犬の豆知識

犬の豆知識

4Dミートとは?危険性や不使用ドッグフードの見分け方

4Dミートとは、「DEAD(屠札以外で死んだ)」「DISEASED(病気)」「DYNING(死にかけ)」「DISABLED(障害がある)」といった動物の肉を指します。衛生面での危険性は特にありませんが、イメージが悪いですよね。不使用ドッグフードの見分け方もあわせて紹介します。
犬の豆知識

ドッグフードの賞味期限は開封後どれくらい?賞味期限切れは大丈夫?

ドッグフードの賞味期限はドライフードなら未開封で6~18ヶ月、開封後1ヶ月がスタンダードです。ウェットフードの場合は未開封で2~3年、開封後は2~3日です。酸化を考えると賞味期限切れはもったいなくても捨てましょう。保存方法もあわせて紹介します。
犬の豆知識

ドッグフードの保存方法おすすめ:開封後の保存容器はこれ!

ドッグフードの保存方法はドライフードなら開封後も密閉さえすれば常温でOK。冷蔵庫に入れるなら結露対策が必要です。ウェットフードは冷蔵庫必須です。ストッカーを使う場合は愛犬が1ヶ月で食べきる容量のものを選びましょう。おすすめの保存容器もあわせて紹介します。
犬の豆知識

犬が臭い原因と対策!体臭はシャンプーで抑えよう

犬が臭い原因は主に口臭・体臭・便臭と3種類あります。口臭はフードや歯周病由来なのでフードを替えるかデンタルケアを行うことで対策できます。体臭はアポクリン腺が原因であることが多く、シャンプーやボディシートで拭くことで軽減できます。便臭は腸内環境を健康に保つことで抑えられます。
犬の豆知識

犬にキャベツは大丈夫!与え方と量の注意点

犬にキャベツは与えても大丈夫です。与え方は生または茹でて、丸呑み対策で小さく切って与えます。与えてもいい量は小型犬で葉1枚程度です。注意点として、硬い芯や外葉は避けましょう。
犬の豆知識

犬のダイエット方法!痩せるコツで肥満解消!

肥満はさまざまな病気のリスク要因になるため速やかに解消するのが望ましいです。ここでは無理せず続けられる犬のダイエット方法や痩せるコツを紹介します。食事療法と適度な運動を組み合わせて、摂取カロリーを減らし消費カロリーを増やしていきましょう。
犬の豆知識

犬の糖尿病の食事は何がいい?症状と治療法について解説

犬の糖尿病は炭水化物やブドウ糖を含む食事を避け、低糖質を心がけましょう。ドッグフードは糖尿病に対応した療法食を選びます。初期症状は多飲多尿と体重減少。合併症は白内障や糖尿病性ケトアシドーシスなど複数あります。治療法はインスリン投与と食事療法です。
犬の豆知識

犬のクッシング症候群で食べてはいけないものは?食事と治療について解説

犬のクッシング症候群の治療(食事療法)は、高血糖になりやすい食品を避けることが大切。食べてはいけないものは、お菓子やスイーツなど砂糖やブドウ糖を含む食品や、とうもろこしや小麦など炭水化物が主体のドッグフードです。
犬の豆知識

犬に大根を与えても大丈夫!与え方の注意点やメリットを解説

犬に大根は与えても大丈夫。大根おろしなどにして生でも与えることができ、もちろん茹でてもOK。与え方の注意点は、喉に詰まらせないように小さくして与えるのと、食べ過ぎないようにしましょう。カリウムや葉酸が含まれており低カロリーなのがメリットです。
犬の豆知識

犬の餌の量の計算方法!年齢別ドッグフードの与え方

犬の餌の量は年齢だけでなくパピー・成犬・シニアといった成長段階、妊娠や去勢などの状態によっても変わります。ここでは年齢・成長段階別の計算方法やドッグフードの与え方について解説します。
タイトルとURLをコピーしました