トイプードルのドッグフードおすすめ人気ランキング。涙やけにいい餌は?

sponsored link

トイプードルのドッグフードの選び方

トイプードル
人間の言葉を覚える能力が高く、その頭の良さや飼いやすさ、見た目の愛くるしさから、日本でも大人気な犬種・トイプードル。

しかし、いくら飼いやすいといっても、どんな犬種にもいいも悪いもそれぞれの特性もあります。

体格、体重はどのくらいなのか、かかりやすい病気はなんなのか、運動量はどのくらいなのかなどもありますし、もちろん同犬種だとしても個体差もあり、犬種によって必要な栄養価は少しずつ異なるのは当然のことです。

特にトイプードルの場合、
・毛並み、毛質
・目の病気
・耳の病気
・関節の病気
などに注意が必要です。

言うまでもなく、健康維持・健康促進のためのドッグフード選びをすることが大前提ですが、加えて、トイプードルの特性を理解したドッグフードの選び方をするようにしましょう。

さっそく、トイプードルドッグフードの選び方を詳しくご紹介します。

すぐにトイプードルおすすめフードを見る

①ドライフードなら小粒を選ぶ

トイプードルにドライフードを与える場合は、小粒のものを選びましょう。

ドライフードとひと言でいっても、小粒、中粒、大粒とさまざまな大きさ・硬さがありますが、粒のサイズは、犬の口の大きさに合わせて選ぶようにします。

つまり、小型犬に大型犬が食べるような大粒タイプのフードを与えると、食べづらく喉に詰まらせてしまう危険があるので注意が必要です。

逆に小型犬向けの小粒タイプのフードを大型犬に与えてしまうと、早食いの原因にもなりかねません。

愛犬の口の大きさに合うサイズを選ぶようにしましょう。

またドライフードの場合、お湯でゆるめて硬さを調整できることや、ウェットフードなどより保存期間が長いのも嬉しいポイントです。

パピーにドライフードをそのまま与えると消化不良を起こす可能性があります。

成犬・シニア犬の場合でも、体調によっては硬いフードを食べてくれないなんてことも…。

そんな時には、お湯でフードをゆるめて硬さを調整して与えられるのは助かりますよね。

②カロリーは体型で選ぶ

ドッグフードを選ぶ時は、しっかりカロリーもチェックしてください。

飼い主にとってドッグフード選びは、栄養素ばかり気にしてしまいがちなのですが、愛犬の体型・体質・運動量によって、必要なカロリーは異なります。

標準よりも痩せ型な子には高カロリーなもの、肥満が気になる子には低カロリーなもの、運動量が多い子には高カロリーなもの、あまりお散歩に行きたがらず運動量が少ない子には低カロリーなものを与えるようにしましょう。

ドッグフードによって、愛犬の体型は驚くほどに違ってきます。

また、去勢手術・避妊手術後にはホルモンバランスが崩れて、太りやすくなってしまいますので、定期的に与えるドッグフードのカロリーをチェックしておくとなおよし。

愛犬の健康維持には、体型チェックは非常に大事なことですからね。

③良質なたんぱく質(肉・魚)が多く使われている

鶏肉、豚肉、牛肉や魚など、良質なたんぱく質が主原料になっているドッグフードを選びましょう。

タンパク質は筋肉の発達や血液・皮膚・被毛の組織の形成など、体づくりやエネルギーの基礎になる栄養素。

愛犬の健康維持には欠かせまないものです。

たんぱく質には動物性と、植物性があります。

犬は本来肉食が強い雑食の動物ですから、肉・魚のたんぱく質がおすすめです。

たんぱく質が不足すると免疫力が下がり、体調を崩しやすくなる上に、被毛の質が落ちて皮膚を守る機能が低下して皮膚炎を起こす可能性もあります。

毛質が特徴でもあるトイプードルにとって、タンパク質不足はいいことではありません。

なお、たんぱく質がしっかり取れていれば、炭水化物はそんなにたくさん取る必要はありません。

とはいえ、炭水化物も適量は犬にも必要な栄養素です。

主原料が肉・魚などのたんぱく質であり、適度な炭水化物量のものを選ぶようにしましょう。

④関節ケア成分配合

最初に少し触れたように、トイプードルが発症しやすい病気として、関節炎やリウマチがあります。

関節炎やリウマチは、関節を守る免疫機能が低下することにより発症するのですが、残念ながら現段階では、一度発症すると根治が難しい病気です。

可愛い愛犬が、関節炎で痛そうにしていて元気に過ごせないなんて、飼い主にとっても心苦しいのではないでしょうか。

そんな発症しやすい病気も、日々食べるもので適切なケアをしていくことが重要です。

関節炎やリウマチのリスクを軽減するために、飼い主がドッグフード選びで考えるべきことは2つ。

1.食べ過ぎない、栄養バランスのいいものを選んで肥満を防止する
2.グルコサミンやコンドロイチンなど関節ケアができる成分が配合させているものを選らぶ

グルコサミンやコンドロイチンは、関節を衝撃から守る軟骨を作るのに必要な栄養素です。

日頃の食べ物で、しっかり補えるようにしておきましょう。

⑤胃腸ケア成分配合

愛犬の腸内環境を良くすることは大切なこと。

人間でも”腸活”があるように、犬にとっても腸内環境は健康のバロメーターと言っても過言ではありません。

胃腸に負担がかかっていると、便秘や下痢の原因になってしまうことは知られていますが、アレルギーなどにも関係してくることもあります。

そのため、消化の手助けになる乳酸菌やオリゴ糖、高消化率のたんぱく質、食物繊維を含むドッグフードを与えるようにしましょう。

難しいようであれば、サプリメントをフードに混ぜて与えるなどもいいですね。

そもそも犬は人と生活するようになるまでは、自ずと腸内環境を正常に保つための食べ方をしていました。

しかし、人と暮らすようになって、善玉菌をとれる食生活をする機会が本来よりも減ってしまっています。

私たち飼い主が、しっかり意識して消化のサポートができる栄養素(乳酸菌やオリゴ糖、高消化率のたんぱく質、食物繊維など)を与えるようにする必要があるんですね。

⑥健康な皮膚・毛づやの維持にオメガ3とオメガ6

トイプードルの特徴でもある毛質や毛づや。

健康な毛質は言うまでもなく、健康な皮膚があってこそ維持できます。

皮膚の健康維持や毛づやの維持に欠かせないのが、たんぱく質と脂質なのですが、中でもおすすめなのが、オメガ3系脂肪酸やオメガ6系脂肪酸を含む不飽和脂肪酸です。

オメガ3は、えごま油や魚由来の油など、オメガ6はひまわり油やコーン油などに含まれています。

オメガ3系脂肪酸やオメガ6系脂肪酸は体内では形成できない成分のため、飼い主が与えるドッグフードでしっかり補給されるようにするのが望ましいです。

ただ『脂肪』と聞くと、飼い主としては愛犬が太ってしまわないかと心配になるかもしれません。

しかし脂肪が不足すると、毛づやどころか脱毛が起きてしまったり、皮膚にかゆみが出てしまったりする原因になりかねません。

脂肪を適度に取らせることで、毛づや改善のみならず、涙やけなどの目のトラブルが改善されることもありますので、不飽和脂肪酸のオメガ3やオメガ6が含まれているドッグフードを選ぶようにしてあげましょう。

⑦食いつきが悪いときは香り成分が異なるものを

一生懸命飼い主が吟味して採用したドッグフードにも関わらず、残念ながら思うように食べてくれないこともあります。

愛犬の体調がよくない時や、ドッグフードを変えた時、年齢を重ねた時など、食いつきが悪くなる原因はいくつか考えられるのですが、飼い主としては、愛犬が食いつきよく食べてくれる方が嬉しいですよね。

食いつきの悪さに困った時には、犬の食欲をそそる香り成分でもあるチキンオイルやサーモンオイル、チキングレイビー(肉を煮たり焼いたりした時に出てくる肉汁)、鰹節が含まれているドッグフードを与えると、食いつきが改善されるとがあります。

鰹節はフードにトッピングするのもいいですし、鰹節だけを食べてしまわないように混ぜ込んで与えるのもおすすめです。

また、ドッグフードをぬるめのお湯でふやかすのも食いつき改善の方法として有効とされています。

フードをふやかすことで、香りがたちやすくなるため、愛犬の食欲をそそることができるのです。

この時に、鰹節の煮出し汁でドッグフードをふやかすと一層効果を感じることができますよ。

⑧グレインフリーにこだわる必要はない

ドッグフードを選ぶ時は、グレインフリー(穀物不使用)を選ぼう。なんてよく言われますが、これについてはそこまでこだわる必要はありません。

「穀物を多く含むドッグフードは、穀物アレルギーを起こす原因になる」なんてことを、一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか?

犬は穀物を分解する酵素成分であるアミラーゼが少ないと言われており、消化できないことが原因でアレルギートラブルになるとされているのですが、実際のところはこの話に関する科学的な根拠はありません。

むしろ、犬がアレルギーを起こす食材についての研究では、牛肉や乳製品の方がアレルギーを起こす危険性が高いという結果が出ています。

ただし、犬種によっては確かに穀物アレルギーを起こしやすい犬種(テリア系・セッター系など)もいますし、アレルギーを起こしやすい犬種ではなかったとしても、その子の体質もありますし、個体差があるのは当然のことです。

そのため、グレインフリーにこだわる・穀物アレルギーに敏感になることよりも、飼い主がしっかり、日々の体調(皮膚や目ヤニなど)をチェックをしてあげるようにしましょう。

⑨安全性を求めるならヒューマングレード

人間の食べ物と同等レベルという意味を持つヒューマングレード。

人間が食べるものと同じレベルで、衛生などの管理がされている証拠です。

犬や猫も、今や大事な家族の一員として見なされるようになってきましたが、ドッグフードに関しては、人間の食べ物でいう「食品衛生法」は対象外になっています。

「ペットフード安全法」はあるとはいえど、ドッグフード製造業者にドッグフードの衛生的・管理的義務付けがあるわけではないため、安価な食材や粗悪な食材が使用されてしまう可能性があるのです。

ですから、人間の食べ物と同じレベルでしっかり安全面を考慮して製造されたヒューマングレードのフードをチョイスしていれば、安全面という意味では安心して与えることができます。

しかし、実は「これがヒューマングレードですよ」という明確な定義は存在していません。

そのため、ヒューマングレードのドッグフードの選び方の目安としては、

・低温製法で作っている(新鮮でないと低温製法はできません)
・原材料の生産地や仕入れ先の情報が開示されている
・不必要な添加物(着色料や防腐剤)が含まれていない

などを注目するポイントにしてみてくださいね。

参考:ペットフード安全法

トイプードルのドッグフードおすすめ人気ランキング(ドライ)

ドライフード

ここまでは選び方のポイントをご紹介してきましたが、実際に販売されているドッグフードって、どんなものが人気なんでしょうか?

ひと言でドッグフードといっても、

・ドライフード(カリカリタイプ)
・ウエットフード(水分含有量75%程度)
・セミドライフード(水分量25~30%程度)

など形状も豊富です。

さらに、ダイエット向け、シニア犬向け、パピー向け、アレルギー対策用、小型犬向け、大型犬向けなど、種類も豊富な上に、品質もピンキリ…。

ここではドライフードに絞って、トイプードルにおすすめなドッグフードのランキングをご紹介します。

ドライフードのメリットは、

・保存しやすい
・腐食しにくい
・顎の力(噛む力)の強化
・虫歯のリスク軽減
・持ち運びやすい
・お湯などでふやかせる

などです。

それぞれの特徴や実際の評価についても解説していきますので、参考にしてみてくださいね。

このこのごはん

このこのごはん

このこのごはんはパピーからシニア犬まで、どんなライフステージでも与えることが可能で、「愛犬の毎日の食事で健康サポート」というコンセプトのもと、栄養管理に徹底して開発されたドッグフードです。

特にトイプードルに嬉しいポイントが、小型犬でも食べやすい小粒タイプであると言うことと、毛づや・目もとのきれいさを維持できるように考えられていること。

ヒューマングレードで人工の添加物は不使用な上に、善玉菌を増やす乳酸菌が配合されているため、胃腸のケアまで可能なのでいいことづくめなんですよ。

実際にこのこのごはんを与えている飼い主からも、「毛づやがよくなった」「好き嫌いが多かった我が子の食いつきがよくなった。」「涙やけが驚くほど改善された。」「お腹の調子が安定するようになり、便のニオイが改善された。」など、高評価を得ています。

このこのごはんの動画レビュー

「食が細くてどのドッグフードを与えたらいいのだろう…」と色んなドッグフードを試していた場合でも、愛犬が好んで食べてくれるほどの食いつきを見せてくれます。

フードを混ぜてあげている場合でも、このこのごはんを優先して食べてくれるほどですから、飼い主としてはこれを選んでよかったと思える瞬間ではないでしょうか?

凝固剤不使用の7,8ミリほどの小粒なフードで、すべて同じ形というわけではありません。

補足ですが、凝固剤を使用しておるドッグフードの場合、形を均一にできて見栄えはいいのですが、その分、愛犬の便まで固くしてしまう可能性がありますので、原材料に含まれていないかも確認しておきましょう。

このこのフードの形状は円形で平たいタイプなので、愛犬が咀嚼する際にも噛みやすい形状です。

ただ、パピーが食べるには少し硬いため、歯の状況や食いつきの様子を見て、お湯で少しふやかしてみるといいでしょう。

このこのごはん公式サイトをみてみる

関連記事:このこのごはん口コミ

ナチュロル

ナチュロル

ナチュロルは全犬種・全ライフステージの犬でも食べられるドッグフード。

高品質で新鮮な素材にこだわり抜いて、なんと2年の歳月をかけて開発されたドッグフードなんです。

もちろん、100%無添加で、人が食べても大丈夫なヒューマングレードのクオリティーですので、安心して与えられます。

ナチュロルの特徴は、ビタミンCが配合されていること・ひまわり油が使用されていること・紫のサツマイモが使用されていること。

ビタミンCは免疫力を高めるのに必要な栄養素です。

人間でも美肌にはビタミンCが必要と言われるように、犬にとっても健康な皮膚・毛づやの維持には欠かせません。

また、ひまわり油は先にご紹介したオメガ6を含むため、肌の健康維持に最適ですし、紫サツマイモに含まれるアントシアニンは、目の健康維持にもいい栄養素です。

ただしナチュロルは、一般的なドッグフードに比べると100gあたり400カロリーと少々高カロリーなため、食が細い子向きのドッグフードといえます。

もともと食いつきがよく、しっかり食べてくれる子には、与え過ぎないよう注意が必要です。

ナチュロルの動画レビュー紹介

フードの粒は小型犬が食べるには最適な小粒加減です。

小食な小型犬やパピーなど栄養をたくさん必要としている子にとっては、食べやすいサイズ感なのですが、少し硬いのでお湯でふやかしてあげるとなおよし。

主原料が国産の牛生肉や鶏生肉、魚生肉や馬生肉なので、人間すらも美味しそうに感じるほどのいい香りがします。

それだけ新鮮な肉や魚を使用していることもあり、普段は食が細い子でも、ナチュロルを目の前にしたら、我慢できずに思わず食いついてしまうほど。

関連記事:ナチュロル口コミ

アランズナチュラルドッグフード

アランズナチュラルドッグフード

ラム肉が主原料になっており、かつ、グレインフリー(アレルギーを起こしやすい穀物不使用)のためアレルギー対策としては最適な、アランズナチュラルドッグフード。

先ほど少し触れましたが、愛犬のアレルギーの原因になる食材は牛肉や乳製品などが上位に挙げられるのですが、アランズナチュラルドッグフードには、アレルゲン物質は含まれていません。

ラム肉は他の肉類に比べて低脂質なので、肥満予防にも最適です。

また、亜麻仁油を使用しており、オメガ3もしっかり配合されているため、皮膚や毛づやの維持にも効果的。

アランズナチュラルドッグフードは、犬が野生だった頃の食事を再現しているため、犬本来の食欲をそそる仕上がりになっているため、食いつきも抜群です。

アランズナチュラルドッグフードの動画レビュー紹介

とにかく、アランズナチュラルドッグフードは愛犬の食いつきがよく、嬉しそうに食べてくれる姿が見られるので、「飼い主冥利に尽きる」、このひと言がぴったり。

ラム肉やビール酵母、野菜・ハーブ類を多く含んでいるため、香りが気になるという飼い主もいるのですが、愛犬たちはそんなのお構いなしに、むしゃむしゃと夢中になって食べてくれる上に、 あっという間にペロッと完食してしまうほどなので、見ていて気持ちいいくらいです。

やはり、アランズナチュラルドッグフードは犬本来の食事に近づけたドッグフードですから、犬も思わずテンションが上がってしまうのでしょうか。

フードの粒は小粒でドーナツ型になっているので、小型犬でも噛み砕きやすいのも嬉しいポイントです。

ふやかしたい場合にも、ドーナツ型だと時間からそんなにかからないで済むので助かりますね。

アランズナチュラル公式サイトをみてみる

関連記事:アランズナチュラルドッグフード口コミ

うまか

UMAKA

うまかは博多の水炊き料理屋さんが「ヒューマングレードを越えるドッグフード」というコンセプトで、本気で犬のためを思って作ったドッグフードです。

本業の水炊きでも使用する、九州産の華味鶏を使用しています。

まさにヒューマングレードですね。

鶏肉を使ったドッグフードは数多くあるとはいえど、銘柄にまでこだわっているドッグフードは非常に珍しいため、少々お値段はかかってしまいます。

しかし、しっかり栄養バランスも考えられており、安心して与えられるのは最大のメリットです。

また高たんぱくで低脂質なのに、オリゴ糖やビフィズス菌も配合されているため、胃腸にも優しい上に、トイプードルには欠かせない関節サポート作用のある、グルコサミンやコンドロイチンまで配合されています。

「UMAKA(うまか)と水さえ取れば、大丈夫。」とメーカーも豪語する渾身のドッグフードなんですよ。

うまかの動画レビュー紹介

少食な子や好き嫌いがある子、あるいはドッグフードの味や香りに慣れると食べなくなってしまうような子にも大人気。

選り好みをしてあまり食べてくれない子・食に対してそんなに興味がない子でも、待てなくなってしまうほどで、驚くほどにむしゃくしゃ食べてくれます。

鶏肉の香りが人間の食欲さえもそそるほどで、メーカーもまずは人に食べてみて欲しいと言っているほどなんですよ。

あまりの食いつきっぷりと、美味しそうな香りに、飼い主も犬と一緒に食べれちゃいますね。

また、UMAKAはオイルコーティングをしていないフードですので、酸化防止剤なども使っていません。

酸化防止剤は、あまり体にいいものではなく、涙やけや発がんの可能性を高めてしまう危険があるため、できれば避けるようにすることをおすすめします。

うまか公式サイトをみてみる

関連記事:うまかドッグフード口コミ

モグワン

モグワン

良質なたんぱく質(鶏肉とオメガ3が豊富なサーモン)が原材料の56パーセントも使用されている上に、コンドロイチンも配合されている総合栄養食です。

食いつきのよさと、健康位にを徹底的に考えて2年の歳月をかけて完成されたモグワンも、無論、完全無添加、ヒューマングレードなので、愛犬にも安心して与えることができます。

クチコミや評判もよく、リピーターもたくさんいるモグワンのこだわりは、徹底された管理。

厳しい管理条件をクリアできている工場で製造し、かつ、流通してからもしっかり管理できるようドッグフードにシリアルナンバーがふられており、賞味期限や原材料などがチェックできるようになっています。

なにかあっても迅速に対応できる体制を取れているのは、素晴らしい企業努力といえますし、それだけしっかり愛犬の健康に向き合っている証拠でもあり、愛犬のみならず飼い主の安心も考えている証拠ですね。

モグワンの動画レビュー紹介

他のドッグフードだと食いつきが悪かった子でも、思わず飛びついてしまうほどの食いつきが見られるモグワン。

さらに、これまでフードを選んで食べなかった子でも、気持ちいいほどに見事に完食してしまうほどです。

人間にとっては香りが強く感じるかもしれませんが、犬の食欲をそそるチキンとサーモンをふんだんに使用しているため、香り成分としては申し分なし。

モグワンは食いつきにこだわって開発されているため、食が細い子やフードを選り好みしてしまう子にぴったりなんですね。

フードの形状はドーナツ型で、小型犬でも食べやすいサイズですのでトイプードルにおすすめのサイズといえます。

また、ヒューマングレードですので飼い主も食べることができるのですが、生姜や西洋タンポポがが配合されているため、人間にとっては少し苦味を感じるかもしれません。

モグワンの公式サイトをみてみる

関連記事:モグワン口コミ

トイプードルのドッグフードおすすめ人気ランキング(ウェット)

歯がまだ完全ではないパピーや、歯が弱ってきているシニア犬世代、成犬であっても体調が悪い時など、ウェットフードを与えたいタイミングも出てきます。

食が細い子の場合には、ドライフードばかりではなく、時に香りがたちやすいウェットフードに切り替えてあげることで食欲増進を促すことも期待できるのもウェットフードのメリットです。

また、元気な子でもフードローテーション(定期的にフードを変えたり混ぜたりしながら与えること)をすることで、栄養の偏りを防ぐこともできます。

いずれにしても、時にはウェットフードを与えるのもおすすめです。

ウェットフードも種類はドライフードほどはないにしても、選ぶのに困ってしまうほど、種類は豊富ですが、そんなにたくさんある中から、トイプードルにおすすめなものはどういったものがあるのでしょうか?

ウェットフードのメリットは

・フードの水分含有量がドライフードより圧倒的に多い
・食材の栄養素を最大限に活かすことができる

などが挙げられます。

ただし、水分量が多いため長期保存には向かないこと、柔らかいフードなので歯の健康維持に注意が必要、ドライフードより価格が高めであるということもありますので管理には気を付けてくださいね。

では、さっそく詳しくチェックしてみましょう。

ブッチ

ブッチ

本来、肉食系の雑食動物である犬。

とはいえ、自宅で毎日生肉を与えたり、手造りフードを与えたりするのは現実的に難しいで
しょうし、衛生的にも心配になってしまいますよね。

また、生肉を食べさせる場合、その他の必要な栄養素まで考えて与えてあげる必要もあるため、相当の栄養管理ができていなければなりません。

そんな悩みを解決してくれるのがブッチ。

肉を低温加工かつ短時間で調理し、素早くパックすることで、生肉とほぼ同等に仕上げているんです。

そのため水分含有量も多く、あまり水を飲みたがらない子にもおすすめですし、消化もスムーズにできるメリットがあります。

しかもそれでいて、無添加という優れもの。

さらに肉のみならず、魚や野菜もふんだんに配合されており、オメガ3・オメガ6もしっかり摂取可能です。

ブッチ公式サイトをみてみる

関連記事:ブッチドッグフード口コミ

ココグルメ

ココグルメ

「獣医師が監修した手作りごはん」というキャッチフレーズのもと、愛情たっぷりで作られているココグルメ。

ドライフードの場合、その形状からどうしても水分含有量が減ってしまったり、せっかくの新鮮な野菜や肉・魚の成分を加熱処理することによって半減させてしまうことがあります。

しかし、ココグルメは動物栄養学の専門家も監修に加わり、必要最低限の加工工程に抑えたことで、食材本来の水分量・栄養素を愛犬が取れるように製造されていることがポイントです。

水分量が多いフードは消化しやすいため、胃腸の負担をやわらげられます。

主原料がチキンなので、低脂質なのに必要なたんぱく質が豊富に摂取できるのも嬉しいですね。

もちろん、ココグルメもグルテンフリーで無添加、原材料に関しても国産のみの使用というこだわりっぷり。

「犬には人間が食べるものは贅沢だ」という人がいたり、「安いからいいやと安易に買ったドライフードの原材料が粗悪なものだった」なんて経験をしたりする人もいますが、ココグルメは人が食べるクオリティーのものにこだわり、良質な食事で愛犬の健康維持に務めているため、そんな姿勢に好感が持てますね。

ココグルメ公式サイトを見てみる

関連記事:ココグルメ口コミ

ペトコト

ペットフード販売をする傍ら、保護権や保護猫を里親探しサイト「OMUSUBI」を運営する企業でもあるPETOKOTO。

この時点で、動物への愛や思いが詰まっているのがわかりますよね。

ペトコトは、使用している原材料を逐一ホームページに公開しており、生産者の思いも確認することができるようになっているのですが、これは、安心と安全をとことんこだわっていることや、食材選びへの自信や誇りの現れといえるでしょう。

製造工程もスチーム加熱で食べやすい状態にしたら、一気に急速冷凍している製法のため、食材の鮮度や栄養価を損なう心配はありません。

原料にも亜麻仁油やフィッシュオイルが配合されているため、犬に必要な不飽和脂肪酸を摂ることができますし、人間が食べる肉を主原料にしているので、良質なたんぱく質もしっかりとることができます。

また、良質なたんぱく質は良質な筋肉を作る源です。
トイプードルがかかりやすい関節系のトラブルのリスクを軽減できる上に、皮膚・涙やけ対策もバッチリなフードですので、試す価値はありますね。

PETOKOTO公式サイトをみてみる

トイプードルのドッグフードおすすめ人気ランキング(市販)

これまでは通販サイトにて注文するタイプのドッグフードのご紹介でしたが、

・「通販サイトでの購入って抵抗ある…」
・「サイトの登録がめんどくさい」
・「しつこい勧誘はない?」
・「定期便とかで断るの面倒だし…」
・「すぐに買いに行けないから困る…」

と、心配する方もいます。

ちゃんと実物を自分の目で見て確かめたいという方もいて当然ですしね。

ここからは、一般的なペットショップやホームセンター、一般のECサイトなどでも購入ができる市販のドッグフードについてご紹介していきます。

「市販のものは粗悪品」という印象がある方もいるかもしれません。

一昔前の日本の犬への接し方やドッグフードの考えだと、確かにそういった印象を持ってしまうのも頷けますが、最近は市販フードだからといってあなどれません。

原材料や賞味期限、紹介したような必要な栄養素などを飼い主がしっかり確認して選んであげていれば、安心して与えることができるフードもたくさんありますからね。

しっかり学んで、ここでご紹介するものも参考にしてみてくださいね。

ロイヤルカナン プードル成犬用

犬や猫を飼っている方なら、ロイヤルカナンを一度は聞いたことがあるかもしれませんね。

特にロイヤルカナンから出ている犬種専用フード(ドライフード)は、その犬種特有の体質・運動量などを考えて作られたフードなので、必要以上でもなく必要以下でもなく、犬種に合った栄養バランスになっているのが特徴的です。

プードル成犬専用の場合でいえば、

・コンドロイチン配合
・オメガ3系不飽和脂肪酸配合
・プードルの口のサイズに合った粒のサイズ
・ルリチシャ油配合(毛を柔らかく保つ成分)

などがあります。

また、販売量は800g、1.5kg、3kg、7kgとバリエーションが豊富にあるため、フードを切り替えようか迷っている方には、「お試しでまず800gだけ買ってみようかな」なんてできるので、ありがたいですね。

関連記事:ロイヤルカナンの口コミ!ドッグフードの安全性を評価

プロマネージ トイプードル専用

プロマネージも、トイプードル専用のドッグフードを販売しています。

トイプードルの特性をしっかり理解して、配合を考えて製造されているフードなので、必要な栄養素はこれひとつで取れるようになっているのは、飼い主にとってもありがたいですね。

気になる原材料の詳細ですが、ひまわり油が配合されているため、不飽和脂肪酸がしっかり確保でき、健康な皮膚や毛並み・毛づやの維持が期待できます。

また、抗酸化作用のあるマリーゴールドも配合されているため、免疫力の維持もできることが嬉しいメリットです。

マリーゴールドにはルテインが含まれているのですが、ルテインは目の健康にも有効な成分ですので、涙やめ予防にも最適。

さらに、ブルーベリーパウダーも配合されているため、目の健康維持には最適なフードといえます。

AAFCOの基準をクリアしているため、栄養管理はこれひとつでも問題はありません。

アカナ アダルトスモールブリード

原材料の産地や生産者を開示しているほど、原材料に自信を持っているカナダブランドのアカナ。

グルテンフリーで無添加なので、安心して与えることができるフードといえます。

成分についても、ブルーベリーやマリーゴールドも配合されているため、目の健康には効果が期待できますし、フードの粒のサイズも小型犬が食べやすいサイズです。

また、犬は本来の肉食性であることから、主原料を良質な肉にするこだわりがあり、地元カナダの契約農場で放し飼いされている鶏の肉を使用しています。

たんぱく質においてはこの鶏肉のみならず、地元で水揚げされたカレイ(骨抜き)も配合しているのですが、カレイには低脂質でコラーゲンを多く含む特徴があり、これも愛犬にとっては嬉しいポイントです。

その他、整腸作用のある野菜やフルーツも豊富に配合されている反面、血糖値を上げてしまったり、脂肪量を増やしてしまうようなものは使用していないため、肥満予防にもなります。

トイプードルの涙やけはドッグフードで治るのか

涙やけ

最初にお伝えしたとおり、トイプードルは流涙症(涙やけを起こしてしまう疾患)になることが多いとされる犬種です。

涙やけにいいドッグフードに変えて、治る場合もありますが、変えて治らない場合もあります。

なぜなら流涙症の原因は

・特有の毛質から、目を刺激してしまう
・目に異物が混入してしまう
・鼻と目をつなぐ鼻涙管が詰まってふさがってしまう
・牛肉、豚肉、鶏肉、卵、乳製品などに対するアレルギー
・酸化防止、着色料、香料などを取り過ぎてしまう食事
・ストレス
・耳の異常、感染症

などだから。

まつ毛や被毛が目に入ってしまい眼球を刺激してしまったり、異物が入ってしまったりする場合、涙を出してそれを追い出そうとする作用があるのですが、これは人間でも同じですよね。

原因が異物やストレス、耳の感染症、鼻涙管の詰まりなどであれば、フードで改善することは期待できませんし、異物除去・ストレス軽減・治療などの適切なケアをしてあげることでしか改善はできません。

しかし、それ以外の流涙症の原因である食物アレルギーに関しては、フードで改善できる可能性はあります。

愛犬に涙やけが見られた場合には、与えているフードが原因のアレルギーのせいなのか、その他の原因なのか、しっかり見極めるようにしましょう。

トイプードルの毛並み維持にいいドッグフードの選び方

トイプードルの毛並みの維持にいいドッグフードに、共通していえることは3つ。

1.良質・新鮮なたんぱく質(肉や魚)が使用されていること
2.不飽和脂肪酸(オメガ3、オメガ6)が配合されいていること
3.皮膚炎などの原因になるアレルゲン物質が少ないこと

どちらも健康的な皮膚・毛質を維持するのに欠かせません。

この3つに関しては、ドッグフード選びのポイントとして覚えておきましょう。

油断しがちなのは、「主原料が肉だし(魚だし)これでいいだろう」「不飽和脂肪酸がとれる原料が入っているから大丈夫だろう」とチョイスした場合です。

実際はとても品質が悪く粗悪なものだったということもあります。

肉魚を主原料にはしているものの、犬が消化しにくいとされている小麦などを使用してかさ増ししている場合も…。

こういった場合、いくら食べても毛並みがごわつく、毛づやが悪いという悩みが改善されることはないので、注意しましょう。

良質なタンパク質

今さら人に聞けない…という方も多いのですが、良質なたんぱく質っていわれても、なにを基準にいっているのでしょうか?

良質なたんぱく質の定義・判断基準がわからなければ、そもそも意味不明ですよね。

定義としては「必須アミノ酸がバランスよく含まれている」もののことを指すのですが、今度は必須アミノ酸のバランス?って疑問が出てきませんか?

必須アミノ酸とは、体内で作り出せないアミノ酸のことをいいます。

その必須アミノ酸のバランスの基準を表す指標として「アミノ酸スコア」なるものです。

アミノ酸スコアとはFAO(国際連合食糧農業機関)やWHO(世界保健機関)が定義した、食品に含有される必須アミノ酸量の数値だと思ってください。

この数値が高いほど、良質なたんぱく質といえます。

参考:
e-ヘルスネット-良質なタンパク質
厚生労働省-アミノ酸スコア

オメガ3脂肪酸・オメガ6脂肪酸配合

毛並み・毛づや改善に有効とされるオメガ3脂肪酸やオメガ6脂肪酸がバランスよく配合されているものを選ぶようにしましょう。

フードのパッケージに詳細の表示がある場合が大半ですが、具体的に何%などの数値の記載がされていない場合には、原材料を確認してみてください。

オメガ3脂肪酸やオメガ6脂肪酸を含む材料については先ほども少しご紹介しましたが、具体的には、以下のようなものがあります。

・えごま油
・亜麻仁油
・青魚(サバやイワシなど)
・サーモン
・カレイ
・ごま油
・コーン油
・ひまわり油
・たまご
・海藻

原材料から判断するのもひとつですね。

オメガ3脂肪酸は、血流を改善する作用(動脈硬化の予防)や免疫力を高める効果、炎症を抑える効果があり、オメガ6脂肪酸は皮膚の乾燥を防ぐ作用や被毛を健康に保つ効果があります。

言うまでもなく、過剰摂取はよくないのですが、愛犬の被毛や毛づやの維持には欠かせない栄養素ですので、フード選ぶの際に気を付けてチェックしてみてくださいね。

アレルゲンが含まれていない

アレルゲン物質(アレルギーを引き起こす原因になる物質)が含まれていないフードを選びましょう。

アレルギー症状の出方には個体差もありますが、皮膚に炎症やかゆみが出てしまったり、脱毛してしまったり、ふけが出やすかったり、耳の炎症を起こしたり、下痢気味になってしまったりすることもあります。

そもそも、アレルギーは食べ物だけが原因ではなく、そもそもの体質や環境も関係しているのはご存知でしょうか?

アレルギーに対する許容量はそれぞれ個体差があり、さまざまな原因が積み重なっていくことによってその許容量を越え、アレルギーとして反応が出てしまいます。

一度、その許容量を越えアレルギーが出てしまうと、症状を軽減することはできても、完治させることは不可能なのです。

そのため、愛犬が口にするフードで防げるアレルゲン物質量に関しては、飼い主がしっかり管理してあげるようにしましょう。

犬にとってのアレルゲン食材は

・牛肉
・鶏のたまご
・乳製品
・小麦

などがありますので、原材料のチェックをしてみてくださいね。

トイプードルの子犬にはどんなご飯を与える?

トイプードル

子犬(パピー期)のうちは、成犬よりも栄養価の高いご飯を与えるようにしましょう。

子犬はこれから成犬になるに向けて、たくさんの栄養を必要としている時期ですからね。

また、子犬の場合、まだ体が未発達な発展途上中にあるため、消化器官や歯も丈夫になっていない時期ですから、消化しやすく噛みやすいご飯を与えるのがいいでしょう。

消化器官に負担がなく、かつ乳酸菌など消化のお手伝いをしてくれる成分が配合されているとなおよしです。

消化器官に負担がない食材というのはずばり、良質なたんぱく質。

新鮮で栄養価の高いたんぱく質は消化しやすく吸収もいいため、子犬の健やかな成長には欠かせないものですからね。

また、歯がまだ完全ではなく噛む力が弱いようであれば、ウェットフードを与えたり、ドライフードの場合でも少しふやかして与えるようにしてください。

トイプードルの餌の回数と給餌量

量

餌の与える回数や給餌量は、子犬・成犬・老犬などのライフステージによって違ってきますので、注意が必要です。

子犬期は、先ほどお伝えしたように、消化器官がまだ発達しきっていないため、一気に大量の餌を与えてしまうと、消化不良を起こしてしまう可能性があります。

そのため、子犬には1日に3回から4回に分けて与えるようにしましょう。

最初は4回に分けて与えて、様子を見ながら3回に…と調整していくのがおすすめ。

また、成犬に向けて発達していくピークは生後6ヶ月あたりからですので、その頃から成犬期(7歳前後まで)における餌の回数は1日に2回で十分です。

老犬(シニア期)になると、噛む力が弱くなってきたり、歯ももろくなってきたり、消化器官も加齢とともに衰えてくため、子犬期同様にまた1日に3回から4回に分けて与えるようにしてください。

給餌量は原則フードに記載のある量を目安にするのが良いのですが、その日に与えたおやつの量や運動量・その日の愛犬のコンディションなどを考慮してあげるといいですね。

トイプードルがご飯を食べない理由と対処法

トイプードル

飼い主として一番困るのは、ご飯を食べてくれなくなることではないでしょうか?

愛犬の健康維持に欠かせないのは、まずフードですからね。

そんな元気に生活するために不可欠なご飯を、愛犬が食べてくれなくなる理由はいくつかあります。

・急にフードを変えた
・具合が悪く体調がよくない、病気
・ストレスや運動不足
・特定の嫌いなものがある
・そもそも食が細い
・選り好みしてしまう(贅沢病を含む)
・老化
・フードそのものが食欲をそそらない

などさまざまですが、言うまでもなくいかなる理由であろうと、食べないまま見守っているわけにもいかず、飼い主が対処しなければなりません。

そこで試してみるべき対処法は、

・前のフードと新しいフードを半分ずつ混ぜて与えてみる
・具合が悪そうであれば病院に連れて行く
・ストレス因子を排除したり、しっかり運動をさせたりして食欲を促す
・嫌いなものを抜いてあげる(足りない栄養素はサプリなどで追加する)
・香り成分をプラス
・愛犬に適した(または愛犬が好む)フードを与える

などがあります。

余裕があれば、時には手作りフードを与えてみるのもひとつです。

愛犬の状況を毎日しっかりチェックしながら、工夫をしてみてくださいね。

トイプードルおすすめフードランキングに戻る

タイトルとURLをコピーしました