ月 14-15ヶ月
1-5kg 60-70 80-90 90-100 80-90 60-70 成犬 成犬
5-10kg 140-150 160-170 170-180 160-170 150-160 140-150 成犬
10-15kg 160-170 180-190 200-210 200-210 180-190 170-成犬 成犬
15-20kg 200-210 220-230 240-250 240-250 220-230 210-成犬 成犬
20-25kg 290-300 310-320 330-340 330-340 310-320 300-成犬 成犬
25-30kg 350-360 370-380 390-400 410 390-400 370-380 350-360
30-35kg 400-410 420-430 440-450 460 440-450 420 400-410

・成犬

体重(kg) 1日給与量(g)
1-5kg 25-80
5-10kg 80-140
10-15kg 140-190
15-20kg 190-235
20-25kg 235-275
25-30kg 275-315
30-35kg 315-360

関連記事:カナガン口コミ

ヤムヤムヤムの1日あたり給餌量

ヤムヤムヤムの1日あたり給餌量

体重(kg)
1日給餌量(g)
ドライタイプ
やわらかドライタイプ
2 55 70
4 95 115
6 125 155
8 155 190
10 185 225
20 310 380
タイトルとURLをコピーしました