犬の糖尿病の食事は何がいい?症状と治療法について解説

具合が悪い犬 犬の豆知識

犬の糖尿病とは?

糖尿病とは血糖値をコントロールするために重要な役割を持つ膵臓から分泌されるインスリンというホルモンの分泌量が不足するまたは分泌されない、分泌されても何らかの理由で機能しない、働きが阻害されるなどの原因で発症します。

インスリンは膵臓内にある「ランゲルハンス島」という細胞群から分泌され、血糖値を低下させる働きをもっています。

通常、食事で摂取した糖質(炭水化物)はグリコース(ブドウ糖)として血液中に運ばれた後、インスリンの働きによって細胞に取り込まれてエネルギーへと代わります。

しかし糖尿病になると血液中のブドウ糖を利用できないため高血糖となり、そのまま尿として排出されて、その結果エネルギー不足となります。

糖尿病に適した食事とは?

犬の糖尿病の症状・原因

ポメラニアン

犬の糖尿病にはいくつかの型が存在しますが、大部分が「インスリン依存性糖尿病(Ⅰ型)」と「インスリン非依存性糖尿病(Ⅱ型)」に分類されます。

犬の糖尿病で最も多くの割合を占めているのがインスリン依存性糖尿病です。

インスリン依存性糖尿病は、膵臓の細胞からインスリンが正常に分泌されなくなることによって高血糖症状になります。

一方、インスリン非依存性糖尿病は犬では稀で、その原因は主にインスリンの分泌機能は低下していないものの、インスリンへの反応が弱いことにより期待される作用が発揮されません。

他にも、黄体ホルモンが原因とされる糖尿病もあり、これはホルモンの影響によりインスリン抵抗性が上がっている状態になるため高血糖症状になります。

しかし犬の糖尿病は症状が特徴的であり診断しやすい病気です。

ですが、1回の血液検査や尿検査の高血糖や尿糖だけで「糖尿病」と判断しインスリンの適応をするのは危険なので、定期的な健康診断も含め2回以上の検査が必要と言えます。

犬の糖尿病の初期症状

犬の糖尿病の初期症状にはいくつかの特徴的な症状がありますが、そのなかでも代表的なものが「多飲多尿」「食事量の増加に対する体重の減少」です。

急に水を飲む量や尿の量が増えた、食事の量が増えてきたのに体重が減ってきているなどの症状が見受けられたら「糖尿病」の可能性が考えられます。

多飲の目安としては、24時間で体重1kg当たり100㏄以上の水を飲んでいるようであれば異常だと判断した方がよいです。

糖が尿として排出される際に水分も一緒に大量に排出されることで、多飲多尿となり脱水症状に陥ることもあります。

また、糖尿病の初期症状の段階では食欲があるため病気が悪化するまで、飼い主が気づかないこともよくあります。

日頃から愛犬の様子をよく観察して、糖尿病だけに限らず様々な病気の早期発見、初期症状のうちの治療に努めることがとても大事です。

犬の糖尿病の末期症状

糖尿病が進行して末期になると、初期症状の段階では食欲があったものの次第にご飯を食べないようになり、元気消失や虚脱状態、意識喪失や昏睡状態といった末期症状が現れます。

それに加えて、どうにか摂取した食事からのエネルギーも上手く細胞に取り込めなくなるので、どんどんやせ細ってしまうのです。

更に糖尿病の末期では「白内障」や「糖尿病性ケトアシドーシス」などの様々な合併症が現れることもあります。

この合併症が現れるか現れないかが愛犬の余命に大きく影響すると言っても過言ではありません。

末期症状や合併症を引き起こす前に、初期症状(多飲多尿など)が見受けられたタイミングですぐに動物病院を受診する事が重要となります。

犬の糖尿病の原因

糖尿病の原因は様々ありますが、犬の糖尿病のほとんどを占めているⅠ型糖尿病はその多くが膵臓内の細胞で分泌されるインスリンの量が絶対的に不足していることが原因です。

それに対して犬の糖尿病では稀ですがⅡ型糖尿病の原因は肥満や食事、ストレスなどと大きな関連があり先天性な理由も含めて、インスリンは分泌されているものの、これらの影響により期待される機能が働いていないのが原因です。

その他にも犬の糖尿病の原因と言われている主なものに、遺伝的要因、自己免疫性、年齢(おおよそ7歳を超えるとリスクが高くなるといわれています。)、犬種、性別があります。

オス犬よりもメス犬のほうがおおよそ2~3倍糖尿病になりやすと言われていますが、これはメス犬が持つ女性ホルモンの1つ(エストロゲン)がインスリンの機能を弱める働きを持っているためです。

犬の糖尿病の合併症

糖尿病をそのままにしていると様々な合併症を引き起こします。

代表的なものが、目が白濁してしまう「白内障」です。

糖尿病との因果関係は、はっきりとは不明ですが目が白っぽく見えてきたら早めに動物病院を受診することをお勧めします。

その他の合併症に肝臓疾患、膀胱炎、膵臓疾患、皮膚病、などがあります。

また、糖尿病は尿だけでなく血液中にも糖が多く含まれるため、体内が甘い状態になり寄生虫に感染しやすくなり更にその糖を栄養にして寄生虫が増殖しやすくなります。

メス犬の場合だと子宮蓄膿症を引き起こす場合もあります。

最も重篤な合併症と言われているのが「糖尿病性ケトアシドーシス」です。

糖尿病ケトアシドーシスになってしまい何も治療をしないと愛犬の余命を縮めることになってしまいます。

白内障

犬が糖尿病にかかるとほぼ100%の確率で白内障が起きると言われています。

更に糖尿病性白内障では、病状の進行が早いのが特徴です。

糖尿病性白内障を治療するためには糖尿病そのものをインスリンによって治療することももちろんですが、白濁した目の水晶体を元のクリアな状態にするためには外科手術以外に方法はありません。

しかし手術ができる動物病院は限られていますし、手術に伴う全身麻酔のリスクや術後の合併症も多く長期にわたって入院やしっかりとした術後管理が必要となります。

細菌による感染症

犬の糖尿病の合併症で多く見られるものには白内障のほかに慢性的な細菌感染によって起きる再発性皮膚炎や、体の免疫が低下することによって細菌や真菌などの様々なバクテリアが体内に侵入しやすくなって起こる感染性の膀胱炎などがあります。

感染性膀胱炎を起こすと、頻尿や血尿、尿の色や臭いに変化がみられます。

更にメス犬の場合は子宮蓄膿症を起こすこともあり、開放性、閉塞性いずれもかかってしまうと元気がなくなり発熱、多飲などの症状が現れ、放置すると最悪の場合死に至ります。

腎臓病

腎臓病は従来「腎不全」と呼ばれていました。

糖尿病による合併症で引き起こされた細菌感染から腎炎を起こすことがあります。

本来、腎臓はおしっこを作って法廃物を体外に送り出す役割のある臓器なのですが、腎臓病になってしまうと、その老廃物が上手く排出できずに身体に溜まってしまいます。

老廃物がそのまま体内に溜まり続けると犬の身体に様々な悪影響を及ぼします。

また、腎臓病の初期症状として糖尿病の初期症状と同じく多飲があります。

普段より水を多く飲む日が続くようであれば注意が必要です。

関連記事:犬の腎臓病フードはどれがいい?

糖尿病性ケトアシドーシス

糖尿病性ケトアシドーシスとは糖尿病が進行して発症する、犬の糖尿病の合併症の中で最も恐ろしい病気です。

インスリン不足により体内のブドウ糖の細胞内への取り込みが減少すると、その代償に中性脂肪がβ酸化を起こして「ケトン体」が発生します。

そのケトン体によって体内が酸性化し、糖尿病性ケトアシドーシスを発症します。

糖尿病性ケトアシドーシスが発症すると嘔吐、下痢、脱水などの症状が現れ更に進行するとケトアシドーシス性昏睡を引き起こし、最悪の場合死に至ります。

クッシング症候群

クッシング症候群とは副腎から分泌される「コルチゾール」というホルモンが出すぎてしまい、犬の体に悪影響を与えている状態のことを言います。

この症状が進行してしまうと免疫力が低下して、皮膚炎や膀胱炎などにかかりやすくなってしまいます。

クッシング症候群と糖尿病の関係として、糖尿病を患ったことにより様々な機能が低下してクッシング症候群を悪化させたり逆に、クッシング症候群がインスリンの抵抗性を誘発することによって糖尿病の原因となるなど、お互いに悪影響を及ぼします。

関連記事:犬のクッシング症候群で食べてはいけないもの

犬の糖尿病の治療方法はインスリン注射と食事療法

動物病院

犬の糖尿病の治療や合併症の予防のために注射を使っての「インスリン投与」とそれと合わせて「食事療法」も行います。

犬インスリン注射の種類はいくつかあり、効き目をみながら変更をする場合もあります。

基本的には生涯投与する必要があり、飼い主さん自身が自宅で注射を打つことになります。

ただ単にインスリン注射を行えばいいというものではなく、気を付けなければならないことや決まり事があるので、獣医師と相談しながら安全確実に行う必要があります。

食事療法もそれと同様で、総合栄養食を適量食べればよいという考えもありますが、症状や病気の進行によって食事内容や量をかかりつけの獣医師に相談しながら行います。

いずれの治療法も飼い主さんの負担が大きいので覚悟を持って治療にかかることが必要です。

治療方法①インスリン投与

犬の糖尿病は体内でインスリンを正常に分泌できないⅠ型糖尿病が多くを占めているため、インスリン投与をすることが治療の前提となります。

獣医師によって適切な種類、投与量を設定し定期的に血糖値が安定しているか確認します。

1日の投与回数は最も多いケースで1日に2回です。

できるだけ決まった時間に投与することが望ましく、毎日注射が必要となるので飼い主さんが行うことが多くなります。

注射のやり方や器具の使い方はかかりつけの動物病院から指導がありますが、同じ部位への連続した投与は皮膚が硬くなってしまったり、インスリンの量や投与回数を間違えて過剰投与してしまうと低血糖発作をおこし大変なことになるので自宅でのインスリン投与は十分に注意が必要です。

治療方法②食事療法

糖尿病の食事療法では血糖値の上昇や極端な低下を防ぐために食事間隔や回数の見直し、糖質を多く含む炭水化物を制限する事が必要です。

またブドウ糖を多く含む甘いものも制限する必要があります。

逆にたんぱく質の制限はする必要がなく、糖尿病による筋肉の減少を防ぐためにも良質なたんぱく質を与えるとよいです。

また、犬の腸に負担のかかりやすい食物繊維(野菜など)には与え方に十分な注意が必要となります。

脂肪もなるべく控え「低脂肪」を心掛けなければいけません。

なぜかと言うと、糖尿病の合併症である膵炎やクッシング症候群などは高脂血と深く関わりがある病気であるため、これらの併発のリスクを下げるためにも低糖質だけでなく低脂肪を意識した食事療法を行っていく必要があるのです。

手作りするときの注意点

愛犬にご飯を手作りしてあげるときにはいくつかの注意点があります。

まずはご飯の温度です。

出来立てで熱いものは必ず冷ましてから与えます。

目安としては人肌か人肌より少し温かいぐらいがよいです。

冷ましすぎて冷たくなりすぎてしまうと犬の嗜好性が上がらなくなることや、穀物などのでんぷんを含むものは消化できなくなる特性があるので注意が必要です。

また塩分過多を防ぐため加工品は使用を避け、味付けは基本的に必要ありません。

味がないと食べない場合は薄めの出汁などを少量使い、徐々に減らしていきます。

手作りレシピ例①蒸し鶏のサラダ

糖尿病の犬に必要なたんぱく質を含むレシピを紹介します。

ご飯の代わりに「きび」を使用することで糖質を制限し食物繊維やミネラルを多く摂ることができます。

それが、鶏むね肉を使った蒸し鶏のサラダです。

1.鶏むね肉を蒸して手で細かくさいておきます。

2.きびを洗い鍋で炊きます。

3.キャベツときゅうりを千切りにしてお皿にしきます。

4.3の上に炊いたきびをのせ、さらに1の鶏むね肉をのせます。

手作りレシピ例②納豆玄米ご飯の白菜ロール

次は「玄米」を使ったレシピです。

消化しづらい場合もあるので、よく煮込んで与えます。

弱った腸の腸内環境を整える納豆を使った、納豆玄米ご飯の白菜ロールです。

1.白菜を30秒程度ゆで、すぐに冷水にさらして水気をきっておきます。

2.フライパンに菜種油を薄くひいて鶏ひき肉を炒めます。

3.巻きすの上に1の白菜をしき、その上によく煮込んだ玄米と2の鶏ひき肉をのせて巻いていきます。

4.巻き終えた白菜ロールを一口大に切ってお皿に盛り付けたら完成です。

ドッグフード(療法食)の選び方

療法食はその犬の病気によってそれぞれ異なった栄養バランスで作られているため、すべての犬に適しているものではありません。

つまり、皆さんがよく目にしている「総合栄養食」とは違うのです。

療法食は獣医師の処方がなくてもネットなどで個人が簡単に購入すること事ができますが、飼い主さんの独断で総合栄養食から療法食に切り替えたり、病気の症状に合わない療法食を長い期間与え続けると、かえって愛犬の健康状態を悪化させることにつながります。

現在では様々なメーカーが療法食を製造、販売していますが、安全でより病状に効果的な療法食を選び、食事療法を行っていくためにも定期的にかかりつけの動物病院で診察を受け、獣医師に相談して的確な指示を受けることが重要です。

療法食の例:犬心 糖&脂コントロール

「犬心 糖&脂コントロール」は高血糖と高脂血を食事でサポートし、糖尿病だけでなく、併発しやすい7疾患を同時にケアする療法食です。

併発しやすい7疾患:
・クッシング症候群
・甲状腺機能低下症
・胆泥症・胆嚢粘液嚢腫
・膵炎
・高脂血症
・糖尿病
・メタボ・肥満

血糖値が上がりやすい糖質を除去し、糖の吸収をおさえる食物繊維をバランスよく配合しています。

また、粗脂肪率5~9%とドッグフードの中ではかなり低脂肪な部類で、オメガ3脂肪酸を含む良質な脂肪を使用しています。

さらに、乳酸菌配合で腸の健康もケア。

犬心公式サイト
で詳細な情報が確認できます。

関連記事:犬心の口コミ

糖尿病の犬におやつはあげないほうが良い

犬の補食やしつけのご褒美としておやつを与えることがあると思いますが、糖尿病を患った犬にはおやつを与えない方がいいよいです。

そもそも健康な犬でも栄養バランスのとれた食事をしっかり与えていればおやつを与える必要はありません。

犬の大好きな市販のクッキーやジャーキーには、たくさんの塩分や脂肪分、糖質を含んでおり、糖尿病の犬に与えるのは病状を悪化させることに直結します。

健康な犬の場合でも、必要以上に与え続けると肥満やその後の健康状態に影響します。

しつけのご褒美などは普段食べている総合栄養食を数粒与えたり、茹でたブロッコリーやキュウリなどの糖質の少ない野菜を適量与えて代用できます。

しかし、糖尿病の犬の場合はまず獣医師に相談して病状にあった的確な判断をしてもらうことが必要です。

犬の糖尿病の予防方法

大事な愛犬が糖尿病にならないためにも日頃からしっかりと予防してあげることが大切です。

まずは肥満を避けるために栄養バランスのとれた食事を適量与えて、お散歩などの運動もしっかり行います。

そしてオス犬より糖尿病にかかるリスクが約2倍にもなるメス犬には避妊手術を受けさせることでそのリスクを下げることができます。

また、日頃の食生活の蓄積から肥満につながり糖尿病のリスクが高くなると言われている老犬も足腰の衰えを考慮しながら毎日軽い運動をさせ、しっかりと体重管理を心掛けあげるとこが予防につながります。

そして糖尿病にかかりやすいとしてよくあげられている「トイプードル」や「ミニチュアダックスフンド」などの犬種は、日頃の食事や運動もさることながら定期的な健康診断などで体の異常を早期発見して対処してあげることが糖尿病にかかるリスクを少しでも下げることにつながると言えます。

タイトルとURLをコピーしました