MBTI

INFPは日本に合わない理由!社会不適合なの?

本記事には広告が含まれています

INFPは日本に合わない?

INFP(仲介者)という人格タイプは、他者とのつながりや社会的な期待とのバランスが難しいとされています。

特に日本の社会では、コミュニケーションスキルや集団での行動が求められるため、INFPの方々が社会不適合と感じることもあるかもしれません。

この記事では、なぜINFPが日本に合わないと感じるのかに焦点を当て、その背景や現状を明らかにします。

また、社会的な適応や個人の成長に向けたアプローチについても探究し、INFPの方々の日本での生き方について考えていきます。

INFPは日本に合わないと言われる理由!社会不適合なの?

悩む女性

集団主義だから周りに合わせないといけない

INFPの方々は、独自の価値観や創造性を大切にする傾向があります。しかし、日本の社会は集団主義が根付いており、個人よりも集団の調和や均衡を重視します。

このため、INFPの方々は自分を抑えてまで周りに合わせることが求められることが多く、その状況がストレスとなることも。自由奔放な性格が、日本の社会構造と合わない側面が浮き彫りになるのです。

形式やルールに縛られる

日本の企業文化や学校教育など、多くの場面で形式やルールが重んじられます。INFPの方々は柔軟性や創造性を重視する傾向があり、そのような環境においてルールに縛られることがストレスを引き起こすことも。

自由な発想や行動が制約されることで、自己表現やユニークなアイデアを生かしづらい状況が生まれることがあります。

長時間労働でワークライフバランスが崩れがち

日本では長時間労働が一般的であり、仕事に対する献身や効率が重要視されます。一方、INFPの方々は内省的であり、自己成長や人間関係を大切にする傾向があります。

この違いから、仕事がプライミングしがちになり、ワークライフバランスが崩れることがあるのです。

自己の時間や趣味、リフレッシュする環境が確保されにくくなることが、INFPにとって負担となる側面です。

内向的な性格が理解されにくい

INFPタイプの人は、内向的で感受性が強く、自分の感情に敏感な傾向があります。しかし、日本の社会では外向性が重視されがちで、自己主張よりも集団や組織のために行動する姿勢が求められることが多いです。

そのため、INFPの方々が自分の考えや感情をうまく表現できず、理解され辛い状況に陥ることがあります。

このギャップが、INFPが社会不適合と感じる一因となっています。

創造性を生かせない

INFPの人は、豊かな想像力と独創性を持っていることが特徴です。しかし、日本の教育や職場では、合理性や結果重視の風土が強く、自由な発想や創造性を活かす機会が限られている場合があります。

その結果、INFPの方々が本来持っている才能を発揮できず、自己実現の機会を奪われてしまうこともあるかもしれません。

この点が、INFPが日本に合わないと感じる原因の一つと言えるでしょう。

INFPに合う環境とは

デスク

クリエイティブな自由がある

INFPの方々にとって、クリエイティブな活動や独自のアイデアを形にできる環境は重要です。

日本での多くの会社は、ヒエラルキーが厳格で決まり切った業務が主流ですが、クリエイティブな仕事を楽しむINFPには馴染みづらい状況かもしれません。

クリエイティブなアプローチや自由な発想が尊重される職場環境が、INFPにとってはより適した環境と言えるでしょう。

個人の価値観が尊重される

INFPは、自分の持つ価値観や信念を大切にします。しかし、日本社会では集団主義が重んじられ、個人の意見や考えが押し殺されがちです。

この違いが、INFPが日本社会で違和感を感じる一因となるかもしれません。INFPにとって理解と尊重がある環境は、自己実現や満足感を得る上で重要です。

柔軟なワークスタイル

INFPは、自らのペースやスタイルで業務に取り組むことが多い傾向があります。しかし、日本の一般的な労働環境は、長時間労働やルーティンワークが求められることが少なくありません。

INFPにとっては、柔軟なワークスタイルやワークライフバランスが整った職場環境が、ストレスを軽減しやすいでしょう。

競争が少ない

INFP(仲介者)の方々は、競争が激しい環境よりも協力的で創造的な空間に適しています。日本の一部の職場や学校では、競争原理が強調されることがありますが、INFPにとってそれはストレスや不安を引き起こす要因となるかもしれません。

したがって、INFPが自然体で活躍できる環境とは、競争よりも協力を重んじる文化が根付いている場所かもしれません。

社会的な意義がある仕事

INFPは、自分の仕事が社会に意味のあるものであることを重視する傾向があります。ただ単にお金を稼ぐだけでなく、自分の活動が他者や社会に良い影響をもたらすことに対してやりがいを感じることが多いです。

そのため、INFPにとっては、日本社会においても自分の価値観や信念に基づいた仕事を見つけることが重要かもしれません。

INFPに合う国

人の種類・個性

ニュージーランド

INFP(仲介者)の方々は、他者とのつながりや創造性を大切にする特性があります。

ニュージーランドは、自然豊かな環境とゆったりとしたライフスタイルが魅力的な国です。

個々の考えや感情を尊重する風土や自由な雰囲気があり、INFPの方々が自己表現や成長を大切にしながら暮らすには最適な環境かもしれません。

カナダ

カナダは、多様性を認める社会で知られており、自己実現や異なる意見を受け入れる文化が根付いています。

INFPの方々が他者との共存や自己啓発を追求するには理想的な環境です。

また、カナダは自然豊かな国土も持ち合わせており、心身ともにリフレッシュできる場所も多く、INFPにとって居心地の良い環境と言えるでしょう。

スウェーデン

スウェーデンは、社会的な公正さや個人の自己決定権を尊重する文化が根付いています。

INFPの方々が自己表現や自己実現を追求するには良好な環境が整っています。また、教育や医療制度が整備され、安全な社会であるため、ストレスなく日々を過ごすことができるでしょう。

スウェーデンは、INFPの方々にとって居心地の良い場所と言えるかもしれません。

INFPに合う職業

仕事する女性

ライター・作家

INFPの皆さんにとって、自分の内面に向き合い、独自の視点を表現できる環境は非常に重要です。

ライターまたは作家としてのキャリアは、創造性を発揮し、自己表現を追求するのに最適な職業の1つと言えるでしょう。

文章や物語を通じて、他者と繋がり、共感を生む力を発揮できます。自分の世界を形作るための場として、文筆業はINFPにとって充実したキャリアの選択肢です。

カウンセラー

人々と深いつながりを築き、サポートを提供することが得意なINFPにとって、カウンセリングの道も魅力的かもしれません。

他者の心に寄り添い、共感し、理解することができるINFPは、カウンセラーとして、クライアントの心の支えとなることができます。

自分自身の経験や感性を活かし、人々の成長や癒しに貢献することができる専門職として、カウンセラーはINFPにぴったりの選択と言えるでしょう。

教師

教育の現場では、個々の生徒と向き合い、その成長をサポートする力が求められます。INFPは繊細な気配りや思いやりを持ち、生徒一人ひとりと向き合うことが得意です。

教師としての役割は、学生たちに知識だけでなく、人間性や社会性を教えることにも繋がる重要な役割を果たします。INFPはその豊かな内面や人間愛を活かし、教育の現場で輝くことができるでしょう。

ソーシャルワーカー

ソーシャルワーカーは、人々の支援やケアを行う重要な役割を果たします。INFPは自然な共感力や理解力を持っており、人々とのつながりを大切にする傾向があります。

そのため、人々の困難に寄り添い、支援することで、充実感を得られる可能性が高いです。

セラピスト

INFPは熱心で思いやり深い性格を持っているため、セラピストとして活躍することが向いています。自己探求や他者との関わりを通じて、人々の心の支えとなることができます。

心の健康を促進し、人々の成長を支援する重要な役割を果たすことができるでしょう。

図書館員

図書館員は、静かな環境で情報提供や図書館の運営を行います。INFPは独創性や知識への探求心を持っており、静かな環境で自身の興味に没頭することが得意です。

図書館員として働くことで、自分のペースで業務をこなし、心地よい環境で働くことができるでしょう。

「相手がツインレイなのかどうかはっきりさせたい」
「自分はツインレイだと思っているけど自信がない」

そう思っているあなたへ。

ツインレイかどうかを素人が一人で判断するのは実はとても難しいこと。

一人で延々悩むぐらいなら、専門家によるツインレイ鑑定を受けてみませんか?

当サイトでは何千人もの占い師を調査し、ツインレイ鑑定の実績と能力を兼ね備えた、自信をもっておすすめできる本物のツインレイ鑑定士を紹介しています。ぜひ一度目を通してみてください。

ツインレイ鑑定士の本物はこの人!初回無料で当たる占い師3名

 

-MBTI