モグワンの給餌量(子犬・成犬・老犬)と計算方法、注意点

モグワン モグワン

【モグワン給餌量】与える際のポイント

モグワン

この記事は、

「モグワンってどれくらいの量あげればいいの?」

「食べ終わってもクレクレが止まないんだけど、追加であげてもいいの?」

という方に向けて書いています。

モグワンに限らず、ドッグフードを与える量を決める要素は、

・成長段階
・体の状態(肥満・妊娠・療養中など)
・体重
・活動量
・個体差

といった要素によって決まります。

一方、犬種は関係がありません。

チワワやトイプードル、ポメラニアンといった小型犬であれ、ラブラドールレトリバーやロットワイラーなどの大型犬であれ、上で挙げた条件が同じであれば、それほど必要カロリーは変わりません。

ここでは、成長段階や体重別に、モグワンの適正な給餌量を紹介します。

モグワンの公式サイトをみてみる
 

モグワンの1袋の量とカロリー

モグワンの1袋の量は1.8㎏です。

カロリーは100gあたり363kcalです。

他のドッグフードと比べても標準的なカロリーといえます。

【モグワン給餌量】子犬(パピー)

パピー

子犬(パピー)に最適なモグワンの給餌量を紹介します。

成犬時の体重
1日あたり給餌量(g)
2~3ヶ月 4~5ヶ月 6~7ヶ月 8~9ヶ月 10~11ヶ月 12~13ヶ月 14~15ヶ月
1~4kg 60~70 80~90 80~90 60~70 50~成犬 成犬 成犬
5~10kg 140~150g 160~170 170~180 160~170 140~150 成犬 成犬
11~15kg 170~180 190~200 210~220 210~220 200~210 190~成犬 成犬
16~20kg 210~220 230~240 250~260 250~260 230~240 220~成犬 成犬
21~25kg 260~270 280~290 300~310 300~310 280~290 270~成犬 成犬
26~30kg 310~320 330~340 350~360 370 350~360 330~340 310~320
31~35kg 350~360 370~380 390~400 410 390~400 370~380 350~360

子犬はエネルギー要求量は多いですが、胃が小さいので一度にあまり大量に食べることができません。

そのため、上記の1日の量を3~4回にわけて与えましょう。

【モグワン給餌量】成犬

成犬に最適なモグワンの給餌量を紹介します。

体重
1日あたり給餌量(g)
1~4kg 26~73
5~10kg 86~145
11~15kg 155~196
16~20kg 206~243
21~25kg 252~288
26~30kg 296~330
31~35kg 338~370

上記の表は、
・妊娠中・授乳中ではない
・標準体重
を前提としています。

妊娠中・授乳中・肥満気味のワンちゃんの場合は、必要量が異なります。

それぞれを分けて紹介します。

避妊・去勢済の成犬のモグワン給餌量

避妊・去勢済の成犬に最適なモグワンの給餌量を紹介します。

体重
1日あたり給餌量(g)
1~4kg 23~65
5~10kg 76~129
11~15kg 138~174
16~20kg 263~216
21~25kg 224~256
26~30kg 263~293
31~35kg 300~329

避妊・去勢をしたワンちゃんは、体の中の臓器が減ることで、必要なエネルギーは減る一方、食欲はアップします。

そのため、どうしても摂取カロリー過多になりがちで、満足するまで食べさせていると太りやすくなるため、飼い主がコントロールする必要があります。

肥満・ダイエット中の成犬のモグワン給餌量

肥満・ダイエット中の成犬に最適なモグワンの給餌量を紹介します。

体重
1日あたり給餌量(g)
1~4kg 20~57
5~10kg 67~113
11~15kg 121~152
16~20kg 230~189
21~25kg 196~224
26~30kg 230~257
31~35kg 263~288

通常の成犬の量に比べて約22%少なくなります。

肥満用の量に切り替えた直後は、いきなり2割以上も減るわけですから、食べた後も満足せず、ちょうだい攻撃をしてくる可能性が高いです。

そんなときはカロリーの少ないキャベツやキュウリ、鶏ささみなどのトッピングでかさ増しをして、空腹感が起こりにくい食事内容にしてあげましょう。

妊娠中の成犬のモグワン給餌量

妊娠中は、妊娠何週目かによって必要なエネルギーが異なります。

4週目頃までは通常より少し多いぐらいですが、5週目頃から急にお腹が大きくなりはじめ、それに伴ってエネルギー要求量も増加します。

ここでは、妊娠1~4週目・5~6週目・7~8週目それぞれにおいて必要な給餌量の目安をそれぞれお伝えします。

妊娠中(1~4週)の場合

妊娠中(1~4週)の成犬に最適なモグワンの給餌量を紹介します。

体重
1日あたり給餌量(g)
1~4kg 29~81
5~10kg 96~161
11~15kg 172~218
16~20kg 329~270
21~25kg 280~320
26~30kg 329~367
31~35kg 376~411

この段階では、赤ちゃんの体はごく小さいため、エネルギー消費も少なく、要求されるカロリーは成犬とほとんど変わりません。

「妊娠してるからいっぱい栄養をとらなくちゃ!」

と思うあまり、量を増やし過ぎてしまうと肥満の原因になります。

この時点での急激な体重増加は望ましくありません。

そのため、ふだんの量より気持ち多い程度で止めておきましょう。

妊娠中(5~6週)の場合

妊娠中(5~6週)の成犬に最適なモグワンの給餌量を紹介します。

体重
1日あたり給餌量(g)
1~4kg 36~101
5~10kg 119~201
11~15kg 215~272
16~20kg 411~338
21~25kg 350~400
26~30kg 411~458
31~35kg 469~514

通常の成犬に必要な量と比べて4割強増えています。

大きくなってきた赤ちゃんに回る栄養が増加してくる頃です。

あまりお腹が目立って張ってくるというところまではいきませんが、消費カロリーは確実に増加します。

妊娠中(7~8週)の場合

妊娠中(7~8週)の成犬に最適なモグワンの給餌量を紹介します。

体重
1日あたり給餌量(g)
1~4kg 43~122
5~10kg 143~242
11~15kg 258~327
16~20kg 493~405
21~25kg 420~480
26~30kg 493~550
31~35kg 563~617

この頃になると外から見ても明らかなくらいにお腹が大きくなってきます。

それに伴い餌の必要量も通常の成犬に比べて6割以上増えています。

しかし、大きくなったおなかの赤ちゃんに胃が圧迫され、以前ほどの量が入らなくなるワンちゃんもよくいます。

そんなときは、パピーと同じように1回あたりの量を減らし、それ以上に給餌回数を増やして摂取カロリーを確保します。

授乳中の成犬のモグワン給餌量

授乳中の成犬に最適なモグワンの給餌量を紹介します。

体重
1日あたり給餌量(g)
1~4kg 87~243
5~10kg 287~483
11~15kg 517~653
16~20kg 987~810
21~25kg 840~960
26~30kg 987~1100
31~35kg 1127~1233

授乳中は一生のうちで最も食べる時期です。

毎日母乳を作るために大量のエネルギーを必要とするため、必要なカロリーはときに平時の4倍にも達することがあります。

ただし、赤ちゃんの数やおっぱいを飲む量にも影響され、個体差が非常に大きいです。

いったんは上記の量を与えつつ、こまめに体重を測り、痩せてくるようならフードの量を増やす、太ってくるようならフードの量を減らすなどして、体重維持に務めましょう。

【モグワン給餌量】老犬(シニア)

老犬

老犬(シニア犬)に最適なモグワンの給餌量を紹介します。

体重
1日あたり給餌量(g)
1~4kg 25~69
5~10kg 82~138
11~15kg 148~187
16~20kg 196~232
21~25kg 241~275
26~30kg 283~315
31~35kg 323~353

肥満の犬と同じ数字になることにお気づきでしょうか。

一般に7歳になるとシニアの仲間入りとされます。

老犬は代謝や消化機能が衰えてくるため、それまで難なく食べられていたフードで下痢をするようになることも。

また、活動量が徐々に減ってくるため、食欲が落ちないからといって成犬時と同じ量を食べていると太ってしまいます。

人間でいう中年太りのようなものですね。

量はもちろんのこと、ウンチの状態まで気を配って適正量の維持に努めましょう。

モグワンの公式サイトをみてみる
 

【モグワン給餌量】計算方法

量

モグワンの給餌量の計算方法を紹介します。

犬の給餌量の計算にはRERとDERという指標を使います。

・RER(Rest Energy Requirement)

安静時の1日あたりエネルギー要求量(カロリー)。

RER=(体重の0.75乗)×70

たとえば・・・

小型犬:体重3kgのトイプードルなら、160kcal。

中型犬:体重10㎏のビーグルなら、394kcal。

大型犬:体重30kgのゴールデンレトリバーなら、897kcal。

といった具合です。

体重が倍になったから単純にカロリーも倍、というわけではありません。ご注意ください。

・DER(Daily Energy Requirement)

1日の活動に必要なエネルギー要求量(カロリー)。

DER~RER×活動係数

活動係数表

成長段階 犬の状態 活動係数
子犬
~3ヶ月 3
4~9ヶ月 2.5
10ヶ月~1歳 2
成犬
肥満傾向 1.4
減量 1
妊娠1~4週 2
妊娠5~6週 2.5
妊娠7~8週 3
授乳中 4~8
老犬 1.4

なお、これまでに紹介してきたモグワンの給餌量は、この表を根拠にして計算しています。

注意点としては、活動係数表は通常の活動量を想定しています。

スポーツドッグなどのアスリート犬ではより大量のカロリーを必要としますし、逆に入院中や室内での生活が主でほとんど運動をしない生活をしているなら、それほどカロリーは必要ではありません。

【モグワン給餌量】切り替えたとき

他のドッグフードからモグワンに切り替えたとき、給餌量はどのように変更すればいいでしょうか。

注目すべきはビフォーアフターのドッグフードのカロリーの差です。

以前あげていたドッグフードのほうがカロリーが高いなら、モグワンの量を増やす。

以前のドッグフードのほうが低カロリーなら、モグワンの量を減らす。

たとえば、それまであげていたドッグフードのカロリーが400kcalだったとします。

モグワンに変えると100gあたりのカロリーは約1割落ちます。

そのため、以前より約1割ほど増やした量を与えるとよいでしょう。

そのさい、本記事で挙げた表からずれているからといって、気にする必要はありません。

実際に食べさせて体重が維持できる量が適量です。

【モグワン給餌量】注意点

モグワンの量に関する注意点が1つ。

今回紹介した量はあくまで目安に過ぎないということです。

活動量の差や持って生まれた代謝量の差などがあり、すべてのワンちゃんが当てはまるわけではありません。

月に1回程度体重を測り、体重の推移を観察しましょう。

体重に増減があるようなら、それに応じてモグワンを減らしたり増やしたりしましょう。

体重を維持できる量が、そのワンちゃんにとっての正解です。

モグワンの公式サイトをみてみる
 

関連記事:モグワン口コミモグワン子犬

タイトルとURLをコピーしました