MBTI

MBTI生きづらさランキング!社会不適合はどのタイプ?

本記事には広告が含まれています

MBTI生きづらさランキング

MBTI(Myers-Briggs Type Indicator)による個性分類は、私たちが自己理解を深める上で重要な手段となっています。しかし、一方で、それぞれのタイプによって生じる生きづらさも存在します。

本記事では、MBTIに基づいて、さまざまな個性タイプの人々が社会で生きづらさを感じる理由をランキング形式でご紹介します。また、生きやすい人間関係や職場環境についても考察し、より充実した人生を送るためのヒントをお伝えします。

あなたのタイプがどのような生きづらさを抱えているのか、そしてどのように克服していくのかを探求していきましょう。

MBTIの生きづらさには種類がある

人の種類・個性

社交的・対人関係の生きづらさ

タイプ: ISTJ, ISFJ, INFJ, INTJ
特徴: これらの内向的なタイプは、大勢の中や社交的な場面でのストレスを感じやすいです。特に、表面的な交流や義務的な社交に疲れを感じることがあります。

感情的・内面的な生きづらさ

タイプ: INFP, ISFP, ENFP, ESFP
特徴: 感情面を重視するこれらのタイプは、自分の感情や価値観と矛盾する環境にいるとストレスを感じやすいです。また、自己表現の抑圧や理解されない感覚に苦しむことがあります。

知的・理論的な生きづらさ

タイプ: INTP, ENTP, ISTP, ESTP
特徴: これらの探究的なタイプは、創造性や自由な思考が制限される環境にいるとストレスを感じます。また、非論理的な決定や効率の悪いシステムに対してフラストレーションを感じることがあります。

組織的・構造的な生きづらさ

タイプ: ESTJ, ENTJ, ESFJ, ENFJ
特徴: これらの外向的で構造を重視するタイプは、計画性のない環境や不確実性が高い状況にストレスを感じます。また、自分の能力やリーダーシップが十分に活かせない状況に不満を感じることがあります。

MBTI生きづらさランキング!社会不適合はどのタイプ?

1位:INFP(仲介者)

INFPが生きづらい理由

INFPの人々は、他人とのコミュニケーションや人間関係において、いくつかの課題を抱えています。

彼らは感情豊かで情熱的な性格の持ち主であり、自分の価値観と他人の価値観との乖離に苦しむことがあります。また、批判的な意見や複雑な状況に直面すると、ストレスを感じやすくなる傾向もあります。

これらの要因が組み合わさることで、彼らは社会での自己表現や自己アピールに苦労することがあります。

INFPがラクに生きられる人間関係

INFPの人々がより快適に生活するためには、理解と尊重のある人間関係が必要不可欠です。彼らは自分自身と他人の間に共感や調和を求める傾向がありますので、共感的なパートナーや友人との関係が彼らにとって大切です。

また、批判的な意見よりも肯定的な意見やサポートを受けることで、彼らの自己肯定感が高まります。

INFPがラクに生きられる職種

INFPの人々は創造性や想像力に優れているため、芸術や文化、教育などの分野で活躍することが多いです。彼らは自己表現や自己実現ができる仕事に向いています。

例えば、作家、芸術家、カウンセラーなどが彼らにとって充実した職種となります。

これらの職種では、彼らの感受性や創造性が活かされ、自分の才能を発揮することができます。

2位:INTP(論理学者)

INTPが生きづらい理由

INTPの人々は、論理的思考力に優れ、独創的なアイデアを生み出すことが得意です。しかし、社会の中で生きる上でいくつかの生きづらさに直面することがあります。

まず、彼らは社交的な環境での人間関係に苦労することがあります。INTPは内向的で、自分の思考に没頭することが多いため、他人とのコミュニケーションや表現に対して苦手意識を持つことがあります。

また、彼らは論理性に重きを置くため、感情的な面に疎いと言われることもあります。これが理解されず、孤立感を感じることもあるでしょう。

INTPがラクに生きられる人間関係

INTPが生きやすい人間関係は、理解を示してくれる友人やパートナーが重要です。彼らは自分の思考を深めるための時間や空間を必要としていますが、理解のある人々に囲まれていると、自己肯定感を高めることができます。

また、彼らと話し合いをする際には、論理的で客観的なアプローチを好むことを忘れずに。感情的な表現よりも、論理的な議論や理性的な解決策に重点を置くことが大切です。

INTPがラクに生きられる職種

INTPは、自らの論理的思考力や創造性を活かせる職種に就くと充実感を得やすいです。例えば、科学者、エンジニア、プログラマー、論理学者などが彼らにとって適した仕事です。

また、独立した仕事やフリーランスの活動もINTPには向いています。自分自身のアイデアを追求し、自己のペースで進めることができるため、より満足感を得やすいでしょう。

3位:INFJ(提唱者)

INFJが生きづらい理由

INFJの人々は、他の人と異なる視点や価値観を持ち、非常に感受性が強いです。そのため、周囲から理解されにくく、孤独を感じることもあります。また、常に他人の幸せや社会のために行動する傾向があり、自分自身を犠牲にすることも多く、ストレスを溜めやすいです。

さらに、自分の感情やニーズを言葉にすることが苦手であり、コミュニケーションの壁を感じることもあります。

INFJがラクに生きられる人間関係

INFJは、理解のある人間関係が重要です。まず、自分を受け入れてくれる信頼できる友人やパートナーを見つけることが大切です。また、深い話ができる人や、クリエイティブな活動に共感できる仲間を求めることも有効です。

さらに、自己表現が苦手なINFJは、心を通わせるためのコミュニケーションスタイルを探求し、相手との信頼関係を築くことが重要です。

INFJがラクに生きられる職種

INFJは、人々の成長や幸せを支援する役割に適しています。教育やカウンセリング、コーチング、社会事業などの分野での活動に向いていることが多いです。また、インテリジェンスや直感力を活かせる研究者や作家、芸術家などの職種も適しています。

INFJは深い洞察力を持ち、他人のニーズを理解する能力に長けているので、自身の個性を生かせる職場環境を選ぶことがポイントです。

4位:INTJ(建築家)

INTJが生きづらい理由

INTJは、自立心が強く、独自の思考能力を持つタイプですが、社会で生きづらさを感じることもあります。まず一つ目の理由は、人間関係においての不適応感です。

INTJは、合理的思考を好み、感情に流されることが少ないため、他人の感情に敏感ではありません。

これが他の人々とのコミュニケーションに影響を与え、人間関係の摩擦を生むことがあります。

INTJがラクに生きられる人間関係

INTJが生きやすい人間関係は、理解し合えるパートナーシップです。INTJは、自分の意見を尊重し、理解してくれる人々との関係を大切にします。また、同じようなタイプの人々との交流も有益です。共通の理解や目標を持つ人々との関係は、INTJにとって心地よく、生きやすい環境です。

INTJがラクに生きられる職種

INTJが生きやすい職種は、彼らの分析力や戦略的な思考を活かせる仕事です。例えば、エンジニア、戦略コンサルタント、研究者などが適しています。

これらの職種では、INTJの能力を最大限に発揮することができ、自分の思考力を活かしながら成果を上げることができます。

5位:ISFP(冒険家)

ISFPが生きづらい理由

ISFPは感受性が豊かで芸術的な才能に恵まれた個性ですが、社会で生きづらさを感じることもあります。まず、ISFPは自分の感情や思考を外に表現するのが苦手で、内向的な傾向が強いため、他人とのコミュニケーションにおいて不安を感じることがあります。

また、ルールや規則に縛られることに抵抗を感じるため、堅い組織や必要な手続きが多い環境で生きづらさを感じることがあります。

ISFPがラクに生きられる人間関係

ISFPは心の内にいくつもの感情を秘めており、理解のある人との関係が重要です。ひとりで自由に表現できる空間を提供してくれる友人やパートナーとの関係は、ISFPにとって大きな支えとなります。

また、人間関係におけるコミュニケーションにおいても、相手の感情や意図を丁寧に理解し、自分の思いを言葉にしやすい環境がISFPには合っています。

ISFPがラクに生きられる職種

ISFPは芸術的な才能を持っているため、自分の創造性を発揮できる職種が合っています。例えば、美術家や音楽家、デザイナーなどの分野で自己表現をすることができるでしょう。

また、大勢の人々と接することが少なく、自分のペースで作業ができる仕事環境もISFPには適しています。たとえば、自営業やフリーランスの仕事などが考えられます。

6位:ENFP(広報運動家)

ENFPが生きづらい理由

ENFPタイプの人々は、社交的で創造的な性格を持っていますが、その一方で、生きづらさを感じることもあります。彼らは非常に直感的で、理想主義者である傾向があります。そのため、現実の制約や他人の意見に合わせることが苦手です。

また、矛盾や不正義に敏感で、社会的な問題に対して強い関心を持っています。これらの特徴が、ENFPが社会で生きづらさを感じる理由となっています。

ENFPがラクに生きられる人間関係

ENFPタイプの人々がラクに生きるためには、理解のある人間関係が重要です。

彼らは自分自身を表現し、自分の考えや感情を受け入れてくれる人々との関係を築くことで、より充実した生活を送ることができます。また、ポジティブなエネルギーを持つ仲間やパートナーとの関係も彼らにとって重要です。

ENFPは共感的で熱意に満ちているため、相手のニーズや感情に寄り添うことができる人々との関係を築くことが大切です。

ENFPがラクに生きられる職種

ENFPタイプの人々は、創造性やコミュニケーション能力を活かすことができる職種でラクに生きることができます。

広報やイベントプランナー、社会事業家など、人々と関わりながら自分の理想を追求できる職業が適しています。また、教育やカウンセリングの分野でも、彼らの洞察力と共感力を活かすことができます。

ENFPは自分のアイデアやビジョンを実現する機会を持つ職場環境で仕事をすることで、より充実感を得ることができるでしょう。

7位:ENTP(討論者)

ENTPが生きづらくない理由

ENTPの方々は、創造力に富み、アイデアを豊富に持っています。

彼らは、新しいチャレンジや意見の交換を通じて刺激を得ることが多いため、生きづらさを感じることは比較的少ないです。また、彼らは視野が広く、柔軟な思考を持っているため、変化の多い環境でも適応しやすいです。

これらの特徴が彼らにとっての強みとなり、生きやすさに繋がっています。

ENTPがラクに生きられる人間関係

ENTPの方々は、自由な雰囲気で自分自身を表現できる人間関係が生きやすいです。仲間内で討論をする機会や、アイデアを共有する場を提供してくれる友人やパートナーが彼らにとって理想的です。

また、思考や興味の幅が広いため、他の人の意見を尊重し、柔軟に受け入れる姿勢を持つことも大切です。

ENTPがラクに生きられる職種

ENTPの方々は、クリエイティブな仕事や、イノベーションを求められる職種で充実感を感じることが多いです。例えば、起業家やコンサルタント、マーケティング担当者などです。

彼らのアイデアと才能を活かすことができる環境で働くことで、生きづらさを軽減することができるでしょう。

8位:ISFJ(擁護者)

ISFJが生きづらくない理由

ISFJの個性は、誠実で寛大な性格であり、他人を大切にする傾向があります。そのため、人々からの信頼と感謝を得やすく、社会で生きづらさを感じることは少ないでしょう。

ISFJは自分の仕事を責任感を持って遂行することが得意ですし、他人のニーズに敏感に反応し、支えになります。これらの特徴があるため、ISFJは生きやすさを感じることができるのです。

ISFJがラクに生きられる人間関係

ISFJは、温かく思いやりのある人間関係を築くことが重要です。他人の感情やニーズに敏感に気づき、支えや助言を提供することが得意なので、友人や家族の間柄では特に頼りにされる存在となるでしょう。

また、同じような価値観や興味を持つ人々との関わりもISFJにとっては大切です。信頼できるチームメンバーや親しい友人との絆を築くことで、ISFJはさらにラクに生きられるでしょう。

ISFJがラクに生きられる職種

ISFJは、人々をサポートする役割や貢献することができる職種でラクに生きることができます。医療や介護、教育、カウンセリングなどの分野はISFJにとって適した職場環境です。

自分の知識や経験を活かし、他人の役に立つことに喜びを感じることができるでしょう。また、ISFJの優れた計画性や忍耐力を活かすことができる事務職や管理職もおすすめです。

9位:ENFJ(主人公)

ENFJが生きづらくない理由

ENFJの人々は仲間との協力や人々の幸福を追求することで充実感を得る傾向があります。そのため、コミュニケーションやリーダーシップのスキルを活かせる環境では、生きづらさを感じることが少ないでしょう。

また、人間関係の構築に長けているため、他者とのつながりを築くことが得意です。これにより、サポート体制が整っており、生きやすい環境であると言えます。

ENFJがラクに生きられる人間関係

ENFJの人々は、他者との連帯感を大切にし、協力関係を築くことで生きがいを感じます。そのため、理解あるパートナーや仲間との関係が彼らにとって心地よい環境を提供します。

また、ENFJは人々の悩みや問題解決に積極的に関わったり、サポートをしたりすることで、自己実現感を得ることができます。したがって、心理的な安定や成長を促進する人々との関係がENFJにとって重要です。

ENFJがラクに生きられる職種

ENFJの人々は他者と協力しながら、人々の問題解決や発展に貢献することでやりがいを感じます。そのため、社会福祉や教育、カウンセリングなど、人々と関わる職種がENFJにとって適しています。

また、リーダーシップのスキルを活かせるマネージャーやプロジェクトリーダーといった役職もENFJにとって良い選択肢です。ENFJの人々が自身の特性を活かせる職種を選ぶことで、より充実した人生を送ることができます。

10位:ISTP(巨匠)

ISTPが生きづらくない理由

ISTPの人々は、理論的かつ実践的な思考力を持ち、問題解決能力が非常に高いです。これにより、さまざまな困難や課題に柔軟に対処できるので、生きづらさを感じることが少ないと言えます。

自分の強みを活かすことで、自信を持って日常の様々な場面に臨むことができるでしょう。

ISTPがラクに生きられる人間関係

ISTPの人々は、主に内向的であり、自立心が強い傾向があります。それゆえ、人間関係においては、プライバシーを尊重し、個々の空間や時間を確保することが重要です。

また、他者との関わりを楽しむためには、相手の個性やニーズに敏感になることも大切です。バランスの取れた関係を築くことで、ISTPの方々はより充実した人間関係を築くことができます。

ISTPがラクに生きられる職種

ISTPの人々は、手先が器用であり、実践的なスキルを持っています。そのため、技術や工学系の職種、メカニックやエンジニア、デザイナーなどの仕事に向いていると言えます。

また、自立心が強いため、個人での作業やプロジェクトにも適性があります。自分の能力を最大限に発揮できる職場環境を求めることが、ISTPの方々にとって重要となります。

11位:ENTJ(指揮官)

ENTJが生きづらくない理由

ENTJは、リーダーシップ能力に長けたタイプです。彼らは自信溢れる性格で知られており、困難な状況でも冷静さを保つことができます。そのため、社会での成功には向いていると言えるでしょう。

ENTJは目標に向かって突き進むことが好きで、自らの能力を最大限に発揮することに情熱を注いでいます。このような特徴から、彼らにとって生きづらさを感じることは少ないのかもしれません。

ENTJがラクに生きられる人間関係

ENTJは、協力的で能力のある人々との関係を好みます。彼らは能力を認められることで刺激を受け、成果を上げることに喜びを感じます。そのため、ENTJはプロフェッショナルな環境や仕事仲間との協力関係で充実感を得ることができます。

また、ENTJは自分の意見をはっきりと述べることがありますが、建設的なディスカッションを好む傾向があります。このような人間関係の中でコミュニケーションを図ることで、ENTJはよりラクに生きることができるでしょう。

ENTJがラクに生きられる職種

ENTJのリーダーシップ能力や的確な意思決定力は、マネージャーや経営者などの役職に向いています。

また、彼らは効率的なプロジェクトの推進や組織改革を行うことにも適しています。ENTJは、自身の能力を発揮し、目標を達成するための環境があれば、ストレスを感じずにラクに生活することができます。

そのため、経営コンサルタントやエンジニアなど、実力が発揮できる職種を選ぶと良いでしょう。

12位:ISTJ(管理者)

ISTJが生きづらくない理由

ISTJは、自己管理能力が高く、責任感が強いため、多くの場面で生きづらさを感じることがありません。彼らは計画的で堅実な性格であり、ルールやルーティンに従うことが得意です。

そのため、予測可能な環境やルールの明確な組織においては、安心して生活することができます。

ISTJがラクに生きられる人間関係

ISTJは、信頼性と一貫性を大切にするため、信頼のおけるパートナーや友人との関係が彼らにとって重要です。彼らは約束を守ることを重んじ、誠実さを求めます。

したがって、誠実で信頼性のある人々との関係を築くことが、彼らがラクに生きるためのポイントです。

ISTJがラクに生きられる職種

ISTJは、組織のルールや手順に従うことが得意なため、管理職や実務職に向いています。彼らは正確性や効率性を重視し、結果を出すことに喜びを感じます。また、彼らの堅実性と責任感は、他の人々に安心感を与えることができます。

そのため、チームの中で安定感をもたらし、組織の中で重要な役割を果たすことができます。

13位:ESFJ(領事)

ESFJが生きづらくない理由

ESFJの人々は、社交的で協調性があり、他人の感情に敏感な傾向があります。これにより、人間関係を円滑に築くことが得意で、周囲からの信頼も厚いです。したがって、ESFJは生きやすいタイプと言えるでしょう。

また、彼らはチームプレーヤーとして素晴らしい才能を持っています。他人のニーズを理解し、思いやりのある行動をとることができるため、職場での協力関係を築くのに適しています。

ESFJがラクに生きられる人間関係

ESFJの人々は、温かくフレンドリーな性格であり、他人の気持ちを理解し尊重することが得意です。そのため、彼らの周りには良い人間関係が築かれやすい傾向があります。

さらに、他人に喜びや満足感をもたらすのが得意なので、友人や家族との関係においても、常にサポートと応援を惜しまないでしょう。

ESFJがラクに生きられる職種

ESFJの人々は、人々と協力し、チームで働くことが得意な傾向があります。そのため、カスタマーサービスやカウンセリング、教育など、他人との関わりが求められる職種に向いています。

また、彼らは他の人の感情やニーズを敏感に察知することができるので、医療従事者やソーシャルワーカーとしても活躍することができるでしょう。

14位:ESTJ(幹部)

ESTJが生きづらくない理由

ESTJはリーダーシップや組織力に優れたタイプです。彼らは能力を最大限に活かすことができるため、生きづらさを感じにくい傾向があります。彼らは決断力があり、目標を達成するために努力します。

また、組織のマニュアルやルールに従うことで、安定感を得ることができます。

ESTJがラクに生きられる人間関係

ESTJは仕事やプロジェクトでチームをまとめるリーダーとして活躍することが多いです。彼らは仲間や部下とのコミュニケーションを重視し、効率的なタスク遂行に力を入れます。

また、明確な役割分担や責任の明確化によって、円滑な人間関係を築くことができます。

ESTJがラクに生きられる職種

ESTJにとって最適な職種は、経営者や管理職、プロジェクトマネージャーなどの指導的立場です。彼らのリーダーシップ能力と組織力を活かすことができる職種であれば、より充実した仕事ができるでしょう。

15位:ESFP(エンターテイナー)

ESFPが生きづらくない理由

ESFPは社交性が高く、人との関わりやコミュニケーションが得意なため、人間関係の構築や持続が比較的スムーズに行えます。彼らは楽しむことを重視するため、自分自身を楽しませる方法や心の癒しを見つけることが得意です。

また、柔軟な性格を持っているため、変化や新しい挑戦にも積極的に取り組むことができるでしょう。

ESFPがラクに生きられる人間関係

ESFPは人との関わりを楽しむことができるため、明るく社交的な人が周りにいると、さらに彼ら自身も楽しく過ごすことができます。そのため、明るく活気のある人間関係を築くことが重要です。

また、他人の感情や気持ちに敏感であるため、相手の気持ちを理解し、思いやりのあるコミュニケーションを心がけることも大切です。

ESFPがラクに生きられる職種

ESFPはエンターテイメントやパフォーマンスに関わる仕事が向いています。具体的な職種としては、俳優や歌手、イベントプランナー、トレーナー、ツアーガイドなどが挙げられます。

自分の個性を生かして周りを楽しませることができる職場環境であれば、より充実した仕事ができるでしょう。

16位:ESTP(起業家)

ESTPが生きづらくない理由

ESTPタイプの人々は、社会で生きづらさを感じることが比較的少ないです。彼らはエネルギッシュで社交的な性格を持ち、人との関わりを楽しむことができます。

さらに、新しい環境や変化を好む傾向があり、柔軟性があります。これによって、ESTPは様々な社会的なシナリオで自然体で振る舞うことができます。

ESTPがラクに生きられる人間関係

ESTPは人との交流を楽しみ、エネルギーを注ぎ込むことができます。そのため、人間関係を築くのが得意です。彼らは友人や仲間との活動を通じて生きがいを感じることが多く、そこからパワーを得ます。

また、ESTPは奮闘する人々を励ますことができるので、他の人たちから頼られることもあります。

ESTPがラクに生きられる職種

職業選択においても、ESTPは比較的ラクに生きられる環境があります。彼らは冒険心があり、競争力のある環境での活動を好みます。そのため、起業家や営業職などの仕事が彼らに向いています。

ESTPは臨機応変に物事に取り組むことができるため、変化が激しい状況でも柔軟に対応できます。

MBTIで生きづらいタイプは適合できる環境を早く見つけよう

社会で生きづらさを感じる理由は、MBTIのタイプによって異なります。これは個々の個性に対する理解を深めることで、より克服しやすくなるでしょう。

上位にランキングされたタイプは、決して社会不適合ではありません。

大事なのは、合わない環境でもがき苦しむのではなく、合う環境を早く見つけることです。

適合できる環境に置かれれば、ストレスを感じることは少なく、持てる能力をしっかりと発揮してのびのびと生きられるようになるでしょう。

ツインレイ鑑定が得意な占い師

水晶玉

「この人は本当のツインレイなんだろうか」

と、一瞬でも疑いを持ってしまったことはありませんか?
(疑ったことがない人はここから先を読む必要はありません!)

偽ツインレイの疑いを抱いたまま、迷いながら付き合いを続けていくのは嫌ですよね。

何年も付き合った結果、実はツインレイではなかった、なんてことになったら・・・

いくら後悔してももう遅いです。大切な20代、30代の時間はもう戻ってきません。

それなら、今のうちにはっきりさせておきませんか。

ツインレイ鑑定に強い占い師の力を借りて、迷いを断ち切りましょう。

秋月(アキヅキ)先生

電話占いULana-秋月先生

魂の資質」を視ることを得意とする秋月先生は、ツインレイ鑑定に不可欠な前世からの魂の縁を見通すことができます。

物言いは柔らかい方ではなくはっきり系

ふんわり優しく慰めてほしい人には向かないかもしれませんが、「もう宙ぶらりんはイヤ!白黒ズバッと教えてほしい!」という人にはこの上なく心強い相談相手となるでしょう。

名前 秋月(アキヅキ)先生
得意な相談内容 不倫 対人関係 結婚 離婚 年の差 略奪愛 遠距離 三角関係 転職 就職 事業 仕事 前世 故人
所属 ULana
鑑定料金 1分:250円
鑑定暦 10年以上
占いスタイル 霊感・霊視 チャネリング 西洋占星術 オラクルカード 心理カウンセリング
口コミ件数 613件

電話占いULana-秋月先生の紹介ページ

朔矢(サクヤ)先生

電話占いピュアリ-朔矢(サクヤ)先生

チャネリングによる未来視を得意とし、「未来は変えられる」と断言する朔矢先生。

ポジティブな気持ちにしてくれる語り口で、ツインレイとの未来を占ってもらいましょう。

名前 朔矢(サクヤ)先生
得意な相談内容 恋愛成就・出会い・片思い・相手の気持ち・相性・縁結び・結婚・男心・女心・複雑な恋愛・三角関係・略奪愛・浮気・不倫・W不倫・復活愛・復縁・離婚・SNS恋愛・遠距離恋愛・音信不通・ソウルメイト・ツインソウル・ツインレイ・ツインフレーム・人間関係など
所属 電話占いピュアリ
鑑定料金 1分:340円(10分無料)
鑑定暦 10年以上
占いスタイル 守護分身・結界・霊感・霊視・霊聴・浄化・未来視・未来透視・未来予知・遠隔透視・思念伝達・想念伝達・波動修正・ヒーリング・遠隔ヒーリング・ペットへのヒーリング・ハイヤーセルフ・霊感タロット・エンジェルオラクルカード・オラクルカード・リーディング・ハートリーリーディング・スピリチュアルリーディング・ペンデュラムダウジング・エネルギー調整・ソウルメイト・ツインソウル・ツインレイ・ツインフレームなど
口コミ件数 379件

電話占いピュアリで「サクヤ」で検索

-MBTI