【トイプードルの体重】標準体重と体重推移、肥満のダイエット方法

sponsored link

トイプードルの標準体重(適正体重)

トイプードル

小型犬でモフモフの毛並みが可愛らしいトイプードルですが、健康に育つための標準体重はどれくらいでしょうか?

トイプードルの成犬の標準的な体重(適正体重)は3~4kgで、体高は約26~28cmと言われています。

トイプードルの中にも種類があり、かつ体型の違いも3種類あるため、すべての犬がこの数字にあてはまるわけではありません。

そのため、この数字はあくまで目安になりますが、一般的な適正体重として理解しておくことは大切です。

また、トイプードルは性別によって体重に差が出る犬種ではないため、オス・メスに関わらず、標準体重は3~4kgと考えてよいでしょう。

長く健康を保つためにも、飼い主が適正体重を保ってあげることが大切です。

トイプードルの体重の測り方

愛犬のトイプードルの体重を家庭で測りたい場合は、人間用の体重計に直接乗せて測ることができます。

体重計に乗ってもすぐに動いてしまう場合もあるので、体重計の上でお座りをさせ、一定時間座ることができていればおやつのご褒美をあげるなどして、しつけをするとよいでしょう。

それも難しい場合は、飼い主が抱っこして飼い主も一緒に体重計に乗って測るという方法でも大丈夫です。

その際は、出た数値から飼い主の体重を差し引くという方法で、犬の体重を出すとよいでしょう。

体重計は、普段飼い主が使用している体重計で大丈夫ですが、ペットショップには犬用の体重計も市販されています。

また、さらに正確に測りたい場合は、動物病院に連れて行くって測ってもらうことも可能です。

トイプードルの月齢別体重推移

トイプードル

トイプードルの子犬は、いつまで成長すると考えておくとよいでしょうか?

トイプードルは、一般的に生後6、7ヶ月頃まで急激に体重が増加し、生後7ヶ月以降には体重の大幅な増加が見られなくなり、体重が安定します。

そして、10ヶ月以降に成犬期を迎えると言われています。

ここでは、成犬時に3kgの体重になる場合の犬の、月齢別体重推移の目安は以下の通りです。

月齢 体重
2ヶ月 1.3kg
3ヶ月 1.5kg
4ヶ月 1.8kg
5ヶ月 2.1kg
6ヶ月 2.4kg
7ヶ月 2.7kg
8ヶ月 2.8kg
9ヶ月 2.9kg
10ヶ月 3.0kg
11ヶ月 3.0kg

急激に体重が増加する時期は、一ヶ月に0.2kg、0.3kgを目安に増加すると考えるとよいでしょう。

トイプードルは体重より体型でチェック

トイプードルには体型ごとに種類があり、胴の長さと脚の長さによって「ハイオン」「スクエア」「ドワーフ」の3種類に分かれます。

「ハイオン」は、体高が体長より高い(胴の長さに対して脚が長い)、スラッとしたスリムな体型。

「スクエア」は、体高と体長が同じなため真横から見ると正方形で、スタンダードプードルの体型。

「ドワーフ」は、体高より体長が長く(胴長短足)、マズル(犬の口のまわりから鼻の先にかけての部位)が短めな体型。

このように3つの体型に分かれそれぞれ個体差もあることから、トイプードルの肥満度をチェックする際は、標準体重を基準に考えるよりも、それぞれの種類による理想的な体型をキープすることの方が大切になります。

BCS(ボディコンディションスコア)で体型チェックする方法

BCS(ボディコンディションスコア)

犬の体型をチェックする目安として、BCS(ボディ・コンディション・スコア)という方法があります。

これは、獣医師が犬の身体の見た目や触診で体型をチェックして5段階評価するもので、評価は、「痩せ」「やや痩せ」「標準」「やや肥満」「肥満」の5段階に分けられます。

チェックをする際は、腰のくびれ具合やウエストを見た目でチェックしたり、あばら骨や腰椎がどれくらい浮き出ているかを触診で確認したりします。

この評価で「やや肥満」や「肥満」に当てはまった場合は、運後量を増やし、摂取カロリー量を調整することを検討するようにしましょう。

痩せすぎの目安

BCS(ボディ・コンディション・スコア)の評価で考えた際の「痩せすぎ」の目安は、あばら骨や腰椎、骨盤といった身体の骨格が外からも容易に見える状態であると言えます。

痩せすぎの犬の場合、脂肪がなく骨が浮き出ている状態のため、手で触った際にすぐに骨を触覚で感じます。

また、腰がくびれており、脂肪がないため腹部も釣り上がっていて、上から見ると砂時計のような形をしている状態です。

このような体型の犬はBCSにより「痩せ型」と評されます。

理想体重の目安

理想的な体重の場合、BCS(ボディ・コンディション・スコア)では「標準」と評されます。

標準体型の犬の場合、過剰な脂肪の沈着がなく、あばら骨に軽く触れることができ、上から見ると、あばら骨の後ろに適度な腰のくびれを見ることができます。

また、腹部に脂肪はつかず引き締まっているため、横から見ても腹部の釣り上がりを見ることができます。

このような体型である場合、痩せ型でも肥満でもなく理想的な体型であると言うことができるでしょう。

太りすぎの目安

BCS(ボディ・コンディション・スコア)の評価で考えた際の「肥満、太りすぎ」の目安は、分厚い脂肪に覆われているため、痩せすぎの犬のようにはあばら骨のような身体の骨格を触ることができない状態であると言えます。

また、腰椎や尾根部にも脂肪がついているため、腰のくびれがありません。

痩せすぎの犬が、脂肪がないため腹部も釣り上がっているのに対して、太りすぎの犬は、腹部が垂れ下がってしまっています。

このような状態になっている犬は、BCSにより「肥満」と評されることになります。

トイプードルの体重管理

人間が健康に長生きするためには、肥満でもなく痩せすぎでもなく、健康的な食生活を行い健康的な体重をキープすることが必要なように、トイプードルも、健康に長生きさせるためには、飼い主が適切に体重管理をしてあげることが大切になります。

適切な栄養素を摂取することができず痩せ型体型になってしまうと、体力や免疫力を下げ、感染症や病気・アレルギーを招きやすくなります。

また逆に、食べ過ぎや運動不足により肥満になってしまうと、人間同様メタボになったり数々の病気を招く要因となります。

「肥満は万病のもと」というのは犬にとっても同じです。

ここでは、トイプードルのそれぞれのライフステージにおける適切な体重管理の方法について解説します。

トイプードルの子犬の体重管理

子犬期は、身体の各器官や骨組みが発達し、その後の犬の身体作りの基礎となる成長期です。

生後6、7ヶ月頃までは急激に体重が増加し身体が発達する時期なため、成犬時に比べ高タンパク・高カロリーな子犬用のフードを与えることが必要です。

しかし、犬にも個体差があるので、同様に餌を与えていてもBCSによって「やや肥満」や「肥満」と評価される場合もあるかもしれません。

しかし、そのような評価が出たとしても、子犬期に食事量を減らす食事制限はできるだけ控えた方がよいでしょう。

成長期にあたるこの時期に食事制限を行い、摂取する栄養素に偏りが出てしまうと、骨が弱くなったり発達に悪影響を及ぼしてしまうことがあるためです。

そのため、食事制限ではなく、散歩の時間や回数を増やすなど、運動量を多く保ってあげるようにしましょう。

トイプードルの成犬の体重管理

トイプードルは生後7、8ヶ月頃には体重の急激な増加がおさまり、10ヶ月頃には成犬期を迎えます。

成長期を過ぎた成犬期に、子犬期同様の高カロリーなフードを与えていると、肥満を招くことがあるため、成犬期には成犬用のフードに切り替え、定期的に体重をチェックしてあげることが大切です。

トイプードルの成犬の適正体重は3~4kgで、この数字はあくまで目安にはなりますが、見た目にも肥満気味に近づいているようであれば、獣医師にBCS評価をしてもらうなどし、適正体重を保つ努力をすることが大切です。

トイプードルは非常に活発で運動が好きな犬種なため、肥満防止とストレス軽減のためにも、毎日一定量の運動量を保つ生活をさせてあげるようにしましょう。

トイプードルの老犬の体重管理

トイプードルは、7歳を過ぎるとシニアステージに入り老犬ということになります。

シニアステージにさしかかってもまだまだ元気な犬もいるため、すぐに食生活を老犬用に切り替えるという必要はありません。

しかし、シニアステージに入ってからは、愛犬の様子や身体の状態をよく観察してあげることが大切です。

運動量が目に見えて減り、食欲が落ちるような状態が毎日見られるようになると、ハイシニア期に近づいていると考えられるので、食事量や回数調整することが必要になります。

ハイシニア犬になると、運動量の減少と共に筋肉量や基礎代謝量も減少するため、今まで同様のカロリー摂取を続けていると、肥満や病気を招く可能性があります。

できる範囲での運動は継続させつつ、適切な食事量に調整してあげるようにしましょう。

肥満のトイプードルのダイエット方法

ダイエット

室内犬のトイプードルのため、飼い主の生活スタイルによっては、運動不足になって肥満気味になることもあります。

肥満になったトイプードルに対しては、低脂肪・低カロリーのフードに切り替えるなどの食生活の見直しが必要になります。

しかし、人間同様、極端な食事制限は身体に負担を与えることになるためNGです。

食事制限でダイエットを行うのではなく、散歩の回数や時間を増やすなど、運動量を増やすことで減量を目指すことが大切です。

食事の摂取カロリーを落とし、運動で消費カロリーを増やすことが基本と考えるとよいでしょう。

トイプードルは非常に運動好きで学習能力が高い犬種なため、ドッグランを取り入れることも有効です。

また、トイプードルはパテラ(膝蓋骨脱臼)という病気になりやすい犬種で、肥満は膝に負担をかけこの病気をさらに悪化させることにもなるため、やはり肥満を防ぐことは大切です。

トイプードルが肥満になる理由

トイプードルが肥満になる原因としては、消費カロリーに対して運動量の方が少なく、いわゆる「食べ過ぎ」の状態であることが主な原因であると考えられます。

活発で運動好きなトイプードルですが、室内飼いのために飼い主によっては運動不足になりがちです。

トイプードルの成犬時の散歩の時間は1回40分~60分が理想的と言われています。

肥満気味の犬に対しては、現在の散歩時間よりかなり多めに散歩をさせることを意識するようにしましょう。

また、避妊や去勢をした犬は、基礎代謝量が70~80%程度に落ちてしまうため、手術前と同様の食生活をしていると肥満を招く原因にもなります。

飼い主がそのことを理解した上で、肥満を防げるよう、おやつを減らしたり運動量を増やしたりして体重を管理してあげることが大切です。

肥満犬の病気リスク

適切な体重管理をできず肥満犬になると、その肥満が様々な病気を招く要因となってしまいます。

肥満犬になると、足腰や関節に負担がかかり関節炎や椎間板ヘルニアになりやすくなります。

また、呼吸器や心臓病などの循環器疾患や、糖尿病、高血圧、高脂症、尿路結石といった肥満をもとにした生活習慣病にも罹患しやすくなります。

一方、クッシング症候群や甲状腺機能低下症といった病気がもとで肥満を誘発することもあります。

人間でも「肥満は万病のもと」と言うように、肥満は免疫力の低下を起こし、加齢と共に様々な健康トラブルを起こすリスクを高めます。

肥満になってから減量をさせるのは、飼い主にとっても犬にとっても大変なことであるため、肥満にさせないように普段から体重管理をしてあげることが大切です。

痩せすぎのトイプードルの対処法

肥満になるトイプードルもいる一方で、もともと小型犬で食が細いために、痩せ気味や痩せすぎになるトイプードルもいます。

肥満が様々な病気を招くように、痩せすぎも、免疫力の低下で感染症やアレルギー疾患を招いたり、歯周病になりやすくなったりするなどの問題が起こりやすくなります。

食が細く、一度にたくさん食べられない犬に対しては、少量の食事を複数回に分けて与えたり、栄養素の高いおやつを取り入れるなどの工夫をするようにしましょう。

また、様々なフードを試し、食いつきのいいドッグフードや高タンパク・高カロリーなドッグフードに切り替えることも有効です。

小食であるからとそのままにせず、健康を維持するためには、一日に必要な栄養素をしっかり摂取させてあげることが大切です。

関連記事:
トイプードル向けおすすめドッグフード
ダイエットにおすすめのドッグフード

タイトルとURLをコピーしました