トイプードルの涙やけの原因は?拭き取りなど改善対策を紹介

sponsored link

トイプードルは涙やけを起こしやすい犬種

トイプードルの涙やけ

トイプードルは涙やけを起こしやすい犬種です。

「涙やけ」とは、涙が目からあふれてしまい、その涙が酸化したり細菌が繁殖したりすることで、目の周りの毛が茶色や赤茶色にくまのように変色してしまう症状のことを言います。

通常、人間の目も犬の目も、乾燥を防ぎ、老廃物を流すために涙で覆われていて、その涙は「鼻涙管」という管を通って鼻に流れて行く仕組みになっています。

しかし、トイプードルやチワワ・マルチーズといった小型犬は、鼻涙管が詰まりやすく、鼻涙管にトラブルが起きやすいため、涙やけが起こりやすいのです。

また、「短頭種」と呼ばれる、シーズーやフレンチブルドッグなどの鼻の短い犬種も涙やけが起こりやすく、また、ミニチュアダックスフンドや柴犬といったアレルギーを起こしやすい犬種もアレルギーからの涙やけが起こりやすいと言われています。

トイプードルの涙やけの原因

トイプードルの涙やけには先天性と後天性の原因があります。

トイプードルには、先天的に涙を鼻に流すための管である鼻涙管が狭いか変形していることが多かったり、涙点と呼ばれる涙を吸収するための目頭の穴が開いてなかったりする特徴を持つ犬が多くいます。

先天的にそのような症状を持つ犬は、涙やけを起こしやすいと言えます。

後天性の理由としては、体内に溜まった老廃物により鼻涙管が詰まりやすくなっていたり、目の周囲の長い毛や逆さまつ毛、ゴミなどが刺激となっていたりする場合があると考えられます。

また、人間同様アレルギーで涙が出やすくなっているといった理由も考えられます。

涙やけの原因が後天的なものの場合、生活環境や食生活を変えることによって改善が可能とも言えます。

ここでは、それぞれの涙やけの原因となるものについて、詳しく解説していきます。

①鼻涙管閉塞(排泄経路の異常)

トイプードルが涙やけになりやすい先天性の理由として考えられる「鼻涙管閉塞」とは、目の角膜や結膜を潤す涙を鼻に流す「鼻涙管」が塞がってしまっている状態のことを言います。

鼻涙管が塞がってしまっていて涙を排泄することができないため、涙が目からあふれだしてしまう排泄経路の異常が起きてしまっている状態です。

涙は唾と同じで常時出続けているものであるため、涙が適切に排泄されないと、涙やけを起こしてしまいます。

涙やけが気になる際は動物病院で診断を受け、その原因が鼻涙管閉塞からくるものである場合、適切な治療を行ってもらうようにしましょう。

犬の鼻の付け根あたりを指でマッサージすることで改善が見られることもありますが、治療が必要な場合、カテーテルで鼻涙管へ生理食塩水等を通すことで、鼻涙管の詰まりを治すといった治療がなされることもあります。

②眼瞼内反症(まつ毛の生え方の異常)

涙やけの理由の一つに「眼瞼(がんけん)内反症」というものもあり、これは、瞼が先天的に内側に巻き込まれてしまっているため、瞼のまつ毛が角膜に接触してしまい、涙が出やすくなっている症状のことを言います。

眼瞼内反症の犬は常にまつ毛が眼球に触れてしまっているため眼球への刺激が慢性的に続き、その結果、涙の量が多くなり涙やけが起きてしまいます。

眼瞼内反症の症状としては、涙が常時出ている、目をまぶしそうにする、めやにが増える、結膜の充血、まぶたのけいれん、などが見られます。

眼瞼内反症は先天的なものである場合がほとんどのため、明確な予防法はありません。

しかし、症状の重さにより治療が必要な場合は、瞼の内反を正常な状態に戻すための外科手術を行うという手段があります。

③毛やゴミなどの異物による刺激

涙やけの理由には、鼻涙管閉塞や眼瞼内反症のような先天的な病気や症状によるものと、後天的な理由で、シンプルに、毛やゴミなどの異物が眼球をチクチクと刺激しているからという理由も考えられます。

人間同様、犬もゴミやホコリなどの異物が目に入るとそれが刺激になり涙が出てしまいます。

また、毛の長い犬種の犬で、目のまわりの毛が伸びていると、それが目に入って刺激を起こしてしまっていることもあります。

トイプードルは毛がモコモコと伸びる犬種で目のまわりの毛も同様に伸びがちなので、定期的なカットが必要な犬種です。

いつの間にか毛が伸びてしまい、眼球に当たり刺激を起こしていることもあるので、涙やけを起こしやすい犬の場合は、目のまわりの毛にも配慮してあげることが大切です。

④アレルギー(ハウスダスト・ダニ・食べ物)による炎症反応

毛やゴミなどの異物による涙やけ同様、後天的な理由による涙やけとしては、ハウスダストやダニ、食べ物によるアレルギーからくる炎症反応の場合も考えられます。

犬も人間同様アレルギーを持つ犬がいて、特定の食べ物やハウスダスト・ダニといったアレルギー源に反応して目や皮膚にかゆみを起こすことがあります。

そのため、アレルギーからくる涙やけの場合、そのアレルギー源を取り除いてあげると涙やけに改善が見られます。

アレルギーの場合、目だけではなく身体も痒がっていたり、目や耳の内側などが赤くなっている、唇が腫れている、などの症状も同時に見られることがあります。

また、特定の場所や特定の時期、特定の食べ物を食べた後に涙やけが見られるといった際は、アレルギーを疑ってみるとよいでしょう。

⑤マイボーム腺の油分泌量の減少による涙の保持機能の低下

犬の瞼の病気として「マイボーム腺機能不全」という病気があり、それが涙やけの原因になっていることもあります。

「マイボーム腺」とは瞼にある皮脂腺のことで、このマイボーム腺から分泌される脂が、涙に油分を与え涙を蒸発しにくくさせたり、眼の表面に涙を保持して潤いを保ったりする役目を果たします。

しかし、マイボーム腺が機能不全や機能低下を起こしてしまうと、涙の油分が減り、眼の表面の涙の保持機能の低下が起きてしまいます。

そうすると、涙が流れ落ちやすい状態になるため、涙やけを起こしやすくなるのです。

トイプードルや、シーズーなどの短頭種は、このマイボーム腺の病気になりやすい犬種でもあるため、涙やけを起こしている場合は獣医に相談することも必要でしょう。

トイプードルの涙やけの改善対策!拭き取りなど

涙やけ

トイプードルは先天的にも、鼻涙管閉塞や眼瞼内反症、マイボーム腺機能不全といった先天的な病気になりやすく、後天的にも、アレルギーになりやすかったり目のまわりの毛が伸びやすかったりすることで、涙やけになりやすい犬種です。

先天的な病気や症状は防ぐことができませんが、後天的な問題に対しては、飼い主側の努力で環境を改善し、涙やけの症状を改善するための対策を取ってあげることが可能です。

目元が涙で塗れたままになっていると、周囲の毛が固くなったり、細菌が繁殖しやすくなって涙やけが悪化することがあります。

そういった涙やけの悪化を防ぐために、飼い主がこまめに涙を拭き取るなどのケアをしてあげることが大切です。ここでは、拭き取りケアの方法について解説します。

①目の周りを拭き取りして毛の酸化を防ぐ

涙やけは、あふれた涙が空気に触れ、酸化してしまうことで細菌が繁殖するなどして起こるため、酸化する前にこまめに拭き取ってあげることが大切です。

涙の拭き取りは、適切な手順を踏んだ方が改善に対して効果的なため、正しい手順を理解するようにしましょう。

涙を拭き取る際は、清潔なガーゼやウェットシートをマズルに押し当て、マズルから目頭に向かって軽く押し上げるように。

目ヤニを拭き取る際は、その逆に、眼頭からマズルへ向かってつまんで拭き取るようにします。

(マズルとは、犬の口のまわりから鼻の先にかけの部位のことを言います。)

その手順を踏むことでマッサージにもなり、老廃物の排出が促され、涙の排泄が改善されることがあります。

拭き取りの際に使うケア用品にはシートタイプのものと液状のローションタイプのものがあります。

長期的な安全性を考慮したい方は、ウェットシートなどは無香料のものを、ローションタイプのものは漂白剤が入っていないものを選ぶとよいでしょう。

涙やけで茶褐色に変色した毛を脱色するために、漂白剤が入っている場合もあるためです。

アイリッドラッシュなど拭き取りシート

犬の涙やけを拭き取るケア用品としては「アイリッドラッシュ」という商品が動物病院専用販売品として販売されています。

「アイリッドラッシュ」はジェル状の涙やけ拭き取りワイプで、涙による目の周りの汚れや分泌物を清潔に拭き取ると共に保湿することができるケア用品です。

このワイプを毎日使い拭き取り続けることで、目元のトラブルが改善される効果が期待できます。

価格は税込みで3256円ですが、使用したい方は獣医師への相談が必要です。

参考:ぬのかわ犬猫病院-涙やけ用ワイプのご紹介

ローションタイプ

犬の涙やけの拭き取りには、ジェル状のローションタイプの涙やけクリーナーも多数販売されています。

涙やけの原因となる雑菌を除去する成分や抗菌成分が含まれているものも多く、そのようなローションを継続して利用していると、雑菌の繁殖を抑え、涙やけの改善の効果を期待することができます。

また、飼い主の方が安心して使えるように、無添加や天然成分にこだわったローションも多く販売されているので、気になる方は無添加のものを選ぶとよいでしょう。

液体タイプ

涙やけの拭き取りには、ジェル状のローションタイプとはまた別に、マイナスイオン水やアルカリ電解水をベースに作られたものや重曹水をベースに作られたものなど、液状タイプのものも複数販売されています。

これらの液状タイプは主成分が安心素材でできており、かつ無添加なため、安心して使用することができます。

また、重曹(炭酸水素ナトリウム)水であれば、スーパーなどで重曹を購入し、それを精製水に混ぜることで、簡単に手作りすることも可能です。

②目元の毛をカットして毛が入るのを防ぐ

涙やけの悪化を防ぐには、こまめに涙を拭き取って清潔を保ってあげることが大切ですが、トイプードルのように、目のまわりの毛がのびてモコモコになりやすい犬種の犬に対しては、トリミングで眼のまわりの毛をカットしてあげることも大切です。

目のまわりの毛が伸びそれが目に入ると、逆さまつ毛同様それが目を刺激して涙が出やすい状態を作ってしまいます。

また、一度涙やけで赤茶けてしまった毛が、なかなかもとの色に戻らないことも多くあります。

そのため、愛犬の目ののまわりの毛をこまめにチェックし、毛が目に当たりそうな長さになっていたり、涙やけによる変色が元に戻らないような時は、トリミングサロンに連れて行き、お手入れしてもらうとよいでしょう。

③ハウスダストや花粉を避ける

人間もアレルギー花粉症を持つ人は、アレルギー源や花粉によって目が痒くなったりくしゃみや鼻水が出るのと同様、アレルギーを持つ犬は人間同様の症状を起こします。

アレルギーがある犬は、ハウスダストや花粉によって鼻炎や結膜炎といった症状を引き起こし、それによって涙が出やすくなり、涙やけを発生させてしまいます。

そのため、愛犬のアレルギー源が食べ物によるものではなく、ハウスダストや花粉のような空気中の浮遊物にある場合は、空気洗浄機などを使ってそれらを除去してあげるとよいでしょう。

人間に花粉症が増える春頃に涙やけを起こしていたり、ハウスダストが多い部屋で涙を多く出していたりする場合は、その環境を改善してあげることも大切です。

④アレルゲンのないドッグフードに替える

ハウスダストや花粉にアレルギーを持つ犬がいること同様、食物アレルギーを持つ犬がいます。

食物アレルギーで多いものは牛肉、鶏肉、卵、乳製品、穀物などですが、その他野菜や食品添加物が原因となっていたり、また複数のアレルギーを同時に持っているなど、多岐にわたります。

アレルゲンとなる食物を食べることにより起きる主な症状は下痢や嘔吐、人間同様皮膚に痒みが出るなどが代表的ですが、ほかにも眼が痒くなるなどして、涙やけの原因となります。

そのため、食物アレルギーが涙やけの原因とわかっている場合は、小麦不使用のグルテンフリーや、穀物不使用のグレインフリーのドッグフードに変えるなど、アレルギー源を除去したドッグフードに替えてあげるとよいでしょう。

参考:
トイプードルのおすすめドッグフード
涙やけにおすすめのドッグフード

⑤充分な水分摂取と運動で代謝促進して老廃物を排出

普段の水分接収量が足りていないと、新陳代謝の機能を引き下げ、涙やけの原因となるタンパク質など体内の老廃物を涙として外に排泄することができず、涙やけの悪化の原因につながることがあります。

冬場の寒い時期は気温が下がるため水を飲む量が減ってしまいがちです。

また、シニア年齢になると喉の渇きに鈍感になったり代謝が鈍くなることで、水を飲みたがらなくなり、水分摂取量が減ってしまうことがあります。

身体の老廃物を適切に排出するためにも水分摂取は必要なので、飲まないからと言ってそのままにせず、充分な水分量を摂取させることが大切です。

水をそのままでは飲みたがらない場合は、ドッグフードをふやかすなどして、食事に水分を含ませることで水分を摂取させるなどの工夫をしましょう。

⑥目元を温めてマイボーム腺の油を溶かす

涙やけの改善には、こまめな涙の拭き取りが大切ですが、その他にも、蒸しタオルなどを使って目元を温めながらマイボーム腺の働きを改善することも効果的です。

マイボーム腺とは瞼にある皮脂腺のことで、涙に油膜を作り、眼の表面に涙を保持して潤いを保つ役目を持つ器官です。

蒸しタオルで眼の周りを温めながら優しくマッサージすることで、マイボーム腺の働きが刺激され、涙やけの改善につながります。

蒸しタオルの準備の仕方としては、水で濡らしたタオルをラップで包み、電子レンジで30秒~60秒ほど温める方法が簡単です。

熱すぎないことを確認してから、愛犬の目元を優しく温めてマッサージしてあげましょう。

定期的にそのようなケアをしてあげることも大切です。

⑦鼻涙管閉塞や眼瞼内反症は手術が必要

犬の涙やけの先天性の理由としては、目の角膜や結膜を潤す涙を鼻に流す「鼻涙管」が塞がってしまっている「鼻涙管閉塞」や、瞼が先天的に内側に巻き込まれてしまっているため、瞼のまつ毛が角膜に接触してしまい、涙が出やすくなる「眼瞼(がんけん)内反症」があります。

このどちらも、トイプードルはなりやすい病気のため、トイプードルは涙やけを起こしやすい犬種ということになります。

この2つは先天性の疾患なため、自然に治癒することはありません。

涙の拭き取りやマイボーム腺を温めながらのマッサージといった改善法で涙やけの症状が改善しない場合は、鼻涙管閉塞や眼瞼内反症の手術を行うことも一つの手段となります。

手術が必要な状態かどうかは、獣医師に診てもらうとよいでしょう。

トイプードルの涙やけは放置しておいても大丈夫?

トイプードルは涙やけになりやすい犬種であるため、涙やけが見られたからと言って過剰に心配し過ぎる必要はありません。

犬の涙やけは、そこから大きな健康被害を起こすといった病気ではありませんが、結膜炎といった目の病気や皮膚炎を発症したり、目の周りに細菌が繁殖し、毛の色が変色して臭いがするといった症状を起こすことはあります。

ハウスダストや食物アレルギーなど、後天的な理由から涙やけを起こしている場合は、そのアレルギー源を取り除くことで涙の量を抑え、涙やけを改善することも可能です。

また、こまめな拭き取りにより、涙やけによる毛の変色を防ぐことも可能です。

過度な心配は必要ありませんが、対策により改善できる面も多いので、原因に合わせてできる範囲の改善対策を飼い主がしてあげることが大切です。

トイプードルの涙やけ対策まとめ

トイプードルは、鼻涙管閉塞や眼瞼内反症、マイボーム腺機能不全といった先天性の疾患を発症しやすい犬種であるため、涙やけを起こしやすい犬です。

しかし、日常の飼い主のケアによって、涙やけの悪化を防いだり症状を改善したりすることもできるため、飼い主によるこまめのケアが何より大切です。

涙やけの改善には、出てくる涙をこまめに拭き取ってあげることが有効ですが、それには拭き取りシートや拭き取り時に使うローションなど様々な製品が販売されています。

それらを使って効果的にケアしてあげるとよいでしょう。

また、ハウスダストやアレルギーなど、後天的な原因によって出てきている涙の場合は、それらのアレルギー源を除去してあげることで涙やけの改善が可能です。

愛犬の涙やけの状態をしっかり観察し、適切なケアをしてあげるようにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました