ペキニーズは性格悪い?攻撃的で気持ち悪い?かわいすぎるという人も

sponsored link

ペキニーズは性格悪くて攻撃的?

ペキニーズは性格悪い?攻撃的?

ライオンのたてがみのような被毛とぺちゃ鼻が特徴的なペキニーズは、愛嬌のある見た目に似合わず「性格が悪い」「攻撃的」といわれることがあります。

「北京の犬」という意味の名前を持つ「ペキニーズ」は、古くから中国で皇帝への贈り物として宮廷に献上されていた由緒ある犬種です。

そんなペキニーズは、貴族などの愛玩犬として生活していたためか気位が高く、「猫のような性格」で「頑固」という声もよく耳にしますが、実際はどうなのでしょうか。

次は、「懐かない」「頑固」「攻撃的」などといわれるペキニーズの性格についてご紹介していきます。

懐かない・マイペース・猫のよう

ふわふわの被毛で愛らしい容姿のペキニーズは、甘えん坊タイプと思われがちですが、実は独立心が強く、飼い主に媚びたり依存したりすることはあまりありません。

またペキニーズは抱っこされることも好きではなく、マイペースで人見知りのため人に懐かない個体が多いことから、「猫のような性格」といわれることもある犬種です。

このように性格が猫のようなペキニーズは、他人にフレンドリーな態度をみせることは少ないですが、飼い主には甘えん坊な姿をみせてくれることもあります。

懐くと愛情深い面も

猫タイプの性格といわれるペキニーズは、飼い主からベッタリと過剰に構われるのが好きではありません。

抱っこや撫でるといった飼い主の愛情表現も、そのときの気分しだいで、嫌がることもあるくらいです。

しかし、一緒の時間を積み重ねて信頼関係が築かれると、ペキニーズは飼い主に愛情深い面を示してくれるようになります。

懐くにつれて心を許してくれるようになるペキニーズは、愛犬とつかず離れずの関係を楽しみたい人には、とくに魅力的な犬種かもしれません。

聡明で頑固

鼻ぺちゃでくりくりした瞳のペキニーズは、キュートで愛嬌あふれる容姿の持ち主ですが、じつは聡明でプライドが高いうえ頑固な面も持ち合わせています。

ペキニーズは、自分に対する人の気持ちを見抜くこともあるほど聡明な犬種なので、気に入らないことがあった場合に悪知恵を働かせることもあります。

ペキニーズは基本的に温厚な性格ですが、聡明さがずる賢さにつながると、しつけに手を焼くこともあるかもしれません。

また、頑固な面を持つペキニーズを上手くしつけるには、飼い主の忍耐力も必要になります。

攻撃的・よく吠えるという意見

ペキニーズは攻撃的で、良く吠えるという意見を耳にすることがあります。

ペキニーズは家族以外の見知らぬ人に対して攻撃的になったり、他の犬に敵意を見せたりすることがありますが、比較的吠えることは少ない犬種です。

たとえ飼い主でも気を許すまでに時間がかかるペキニーズが吠えるときには、「見知らぬ相手に恐怖を感じている」などの原因があるはずです。

ほかにも何か要求があって吠えていることも考えられますので、吠える原因を理解し取り除くようにしましょう。

ペキニーズが吠えているときに大声で叱り付けるのは、逆効果になるためおすすめできません。

オス・メスで違いはある?

「猫のような犬」と呼ばれる、マイペースで気分屋のペキニーズですが、オスとメスでは性格に違いがあるのでしょうか。

ペキニーズは、一般的にオスのほうが甘える傾向が強いといわれています。

またメスは自由で思うままに行動することが多く、「犬界の猫」を地で行く傾向が強いようです。

総じて、ペキニーズは「オスはやんちゃな時期が長く、メスは落ち着くのが早い」といえるでしょう。

しかし、これはあくまでも犬種の傾向であり、ペキニーズの性格は個体によっても大きく異なるため、一緒に時間を積み重ねることで理解していくようにしましょう。

ペキニーズは気持ち悪いと言われる理由

くりくりとした瞳にフサフサで豊かな被毛を持つペキニーズは、「ブサカワ」で人気の犬種ですが、「気持ち悪い」と言われることもあるようです。

ペキニーズが「気持ち悪い」と言われる理由は、鼻ぺちゃで愛嬌のある顔立ちの犬が好みではない人もいるからでしょう。

犬の容姿の好みは人それぞれですが、ペキニーズは中国で獅子(ライオン)や狛犬に似せて作り出され、「獅子犬」と呼ばれ神聖な動物として扱われてきた犬です。

そのためペキニーズは「気品高い」「貫禄がある」などと表現されることもありますが、「見ているだけで癒やされる」「かわいすぎる」などの声も多くあるようです。

ペキニーズがかわいすぎるという意見

ペキニーズの赤ちゃんの値段と購入方法

ほかの犬種に比べて高額なイメージのあるペキニーズですが、赤ちゃんの値段は購入先によって大きく異なります。

ペキニーズの赤ちゃんを購入する方法は、「ペットショップで購入する」「ブリーダーから譲り受ける」などです。

ペキニーズの赤ちゃんの値段は、およそ20~40万円程度ですが、ペットショップは比較的安価であり、ブリーダーは高額になることが多いようです。

大切な家族の一員として迎え入れるためには、入念な調査をしたうえで信頼できると判断した購入先で入手するようにしましょう。

ペキニーズの平均的な大きさ・体重

かつては中国の宮廷で皇族の袖の中に入っていたため、「袖犬」と呼ばれていたペキニーズですが、現代のファッションでは袖に入れるのはサイズ的に難しいかもしれません。

ペキニーズの成犬の平均的な大きさは、体高がおよそ20cm、体重は5kg前後で小型犬に属しています。

ペキニーズの大きさや体重には個体差がありますが、4~6kg程度なら標準サイズといえるでしょう。

ペキニーズの体重が7kg以上になると、肥満の可能性もあるため注意が必要です。

ペキニーズの飼い方

ペキニーズの飼い方

基本的に温厚で吠えることも少ないペキニーズの飼い方は、犬を飼うのが初めての人でも難しくはありません。

ただし、ペキニーズは次のような性質の持ち主なので、飼う場合はしつけを根気よく行う必要があります。

・猫のようにマイペースで気まま
・聡明なので悪知恵が働くことがある
・攻撃的になることがある

また、ペキニーズは夏場の温度管理のほか、被毛のお手入れなども欠かすことができません。

次は、「散歩」「被毛のお手入れ」「抜け毛」「暑さ対策」などの、ペキニーズの飼い方についてご紹介していきます。

散歩時間は短めでOK

ペキニーズは運動量をそれほど必要としない犬種なので、散歩時間は短めでもOKです。

ペキニーズの運動量は室内遊びでも十分ですが、できれば1日に2回、15分程度の散歩をさせましょう。

ただしペキニーズは暑さに弱いため、夏場の散歩は早朝か夜などの涼しい時間帯にしてください。

また、ペキニーズはフサフサとした豊富な被毛の持ち主のため、散歩中にノミやダニがついても見つけにくいので、予防薬でしっかりとした対策をとっておきましょう。

首輪よりハーネスを使うほうが良い

犬の散歩に首輪を使用する人は多いですが、ペキニーズなどの短頭種の犬種にはハーネスを使うことをおすすめします。

短頭種の犬は咽頭や鼻の構造上、呼吸器官が貧弱なので、負担のかかる呼吸器系にトラブルが起こりやすくなります。

ハーネスは、犬の体にかかる負担を首だけでなく胴体にも分散させることができるため、ペキニーズなどの短頭種のほか、老犬の散歩にも活用できるアイテムです。

ペキニーズの散歩にハーネスを使用する際には、愛犬に合ったサイズのものを選び、正しいつけ方で装着させましょう。

被毛は長いがトリミングは不要

ペキニーズは、たっぷりとした長い被毛の持ち主ですが、トリミングは不要です。

ペキニーズは被毛が長いため、きちんとお手入れをすることによってさらに優雅さが増し、気品に満ちあふれた姿で魅了してくれるはずです。

ただし、ペキニーズの足先などの毛が伸びすぎていると、フローリングなどで滑って転ぶ恐れがあるため、足周りの毛は短く整えておいたほうがよいでしょう。

日ごろから足周りの毛が伸びていないかチェックしておき、1月に1回程度の頻度でカットするようにしましょう。

抜け毛が多いためブラッシングや掃除は必須

ペキニーズの被毛は長いだけではなくダブルコート(上毛・下毛の2層構造)なので、とくに換毛期は驚くほど多く毛が抜けます。

そのため抜け毛の多いペキニーズを飼うと、毎日のブラッシングや、こまめな部屋の掃除が必須になります。

ペキニーズのブラッシングを怠り、抜け毛を放置して毛玉ができてしまうと皮膚トラブルにつながることもあるため、ブラッシングは念入りに行いましょう。

ペキニーズの抜け毛がとくに多くなる、暑い季節にサマーカットをすると、毛の長さが短くなることで抜け毛のボリュームは少なくなります。

暑さがニガテなので夏は涼しい環境で

汗腺が肉球にしかない犬は体温調節がしにくい動物ですが、ペキニーズのような短頭種の犬種はとくに暑さをニガテとしています。

ペキニーズが暑いと感じているときは、次のような動作や行動を見せるのでエアコンなどを活用し温度対策をしましょう。

・ハァハァと息づかいが荒くなる
・冷たい床などに移動して寝る
・ぐたっとして動かなくなる
・水をよく飲む

ペキニーズは室内でも熱中症になるケースがあるため、暑そうにしていたらエアコンで室温を下げるほか、冷却シートなども用意してあげましょう。

ペキニーズの寿命は短命?かかりやすい病気も

ペキニーズの寿命と病気

マイペースで人に気を許すまでに時間のかかるペキニーズには、少しでも長生きしてもらいたいものですが、平均寿命はどのくらいなのでしょうか。

ペキニーズが属する「小型犬の平均寿命」は、およそ13~14歳といわれています。

ペキニーズの平均寿命は12~15歳と考えられているので、短命というわけではありません。

また近年の医療の発達や動物病院の充実により、今後さらにペキニーズの寿命が延びることも期待できるでしょう。

ペキニーズは、飼い主が生活環境に気を配ることで健康的に長生きできる可能性が高くなりますが、次のような「かかりやすい病気」もあるため注意が必要です。

短頭種気道症候群

ペキニーズなどの短頭種の犬種には、いびきのような呼吸音や睡眠時無呼吸などの呼吸困難がみられることがありますが、これらを総称して「短頭種気道症候群」と呼びます。

短頭種の犬は、鼻ぺちゃの顔立ちにする意図で交配を重ねたため、生まれつき「鼻腔狭窄(鼻の穴が狭い状態)」になりやすいという特徴があります。

「短頭種気道症候群」は、鼻腔狭窄のほか、喉や気管などが異常に狭い状態になることで発症し、気道に負担がかかりすぎると重症化することもあります。

「短頭種気道症候群」で呼吸困難を起こすと命にかかわることもあるため、異常に気づいたら早めに獣医師の診察を受けましょう。

皮膚炎・皮膚腫瘍

ペキニーズは被毛が長く量も多いことに加えて、皮膚にたるみがあるため、皮膚炎や皮膚腫瘍などの皮膚疾患を発症しやすい犬種です。

ペキニーズがアレルギー性の皮膚炎を発症すると、痒みや湿疹のほか脱毛などがみられます。

皮膚炎は、早めに兆候を見つけることで完治も早くなるため、日ごろのお手入れの際にチェックをするようにしましょう。

また、ペキニーズの皮膚に「しこり」のような皮膚腫瘍ができることがありますが、悪性の場合は命にかかわるリスクがあるため、見つけたら早急に動物病院で診察を受けて下さい。

軟口蓋過長症

「軟口蓋過長症」はペキニーズなどの短頭種の犬に多くみられる疾患です。

「軟口蓋過長症」の原因は先天的なもので、「軟口蓋(口腔内の天井部から奥に続く柔らかい部分)」が正常よりも長いことで呼吸が妨げられることによって起こります。

「軟口蓋過長症」のペキニーズには、次のような症状があらわれます。

・興奮した時に「ガーガー」と音がする
・苦しそうに呼吸する
・重度になると、呼吸困難・チアノーゼになる

「軟口蓋過長症」のペキニーズは、1~3歳のうちに治療を行ったほうがよいとされています。

また、ペキニーズが「軟口蓋過長症」になると熱中症のリスクが高くなるため、暑い季節の気温調整はしっかりと行いましょう。

膝蓋骨脱臼(パテラ)

「パテラ」と呼ばれる「膝蓋骨脱臼」は、小型犬に多く認められる関節の疾患ですが、ペキニーズはこの病気を発症しやすい犬種といわれています。

犬の膝の関節は、「大腿骨・脛骨・膝蓋骨」の3種類の骨で形成されています。

「膝蓋骨脱臼」は、この中の「膝蓋骨」が本来の位置から外れてしまう病気で、先天的な異常や、事故などで膝に強い力がかかることでも生じることがあります。

ペキニーズの「膝蓋骨脱臼」の原因が、先天的な骨格・体型の問題の場合は、成長とともに徐々に進行していくため異常に気づきにくいものです。

次のような異常がみられたら、早めに獣医師の診察を受けてください。

・「ガニ股」や「よちよち歩き」など、歩き方に異常がある
・段差を嫌がる
・ジャンプをためらう

椎間板ヘルニア

ペキニーズは、ほかの犬種に比べて椎間板ヘルニアにもかかりやすいといわれています。

ペキニーズはアクティブな犬種ではないため運動量はそれほど必要としませんが、頭の部分が重いので、滑りやすい床で遊んだりすると首や足腰に負担がかかってしまいます。

椎間板ヘルニアは痛みを伴う疾患なので、愛犬が滑ることで発症することがないように、床に滑り止めマットやカーペットを敷くなどの対策をとっておきましょう。

ペキニーズの椎間板ヘルニアは、軽度であれば症状に気づきにくいため、少しでも気になる点があれば病院で検査を受けましょう。

ペキニーズは初心者向け?向いている人

ペキニーズは基本的に穏やかな性格で攻撃性も低く、原因がなければ吠えることも少ない犬種です。

また、イタズラや暴れることも少ないタイプなので、犬を飼うのが初めてという初心者の人でも安心して飼うことができます。

ただし、ペキニーズは「犬界の猫」と呼ばれるようにマイペースな性格なので、飼い主でも気を許すまでに時間がかかることがあります。

ペキニーズは懐くと愛情深い面も見せてくれるので、甘えてくるのは過度に期待せず、じっくりと良い関係を築いていきたい、という人に向いている犬種といえるでしょう。

ペキニーズを飼って後悔する人

ペキニーズは初心者でも飼いやすい犬種ですが、飼ってから後悔する人もいます。

次のような人がペキニーズを飼うと、後悔することになるかもしれませんので、熟慮したうえで判断するようにしましょう。

・家の中を汚したり荒らしたりしてほしくない人
・甘えてほしい人
・子供の遊び相手になってほしい人

大人しい性格のペキニーズでも、やんちゃな幼犬期は室内を荒らすことが多く、ダブルコートで長い被毛の犬種なので、掃除を怠ると大量の抜け毛で部屋はすぐに毛まみれになります。

また自由気ままでマイペースのペキニーズは、人に甘えたり、ベタベタと構われたりするのも好きではないため、子供の遊び相手になるのも難しいでしょう。

関連記事:小型犬ドッグフードおすすめランキング!超小型犬にも安全

タイトルとURLをコピーしました